放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    愛しさ 優しさ 全て投げ出している

《日语综合教程》第六册 第九課 読み物 草原の記――モンゴル紀行

    このため、(わたし)どもはタラップの最後(さいご)から()(だん)()から()()[1] ねばならなかった。(くつ)(うら)が、ゴビ草原(そうげん)にくっついたとき、(おどろ)くべきことは、大地(だいち)(あわ)香水(こうすい)[2] をふりまいたように(かお)って[3] いることだった。(かぜ)はなく、(てん)(たか)かった。その(てん)一角(いっかく)に、少女(しょうじょ)のほおのように(はい)(あか)(くも)()かんでいる。その(くも)まで(かお)っているのではないかと(おも)えるほどに、においが()ちていた。「これは、(なに)のにおいですか。」

    と、ツェベクマさんを()(かえ)った。彼女(かのじょ)()れているせいか、(わたし)質問(しつもん)をちょっと(かい)しかねる表情(ひょうじょう)をした。が、やがて、

    「ゴビのにおいよ。」

    と、(ほこ)りに()ちた(ちい)さな(こえ)()った。

    (ひと)さし(ゆび)ほどの(たけ)ニラ[4] 系統(けいとう)(くさ)が、足元(あしもと)でごく地味(じみ)(あわ)紫色(むらさきいろ)(はな)をつけている。それがその(あた)(いち)(めん)()(おお)い、その(くき)[5] ()(はな)が、はるか地平線(ちへいせん)のかなたにまで(ひろ)がっているのである。

    その(はな)のにおいだった。空気(くうき)乾燥(かんそう)しているため(はな)のにおいも(つよ)いに(ちが)いなく、(よう)するに、一望(いちぼう)何億(なんおく)という(はな)(かお)っているのである。

    (ひつじ)好物(こうぶつ)。」

    と、ツェベクマさんが()った。このとき彼女(かのじょ)一人娘(ひとりむすめ)のイミナが、レニングラード[6] 大学(だいがく)最初(さいしょ)休暇(きゅうか)(かえ)ってきたときに()ったという言葉(ことば)を、(わたし)(おも)()した。

    「よその(くに)(くさ)はにおわない。」と、彼女(かのじょ)()(さき)母親(ははおや)報告(ほうこく)したそうである。うその(くさ)のようだ、とも彼女(かのじょ)()った。さらには、卒業(そつぎょう)したらまっすぐにモンゴルへ(かえ)る、モンゴルが世界(せかい)のどこよりもいい、と()って、その母親(ははおや)(よろこ)ばせた。イミナ(じょう)()ったという言葉(ことば)意味(いみ)が、(わたし)はゴビ草原(そうげん)()てやっと理解(りかい)できた。


 [1]飛び降り◎【とびおり】

【名】

跳下。(高い所から飛びおりること。または、進行中の乗物などから飛びおりること。

△ビルから飛び降り自殺をする。/跳楼自

 [2]香水◎【こうすい】

【名】

香水。化品之一,用酒精溶解浸泡香料制成。洒在身体或衣服上从散的香气中得到快(化粧品の一。香料をアルコールに溶かしたもの。身体·衣服などに振りかけて、香りを楽しむ。)

△香水を吹きかける。/上香水。

△香水入りせっけん。/香皂。

△香水のにおいがぷんぷんする。/香水味儿很冲。

 [3]薫る③◎【かおる】

【自五】

香气。(いいにおいが、あたり一面にする。

△風が吹くと何処からかいい香りが薫ってくる。/一刮就不知从哪儿吹来香味。

 [4]にら◎②【にら】

【名】

韭菜。(ユリ科ネギ属の多年草。葉は長さ2030センチメートルで扁平、全体に強い臭気がある。春の葉は柔らかく美味。夏、紫色をおびた白い小花を束状につける。原産地は東アジアとされ、古く中国から渡来。日本各地で食用として栽培。古名こみら·みら。

△にら炒め。/炒韭菜。

 [5]茎②【くき】

【名】

茎;;梗。(高等植物において、植物体を支え、根か吸収した水分や養分を師部·木部を通して各部に運ぶ器官。

△葉状茎。/叶状茎。

 [6]レニングラード【レニングラード】

列宁格勒

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第六册 第九課 読み物 草原の記――モンゴル紀行

分享到:更多 ()

评论 欢迎留言

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机