放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法

《日语综合教程》第七册 第二課 読み物 「美しさの発見」について

目录

上外 《日语综合教程》 翻译注解。点击生词后的数字可以跳转到解释,再次点击返回(BackSpace键也可)。

読み物

「美しさの発見」について

    高階秀爾

    コロンブス(ころんぶす)[1] は、アメリカ(あめりか)大陸(たいりく)発見(はっけん)した。

    キュリ(きゅり)[2] 夫人(ふじん)[3] は、ラジウム(らじうむ)[4] 発見(はっけん)した。

    発見(はっけん)」という言葉(ことば)は、普通(ふつう)このような場合(ばあい)(もち)いられる。(わたし)小学生(しょうがくせい)のころ、『(、「)発明発見物語(はつめいはっけんものがたり)()という(ほん)子供(こども)たちの(あいだ)人気(にんき)があって、もちろんコロンブス(ころんぶす)キュリ(きゅり)夫人(ふじん)なども登場(とうじょう)してきたが、その(なか)に、「発明(はつめい)」というのは(いま)までになかったものを(あたら)しく(つく)()すことで、「発見(はっけん)」とは、(むかし)からちゃんと存在(そんざい)はしていたけれど、(だれ)()づかなかったものを()つけ()すことだ、というような説明(せつめい)があったと記憶(きおく)している。つまり、飛行機(ひこうき)はライト兄弟(きょうだい)[5] が「発明(はつめい)」するまで、どこにも存在(そんざい)していなかったが、アメリカ(あめりか)大陸(たいりく)は、(むかし)からちゃんと存在(そんざい)していた。ただ、コロンブス(ころんぶす)がそれを「発見(はっけん)」するまでは、西欧人(せいおうじん)にその存在(そんざい)()られていなかったに()ぎないというわけである。だが、それでは「(うつく)しさの発見(はっけん)」というのも、やはり(おな)じことだろうか。山路(やまじ)[6] きて[7] (なに)やら[8] ゆかし[9] すみれ[10] (ぐさ)という芭蕉(ばしょう)[11] 一句(いっく)[12] には、(たし)かにそれまで(だれ)()がつかなかったような新鮮(しんせん)(うつく)しさの「発見(はっけん)」がある。セザンヌ(せざんぬ)[13] は、サント(さんと).ヴィクトワ(ヴぃくとわ)()[14] (やま)()()した作品(さくひん)で、それまで(だれ)表現(ひょうげん)しなかったような(あたら)しい()表現(ひょうげん)した。我々(われわれ)は、山道(やまみち)[15] (ある)きながら道端(みちばた)[16] ふと[17] 一輪(いちりん)[18] (あわ)紫色(むらさきいろ)(はな)()つけ()したとき、十七文字(じゅうななもじ)(なか)凝縮(ぎょうしゅく)[19] された芭蕉(ばしょう)世界(せかい)微妙(びみょう)戦慄(せんりつ)[20] (おも)()さないわけにはいかないし、セザンヌ(せざんぬ)()()った(あと)には、それ以前(いぜん)(おな)じような()サント(さんと).ヴィクトワ(ヴぃくとわ)()(やま)(なが)めるわけにはいかない。コロンブス(ころんぶす)やキュリー夫人(ふじん)の「発見(はっけん)」が我々(われわれ)知識(ちしき)世界(せかい)(ひろ)げてくれたのと(おな)じように、芭蕉(ばしょう)セザンヌ(せざんぬ)の「発見(はっけん)」も、我々(われわれ)感受性(かんじゅせい)[21] 世界(せかい)(おお)きく(ひろ)げてくれたに(ちが)いないのである。


 [1]コロンブス②【ころんぶす】

【名】【人名】Columbus

布。(大航海時代の探検家の名。

△コロンブスは新しく発見した大陸に上陸し、ここを占領してサン·サルバドル島と名づける。/哥布登上新大将其占,并将其命名萨尔瓦多。

 [2]キュリー①【きゅりー】

【名】【英】curie

〈理〉居里。(放射能の旧単位。1キュリーは、1秒間当たりの放射性核種の崩壊数が 3.7×1010 すなわち370億個あるときをいい、ラジウム1グラムの放射能にほぼ相当し、3.7×1010ベクレルに等しい。)

△マイクロ·キュリー。/微居里。

△ミリ·キュリー。/毫居里。

△キュリーの法則。/居里定律。

 [3]夫人◎【ふじん】

【名】

1对别人妻子的尊称。(他人の妻の敬称。)

A教授夫人。/A教授夫人。

△夫人同伴で出席する。/与夫人一起出席。

2)后中位居皇后之下的女性。(中国で、古代、天子の妃または諸侯の妻の称。日本では、大臣の娘などで後宮に入った三位以上の者。

3人的正妻。(貴人の妻。

 [4]ラジウム②【ラジウム】

【名】

〈化〉。(アルカリ土類金属の一。放射性元素の代表的なもの。

△ラジウム療法。/元素法。

 [5]兄弟①【きょうだい】

【名】

1)兄弟。(同じ親から生まれた者。)

△あれはわたしの兄弟です。/他是我的兄弟。

△兄弟が5人いる。/有弟兄五人。

△兄弟の中でいちばん年下だ。/兄弟中最小。

△兄弟のよしみ。/手足情;兄弟之

△腹ちがいの兄弟。/异母兄弟。

△異父兄弟。/异父兄弟。

2)姐夫,妹夫,弟妹,嫂子。(結婚などの結果、同じ人を親とする関係になった者。)

3)盟兄弟。(入門や組入りなどで、兄弟同様の関係にある人。)

△兄弟のように親しい。如手足;如兄弟。

△おい、兄弟。/喂,老兄!

4)哥。(男同士が親しんで呼ぶ称。

 [6]山路【さんろ】

山路,山道.

 [7]来手②【きて】

【名】

来的人,来者。(来る人。来てくれる人。)

△彼には嫁の来手がない。/没人肯嫁他。

 [8]やら①【やら】

【助】

1)表示不确定的疑。(物事について不確かな気持ちを抱いていることを表す。)

△だれやら笑っているぞ。/有人在笑呢。

△なにやら白い物が浮いている。/漂浮着一个白的西。

△山田とやらいう人が訪ねてきた。/有个叫什么山田的来找你。

△来るのやら来ないのやらはっきりしない。/来是不来,不清楚。

△いつのことやらさっぱりわからない。/到底是什么候一点也弄不清。

2)表示并存。(二つ以上の物事を並べて挙げ、どれと決めがたいことをいう語。)

△お花やらお茶やらを習う。/学花道啦,茶道啦。

△熊やらりすやらいろんな動物が出てきた。/出来了熊啦,松鼠啦各种物。

△嬉しいやら悲しいやらで複雑な気持ち。/悲喜交集心情复

△泣くやら騒ぐやら、大変なことになった。/又哭又,可不得了啦。

3)表示不确定的推量。(推量。

△どうしたらよいのやら。/怎么才好呢。

△これから先どうなることやら。/今后将会怎么呢。

 [9]床しい③【ゆかしい】

【形】

1)品格高尚,温文雅。(気品·情趣などがあり、どことなく心がひかれるようである。)

△床しい人柄。/高的品格。

2)令人怀念,令人思慕。(なつかしく感じられる。昔がしのばれるようすである。

3)津津人,吸引人。(好奇心がそそられる。見たい、聞きたい、知りたい、欲しいなどの気持ちを表す。

 [10]すみれ◎【すみれ】

【名】

〈植〉菜,紫花地丁,紫罗兰(スミレ科の植物の総称。山野や道端に自生。花は五弁花で唇弁に距があり,紫·白·黄など。ツボスミレ·キスミレなど。相撲取花。)

△菫色。/紫罗兰色,深紫色。

 [11]芭蕉◎【ばしょう】

【名】【日本地名】

1)芭蕉。(バショウ科の多年草。高さ約5メートルの葉鞘の密に重なった偽茎が直立し、先に葉をつける。

2)俳句人“松尾芭蕉”。(江戸前期の俳人。伊賀の人。名は宗房。芭蕉は俳号。

 [12]一句①【いっく】

【名】

1)一句。(話·文章などの一節。また、一言。)

△一句一句はっきり読む。/一句一句地清清楚楚地念。

2)俳句一首。(連歌·俳諧で、一つの発句または付句。俳句一つ。) 

△春の季題で一句つくる。/以春天的季作一首俳句。

3)和歌、汉诗的一句。(漢詩で五言·七言のひときり。また、和歌で五文字·七文字のひときり。

 [13]セザンヌ(画家?フランス)

 塞尚

 [14]克多山

克多山是法国的一座山。它最高有1,011米。法国画家保·塞尚的小屋可以望整座山,因此他曾此山画几十幅油画作品。

 [15]山道②【やまみち】

【名】

山路,山道。(山の中の道。)

△山道をたどる。/步履艰难地走山路。

 [16]道端◎【みちばた】

【名】

道旁,路。道路的旁(道のほとり。路傍。)

△道端で遊ぶ。/在路玩。

 [17]不図◎①【ふと】

【副】

偶然,一下,突然,忽然。(思いがけなく、突然起こるさま。不意に。たやすく。簡単に。動作の素早いさま。)

△ふと思い出す。/偶然想起。

△不図した。/一点点,偶然.

△不図ふりかえる。/一回

 [18]一輪【いちりん】

【名】

1)一。( 開いた一つの花。)

△梅一輪。/一梅花。

2)一个车轮。(一つの車輪。)

△一輪 タイヤ。/一个胎。

3)一。(満月。)

△一輪の明月/一明月.

 [19]凝縮◎【ぎょうしゅく】

1)凝,凝聚。分散的物凝固收儿。(ばらばらのものが一つに固まって縮まること。

1)凝,凝聚。分散的物凝固收儿。(ばらばらのものが一つに固まって縮まること。)

△皆の気持ちを一つの言葉に凝縮させる。/大家的心情凝聚成一句

2)冷凝。降低和蒸汽的温度或加以压缩,蒸汽的一部分就会成液体的象。(物飽和蒸気の温度を下げたり圧縮したりすると、蒸気の一部が液体に変わる現象。凝結。)

△水蒸気が凝縮する。/水蒸气凝

△凝縮水。/冷凝水。

 [20]戦慄◎【せんりつ】

【名·自サ】

栗,栗,不寒而栗『成』,抖,抖。(こわさのために震えること。

△戦慄が全身を走った。/全身栗。

 [21]感受性◎【かんじゅせい】

【名】

感受性。(外界の刺激や印象を感じ取ることができる働き。

△感受性の強い人。/感受性的人。

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第七册 第二課 読み物 「美しさの発見」について

分享到:更多 ()

评论 欢迎留言

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机