放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法

《日语综合教程》第六册 第七課 文章について

目录

上外 《日语综合教程》 翻译注解。友情提示:点击生词后面的小数字可以跳转到解释,再次点击返回(Backspace键也可返回)。最后一页有翻译译文。

第七課 文章について

本文

文章(ぶんしょう)()くことは(くる)しい。しかしまた(たの)しい。()きたいテーマは(のう)(ちゅう)にあって(はや)文字(もじ)()されることを()っている。(あたま)(はたら)きの調子(ちょうし)のよいときには、目白押(めじろお)[1] ()っているといってもそれほど()(いす)ぎではない状態(じょうたい)になる。

    しかし、ひるがえって[2] (おも)うに、文章(ぶんしょう)をかくことは(おそ)ろしい。()くなどということは、(おそ)れるべく、(つつし)[3] べきことである。

    (ひと)は、自分(じぶん)()っているものを文章(ぶんしょう)()する。それによって他人(たにん)(えき)する[4] こともあれば、()刺激(しげき)(あた)え、問題(もんだい)(とう)ずる[5] こともできよう。けれども、ひとが「()っている」(ぶつ)(たか)()れている[6] 。「()っていない」もののほうがはるかに(おお)いのだ。

    知識(ちしき)思想(しそう)表現(ひょうげん)(りょく)人格(じんかく)(てき)感化(かんか)(りょく)――どれをとってみても、各人(かくじん)()っているものは()れている。他人(たにん)(えき)するだの、問題(もんだい)(とう)ずるだのと、楽天的(らくてんてき)[7] (かま)えてばかりはいられない。()くことは、おのれの()らざる[8] ところを(ひと)(しめ)行為(こうい)である。(かく)すより(あらわ)れる。(うち)にあふれるものが行間(ぎょうかん)[9] ()()れることもある()わりに、(うち)(なに)()けているかが()えすいて、読者(どくしゃ)気持(きも)ちを寒々(さむざむ)[10] とさせることもある。(ひと)は、あまりにしばしば、()いて自己(じこ)貧困(ひんこん)[11] ()にさらす。

    ()らざるを露呈(ろてい)[12] するだけではない。(おも)いの内容(ないよう)過不足(かふそく)[13] なく言葉(ことば)(あらわ)すこと、これがまた容易(ようい)ではない。事実(じじつ)関係(かんけい)(さい)構成(こうせい)[14] 手間(てま)どる[15] 、どこかにすき()[16] (のこ)る。それを文字(もじ)()する、またすき()がある。言葉(ことば)()らざるもどかしさは、いつまでも()()いて[17] こころが(たい)らか[18] でない。

    けれども、また(おも)うに、これは、表現(ひょうげん)すること、(さら)(ひと)()きることの背負(せお)っている宿命(しゅくめい)[19] というものかもしれない。――人間(にんげん)は、自分(じぶん)(かんが)えを他者(たしゃ)(つた)えたくて、言語(げんご)という記号(きごう)(シンボル)を(つく)りだした。言語(げんご)記号(きごう)であって、(かんが)えそのものではない。(えら)()された言葉(ことば)(れつ)が、(かんが)えを(うつ)しているに()ぎない。ちょうど、実際(じっさい)風景(ふうけい)と、カメラで(うつ)した風景(ふうけい)とに(ちが)いがあるように、実際(じっさい)(かんが)えと、言語(げんご)によるその表現(ひょうげん)との(あいだ)には、(つね)微妙(びみょう)ずれ[20] がある。


 [1]目白押し◎【めじろおし】

【名】

1拥挤,一个挨着一个。(多くのものが隙間なく並ぶこと。)

△目白押しの群衆。/拥挤的人群。

△予定が目白押しだ。/日程排得满满的。

2香油游。孩子排成一排互相,被列外的排在尾重新的游(子供が一列に並んで押し合い、列外に押し出された者が列の端について押す遊び。

 [2]翻って③【ひるがえって】

【副】

来,回过头来看。(これとは反対に。これとは別に。)

△翻ってわが国の現状を見るに。/反来看看我国的状。

△翻って考えると。/反来考

△私は悪人の死を望まない。翻って生きよ!/我不认为坏人都应该去死,反倒希望他活着!

 [3]慎む③【つつしむ】

【他動】

1慎,慎重,小心。(過ちがないように用心する。)

△言行を慎む/言慎行。

△身を慎む/慎。

△口を慎む/说话小心。

△今後は二度とそのようなことをしないように行動を慎みます/今后慎重行避免再有种事。

2制。(度が過ぎないように控えめにする。)

△酒を慎む/;酒;少喝酒。

△病気中はたばこを慎みなさい/病中要少抽烟。

3戒。〔謹慎する。〕

△家に慎むこと/在家戒。

4)恭,有礼貌。(相手を尊敬する態度をとる。

 [4]益する③【えきする】

【他·三

有益,裨益。(利益を与える。役に立つ。)

 [5]投ずる③【とうずる】

【自·三

1)乘机,投机取巧。(つけいる。つけこむ。乗ずる。)

△機に投ずる。/抓住机会。

2)投降。(降参する。投降する。)

△敵軍に投ずる。/向敌军投降。

3)投宿,住。(やどる。とまる。)

△宿舎に投ずる。/住在宿舍。

4)一致,投合。(あう。一致する。投合する。)

△意気相投ずる。/意气相投。

△球を投ずる。/扔球。

△水中に身を投ずる。/投身于水中。

5)投票。(投票する。)

△一票を投ずる。/投一票。

 [6]高が知れる【たかがしれる】

程度がわかる。

大したことはない / 没什么了不起。

 [7]楽天的◎【らくてんてき】

【形

乐观(的),天知命(的)。(物事にくよくよしないでいつも明るいほうに考えていくさま。のんきなさま。)

△楽天的な性格。乐观的性格。

 [8]不足

 [9]行間◎【ぎょうかん】

【名】

,字行。行距。字行的隔;字里行(文書中の行と行の間隔。横書きの場合、行の最下部から次の行の最上部 までの距離。)

△行間の設定をしたい。/想置行距。

△行間を読む。/体会作者字里行流露出的感情。

 [10]寒寒③【さむざむ】

【副】【自·三

1)冷冰冰,冷飕飕。( いかにも寒そうなさま。)

2索,凄凉。(心が冷えるさま。殺風景なさま。)

△寒々とした景色。索的景象。

 [11]貧困◎【ひんこん】

【名·形

1困,贫穷。(貧しくて生活に困ること。)

△貧困と闘う。/与困斗争。

△極度の貧困に陥る。/陷入极度的困之中。

△貧困を脱する。/困。

△貧困家庭。/贫穷家庭,穷户

2乏,极度缺乏。(必要なもの、大事なものがとぼしいこと。)

△貧困な知識。/乏的知

 [12]露呈◎【ろてい】

【名·自·三

暴露。(隠していたものをあからさまにあらわすこと。また,あからさまになること。)

△内部の対立が露呈する。/内部立暴露出来。

△弱点を露呈する。/暴露出弱点。

△閣内不統一を露呈する。/党内的不一暴露出来。

 [13]過不足◎【かふそく】

【名】

与不足,多或少。(過ぎたことと足りないこと。多すぎることと足りないこと。過不及。)

△過不足なく説明する。/适当地明。

 [14]再構成【さいこうせい】

重新构成,重新,重建.重新构成,重新成,重建

 [15]手間取る③【てまどる】

【自·一

事,工夫,费时间,耽(予想外に時間や手数がかかる。)

△あんがい仕事が手間取った。/想不到工作很事。

△手間取らないようにしなさい。勿耽

△思わぬことで手間取ってしまった。/在意想不到的地方,了很多时间

 [16]空き間◎【すきま】

【名】

;

 [17]尾を引く【おをひく】

拖个尾巴,留个痕迹

表示事件束后受到持的影响

 [18]平らか②【たいらか】

【形

1)平,平坦。(高低や起伏がないさま。たいらなさま。)

△平らかな土地。/平坦的土地。

2)平,平安,和平。(おだやかなさま。)

△心中平らかでない。/心中不平静。

 [19]宿命◎【しゅくめい】

【名】

宿命,注定的命运。(前世から定まっており、逃げられない運命。)

△宿命の恋。/前世注定的情;上帝安排的恋

△宿命的な出会い。/决定命运的邂逅〔相逢〕。

△宿命と思ってあきらめる。命而死心。

△彼の早世は宿命だったのだ。/他的夭折是命中注定的。

 [20]ずれ②【ずれ】

1)背离,偏差。指偏离,脱离基准或常等。(ずれること。基準や常識からはずれていること。

1)背离,偏差。指偏离,脱离基准或常等。(ずれること。基準や常識からはずれていること。)

△時間的ずれ。/时间的不一致。

△文化的ずれ。/文化方面的差异。

△意味のずれ。/意的差异。

△方向のずれ。/偏离方向。

△意見のずれがある。/意有分歧。

△印刷の色の重なりにずれがある。/套色套得不准确。

△テレビの画像のずれがひどい。电视显像的重影重。

△生産高と計画額との間にいっそうのずれを生じる。量和划数量之间产生越来越大的差距。

△計画にずれが生じた。/生了偏差。

△父と子の間には考え方のずれがあった。/父子之想法不一致。

2位,偏移,位移,失衡。逆方向的两力在某平面的上下平行起作用生的形。(物ある面の上下に平行で逆方向の力がはたらいて生じる変形。

转载须注明:码农场 » 《日语综合教程》第六册 第七課 文章について

分享到:更多 ()

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机