放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    愛しさ 優しさ 全て投げ出している

《日语综合教程》第六册 第九課 読み物 草原の記――モンゴル紀行

    料理(りょうり)(さら)(すう)()えるにつれて、首筋(くびすじ)[1] から()っぱらってきた。

    「ツェベクマさん、人生(じんせい)(なが)いですか。」

    と、(わたし)()いだしたころには、相当(そうとう)()ってしまっていたに(ちが)いない。

    (みじか)いですね。」

    彼女(かのじょ)は、言下(げんか)[2] ()った。もう五十(ごじゅう)になった、と彼女(かのじょ)()う。色白(いろじろ)[3] だから四十(よんじゅう)そこそこ[4] (かん)じなのだが、数字(すうじ)というのは無残(むざん)[5] なものだ。しかしなお彼女(かのじょ)英気(えいき)[6] 潑剌(はつらつ)[7] としている。(わたし)がそのように()うと、彼女(かのじょ)は、自分(じぶん)もそう(おも)ってはいる、しかし気力(きりょく)のある(あいだ)(むすめ)()(わた)しておかねばならない、と()った。

    (なに)をですか。」

    (わたし)のモンゴルについての(おも)い。(わたし)()っている(ちい)さな教養(きょうよう)[8] 日本語(にほんご)(ふく)めてです。それに(わたし)(むすめ)のころに()につけたお行儀(ぎょうぎ)。そして、もうずいぶん(むすめ)(かた)ってきましたが、(むすめ)に、あなたの父親(ちちおや)がいかにすばらしい(ひと)であったかということ。……(さけ)、もっと()()がりますか。」

    彼女(かのじょ)は、()れたらしい。

    (わたし)彼女(かのじょ)(はなし)()きながら、チミドという現代(げんだい)詩人(しじん)の「(われ)はモンゴルの()」という()を、せきあげるような(いきお)いで(おも)()した。この()は、田中(たなか)克彦(かつひこ)()(ちょ)の『草原(そうげん)革命(かくめい)』で()った。

    アルガルの(けむり)たちのぼる

    牧人(ぼくじん)[9] (いえ)()まれし(われ)

    (ひと)()らぬこの広野(ひろの)[10] 

    これぞ()揺籃(ようらん)[11] (おも)


 [1]首筋◎【くびすじ】

【名】

1     的后。(首の後ろ側。えりくび。くびねっこ。)

首筋をつかむ。/抓住后

 [2]言下①【げんか】

【名】

言下,话说完后的瞬(言葉の終わるか終わらぬかの時。言い終わってすぐ。ごんか。)

△言下に答える。/完就回答了。

 [3]色白◎【いろじろ】

【名·形

皮肤白(的人),白(肌の色の白いこと。)

△色白な女。/皮肤白的女人。

 [4]そこそこ【そこそこ】

,左右.

当時赤軍は4個連隊そこそこであった/当时红军只有四个左右.

△いずれも20歳そこそこの青年労働者です/都是二十上下的青年工人.,左右草草了事,慌慌张张

 [5]無残①【むざん】

【名】【形動】

 

△放逸無残。/无耻放

△破戒無残 。/破戒却不知羞耻。

△二人の仲を無残に引き裂く。/残忍的割裂了二人的关系。

△夢は無残にもついえた。/梦境太凄惨。

 [6]英気◎①【えいき】

【名】

英气,才气,活力,精力。(いきいきと働こうとする気力。元気。すぐれた気性。才気。)

△英気の持ち主。/有才气的人。

△英気を養う。/养精蓄

 [7]溌剌◎【はつらつ】

【形

,精力充沛。(きびきびとして元気のよいさま。)

△溌剌たる新入社員。/精神充沛的新职员

 [8]教養◎【きょうよう】

【名】

1)教育。(教え育てること。

2)修养;教养;文化;学;素养。(学問·芸術などにより人間性·知性を磨き高めること。その基礎となる文化的内容·知識·振舞い方などは時代や民族の文化理念の変遷に応じて異なる。知識·品位。)

△教養のある人。/有教养的人;有文化的人。

△教養に欠ける。/缺乏教养。

△教養を高める。/提高文化。

△教養が深い。/教养深厚。

△教養を身につける。/修养;学文化。

△教養課程。/础课

△教養学部。/(大学的)教养学院;教养系。

 [9]牧人【ぼくじん】

牧人.

 [10]広野【ひろの】

【名】

广袤的野地。野。(広い野。広野原。)

△広野で草を摘む。/在原野上拔草。

 [11]揺籃◎【ようらん】

【名】

1摇篮。(ゆりかご。

△揺籃歌。/摇篮曲。

2)〔発展の初期段階〕源,初级阶段。(幼児期。また、物事が発展する初めの時期や場所。)

△会社の揺籃期。/公司的初创时期。

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第六册 第九課 読み物 草原の記――モンゴル紀行

分享到:更多 ()

评论 欢迎留言

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机