放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    正处于一个非常忙的阶段,抱歉不会经常回应任何联络

《日语综合教程》第七册 第三課 ナイン

 「この(ちか)くにいるのは右翼(うよく)魚屋(さかなや)(まこと)だけかな。(まこと)放送局(ほうそうきょく)(まえ)小料理屋(こりょうりや)をやっている。」

 「豆腐屋(とうふや)常雄(つねお)くんが自動車学校(じどうしゃがっこう)経営者(けいえいしゃ)とは以外(いがい)でした。あのときはみんな小学校(しょうがっこう)六年生(ろくねんせい)、つまりいま、やっと30(30)(さい)でしょう。その(わか)さで自動車学校(じどうしゃがっこう)経営(けいえい)するなんてすごいじゃないですか。」

 「タクシ(たくし)ーの運転手(うんてんしゅ)をしているときに、そこの社長(しゃちょう)(むすめ)見初(みそ)められたらしいね。で、その社長(しゃちょう)自動車学校(じどうしゃがっこう)経営社(けいえいしゃ)でもあったわけさ。」

 「なるほど。」

 「そういうわけで、(みな)新道(しんみち)から()()ってしまったね。ここの地価(ちか)(たか)い。(さん)?(よん)(じゅう)(つぼ)[1] (せま)土地(とち)でも、処分(しょぶん)[2] すれば郊外(こうがい)(いえ)()てたうえ、びっくりするほどのお(つり)がかえってくる。だから(おや)たち競争(きょうそう)土地(とち)処分(しょぶん)してしまった。お()りは老後(ろうご)[3] 資金(しきん)というわけだね。そうそう大和屋(やまとや)若葉町(わかばまち)のほうへ()()したよ。」

 中村(なかむら)さんはなぜだか、洗濯屋(せんたくや)正太郎(しょうたろう)くんの(こと)()かしてしまっている。新道少年野球団(しんみちしょうねんやきゅうだん)4()番打者(ばんだしゃ)で、捕手(ほしゅ)[4] で、主将(しゅしょう)正太郎(しょうたろう)のことになぜふれたがらないのか。

 「正太郎(しょうたろう)のことは(くち)にしたくないんだよ」

 中村(なかむら)さんはこっちの(むね)のうちを見抜(みぬ)いたように()った。

 「あいつの名前(なまえ)()いただけで(めし)がまずくなる。英夫(ひでお)のやつ、あの正太郎(しょうたろう)のために(たた)みを85万円分(まんえんぶん)(だま)()られてね、そればかりか、おれが警察(けいさつ)(とど)けようとしたら、『(、「)それならばくはこの(いえ)をでていきます。』(。」)なんて()って(おびや)かすのさ。幼友達(おさなともだち)[5] をかばうのはいいが、それにも限度(げんど)ってものがある。」

 (くち)にしたくないといいながら、正太郎(しょうたろう)くんのことに話題(わだい)(およ)ぶと、中村(なかむら)さんはそれまで以上(いじょう)能弁(のうべん)[6] になった。2()年前(ねんまえ)(ふゆ)ひょっこり[7] 正太郎(しょうたろう)くんが(たず)ねてきて、(たたみ)注文(ちゅうもん)したという。そのときの口上(こうじょう)[8] はこうだった。--今度(こんど)練馬(ねりま)[9] にある不動産会社(ふどうさんがいしゃ)(はたら)(こと)になった。これまでいろいろと心配(しんぱい)をかけてきたが、今度(こんど)こそ性根(しょうね)[10] ()えて[11] やる決心(けっしん)だから、どうかご安心(あんしん)いただきたい。ところでうちの(しゃ)(たて)(うり)(じゅう)(たく)をつくって()ってもいるのだが、出入(でい)りの畳屋(たたみや)がぐずなな(たたみ)みばかりおさめてくるので担当者(たんとうしゃ)(よわ)りきって[12] いる。それを()て、会社(かいしゃ)自分(じぶん)()()みたいという()もあって、つい、「(たた)みならぼくにお(まか)せください」と請合(うけあ)って[13] しまった。無理(むり)(もう)してすまないが、明朝(みんちょう)[14] まで建売(たてうり)軒分(けんぶん)(たたみ)都合(つごう)してはくれまいか--中村(なかむら)さんはこの口上(こうじょう)(まゆ)[15] 唾付(つばつ)[16] ながら()いていたという。正太郎(しょうたろう)くんが(むかし)友達(ともだち)から(すん)(しゃく)[17] ()()[18] をしてあるいているという(うわさ)何度(なんど)(みみ)にしていたからである。だが、英夫(ひでお)くんに「(しょう)ちゃんを(しん)じてやってください」と(たの)まれて、息子(むすこ)親友(しんゆう)のためにひと(はだ)ぬぐ[19] ()になった。()りない(ぶん)同業者(どうぎょうしゃ)をまわり(ある)いてかき(あつ)め、翌朝(よくあさ)トラック(とらっく)()ってやってた正太郎(しょうたろう)くんに引渡(ひきわた)し、そしてそれっきりだった。


 [1]坪◎【つぼ】

【名】

1)中庭。内园。里院。(中庭。)

2)坪。日本度量衡的面积单位。(宅地や建物の面積の単位。)

15坪の家を建てる。/建筑十五坪的房子。

△坪あたり100万円の土地。/每坪一百万日元的土地。

3)坪。沙土的体积单位。(土砂の体積の単位。)

△坪千円の砂。/每坪一千日元的沙子。

4)坪。日本算印刷版面和高价锦缎、印花布、皮革等的面积单位。(錦などの高価な織物や金属板などの面積の単位。)

△この錦、さすが高価なものだよね、毎坪万円だ。锦缎真不愧是高价物,每坪一万日元。

 [2]処分①【しょぶん】

【名·他·三

1理,分,置。(始末する。)

△売却処分。/理出售。

△余ったものを処分する。/理多余的西。

△がらくた道具はまったく処分に困る。/一些破家具真没法理。

2掉(売り払う);扔掉。(捨てる。)

△古雑誌を処分する。掉旧志。

3惩处处罚分。(処罰する。)

△退学処分。/退学分。

△停学処分。/停学分。

△謹慎処分。/反省分。

△厳重に処分する。/严厉处分。

△主謀者を処分する。/惩处

△処分を受ける。/受到惩处

△不正を働いた学生を処分する。处罚做坏事的学生。

 [3]老後◎【ろうご】

【名】

晚年。(年をとってのち。)

△老後の楽しみに碁を覚える。/作晚年的趣,学了棋。

△老後を楽しく過ごす。/愉快地度晚年。

△老後をいなかで送る。/在下度晚年。

 [4]捕手【ほしゅ】

〈野球〉接手.【名】

(棒球)捕手

 [5]幼友達【おさなともだち】

幼年(代)的朋友() de,候的朋友,之友,角之交『成』.幼年的朋友,小候的朋友,竹之友

 [6]能弁◎【のうべん】

【名】【形

,雄。(弁舌に巧みなこと。また、そのさま。)

△彼は能弁だ。/他很能言善

 [7]ひょっこり③【ひょっこり】

【副】

偶然;突然。(思いがけず人に出会うさま。不意に現れるさま。)

△ひょっこり田中君に会った。/偶然遇了田中。

△午前中彼がひょっこりやってきた。/上午他突然来了。

 [8]口上◎③【こうじょう】

【名】

1)口,述,口信,言(口頭で申し述べること。また、その内容。)

△口上を述べる。/口信;致意。

△口上のうまい人。/善于讲话的人。

2)〈〉开白。(歌舞伎などの興行物で、出演者または劇場の代表者が、観客に対して舞台から述べるあいさつ。)

△口上言い。/作开白的演

 [9]練馬【ねりま】

【日本地名】

 [10]性根◎【しょうこん】

【名】

毅力,耐性。(一つのことを最後までなしとげる気力。根気。根性。)

△性根が尽きる。/毅力耗尽;耐性全无。

 [11]据える◎【すえる】

【他·二

1)安;放,安放,放置。(物を置く)

△電気スタンドを机の上に据える。/把台灯(安)放在桌子上。

△この工場にはいろいろな機械が据えられている。个工厂里安装着各种机器。

2列。(並べる)

△膳を据える。摆饭

3(人)坐在……的上面(位置)。(座に)

△客を上座に据える。客人坐在上座。

4)使就……位。(人を重要な地位などにつかせる)

△彼を会社の社長に据える。他当公司的总经理。

5)沉着(不)。(目、腰を動かさないでそこにとどめる)

△目を据えて見る。/凝;注;直着。

△この問題は腰を据えて考えなければならない。问题坐下来(沉下心来)好好考

△腹に据えかねる。/忍耐不住。

6)灸治。(灸をする)

△灸を据える。/灸治。

△腹部に2回灸を据えた。/腹部灸了两次。

 [12]弱りきる④【よわりきる】

【自·一

1)极度衰弱。(すっかり弱くなる。ひどく衰える。)

△からだが弱りきっている。/身体非常衰弱。

2)非常为难(非常に困ってどうしてよいかわからなくなる。困りぬく。)

△隣家の騒音に弱りきる。隔壁的噪音感到非常困

 [13]請合う③【うけあう】

【他·一

1)承担,负责。(責任を持って、仕事などを引き受ける。)

△一度請合ったら最後までやらなければいけない。/一旦承担下来了,就要行到底。

2)保,管保。(その物事·品物が確かなものであると保証する。)

△この時計は十年間は故障しませんよ、請合います。个手表十年里都不会坏的,我担保。

 [14]明朝①◎【みょうあさ】

【名】

1)明晨,明天早晨。(あすの朝。みょうちょう。)

△明朝早く出発しよう。/明天一大早出吧。

2)明朝。(中国の歴代王朝の一つである。明朝あるいは大明とも号した。)

△明の衰亡。/明朝的衰亡。

 [15]眉①【まゆ】

【名】

1)眉につばを塗る。/提高警惕,多加小心。

2)眉に火がつ。/燃眉之急。

3)眉を上げる。/吊起眉梢。怒。

4)眉をひそめる。/;眉。

5)眉を開く。/展眉。

6)眉を読む。/察言色。

 [16]唾を付けるつばをつける

(食物に唾を付けて?他人に食べさせなくすることから)あるものを他人に取られないように?前もってかかわりをつけておく?

 [17]寸借◎【すんしゃく】

【名·他·三

挪借少暂时借用。物ちょっと借りること。また、少しばかりの金を借りること。

△寸借詐欺。/短期诈骗

 [18]詐欺①【さぎ】

【名】

,欺诈骗。(巧みに偽って金品をだまし取ったり、相手に損害を与えたりすること)

△詐欺にかかる/受

△詐欺をする/欺人;搞骗术

△詐欺を見破る/揭穿骗术

△詐欺で金を巻きあげる/诈骗

△詐欺行為/欺诈骗〕行

△詐欺事件/诈骗案。

 [19]困っている人を本気で助けて世話をすること

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第七册 第三課 ナイン

分享到:更多 ()

评论 2

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址
  1. #2

    第三页 中村さんは ちょっと目を伏せた。不是身を伏せた。

    butcher4个月前 (07-09)回复
  2. #1

    第2页20条 懐中 在日文教材里 被翻成ふところ 第一页間取りを上に乗せること 的地方日本教材里是載せること 正好在复习的时候看到了 可以核对一下。

    butcher4个月前 (07-09)回复

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机