放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    Why join the Navy if you can be a pirate?

《日语综合教程》第六册 第九课 香住から白兔海岸

    ここらは、背後(はいご)防砂(ぼうさ)(りん)[1] (せま)った、ごくありふれた、(せま)砂浜(すなはま)で、ちょっと()には湘南(しょうなん)[2] あたりの海岸(かいがん)とかわらない。だが(うみ)(あお)さにまして、(なん)(すな)のきれいなことだ。

    (わたし)(うみ)(なが)めるのも(わす)れて、しゃがみこみ[3] (すな)()にすくってみる。(しろ)いというのでもない、(くろ)いというのでもない、よく()れば茶色(ちゃいろ)(つぶ)不透明(ふとうめい)なガラスの(こな)[4] のようなのも()じっている。それが(あか)るい(おお)きな(そら)(した)で、遠目(とおめ)白白(しろじろ)[5] ()えるのであるらしい。

    (わたし)()()って()るだけでは()りなくて、()(びん)[6] (ひろ)って、地質(ちしつ)[7] 学者(がくしゃ)みたいにこれに()めた[8] 。それは(いま)(わたし)(つくえ)(うえ)砂時計(すなどけい)のように()っている。(ちい)さな(くろ)海鳥(うみどり)羽毛(うもう)一本(いっぽん)、そこにささっている。

    なんとも子供(こども)じみた[9] ()()いと(おも)われるかもしれないが、海辺(うみべ)(そだ)ちの(わたし)は、そんな(すな)(まえ)にしては平静(へいせい)でいられない。(むかし)のことがいちどきに(もど)ってくるようだ。まわりにまるで(だれ)(ひと)がいないのも、(とお)(むかし)(かえ)ったみたいだ。

    ひょっとすると、今度(こんど)旅行(りょこう)最大(さいだい)印象(いんしょう)は、日本海(にほんかい)の「雄壮(ゆうそう)(ほこ)(だい)観光(かんこう)(せん)」についではこの砂粒(すなつぶ)[10] かもしれない。もちろんこのあとで(ある)いた(だい)砂丘(さきゅう)でも、(つぎ)()()()った(はく)()海岸(かいがん)でも、(わたし)(すな)研究(けんきゅう)(おこた)らなかった[11] が、最初(さいしょ)感激(かんげき)でもう十分(じゅうぶん)のようであった。

    国鉄(こくてつ)[12] 急行(きゅうこう)呼称(こしょう)[13] にも、観光(かんこう)バスの愛称(あいしょう)にも、はては、饅頭(まんじゅう)名前(なまえ)にもなっている「(はく)()――その()(かん)した[14] 海岸(かいがん)には(わたし)幼児(ようじ)(えん)以来(いらい)興味(きょうみ)(いだ)いている。まさかワニザメ[15] はいないだろうが、(かば)[16] ()[17] ぐらいははえているだろうと(おも)っている。

   

    ()()ると、(なん)のいわくもなさそうな、のどかな浜辺(はまべ)で、こまかく()()せる白波(しらなみ)()にしみる[18] 子供(こども)(ころ)近所(きんじょ)稲葉(いなば)(くん)という()がいたので、(わたし)は「稲葉(いなば)(しろ)(うさぎ)」という綽名(あだな)[19] をつけてやったことがある。そんなつまらぬことが(おも)()される。


 [1]ぼうさりん【防砂林】

〈環境〉 防沙林

 [2]湘南【しょうなん】

地名

 [3]しゃがみ‐こ?む【しゃがみ込む】

〔自五〕

しゃがんでしまう??落胆のあまり?その場に―?んだ?

 [4]粉◎【こな】

【名】

粉末。(砕けて細かくなったもの。)

△米の粉。/米粉。

△ひいて粉にする。/磨成粉面。

 [5]しろじろ【白白】

很白hěn bái,雪白xuěbái,tèbié.

~とした顔/雪白的.

 [6]空き瓶◎【あきびん】

【名】

空瓶子。(中に何も入っていない瓶。からびん。)

△ビールの空き瓶。/空啤酒瓶。

 [7]地質【ちしつ】

〈地〉地.

 地質学/地.

 [8]詰める②【つめる】

【自

1)填,填塞。(ふさぐ。)

△箱に詰める。/把箱子塞

2)塞,装入。(すきまなく詰め込む。)

△荷物をかばんに詰める。/把西装到皮包里。

△パイプにタバコを詰める。/把烟装到烟斗里。

△弁当を詰める。/装盒。

△この掛けぶとんには羽毛が詰めてある。个被子里絮着羽毛。

3)挨,靠挤紧(すきまをなくす。)

△行間を詰める。/挤紧

△本を詰めてならべる。/把紧摆放。

△列と列との間を詰める。/把隔靠

△もっと字を詰めて書きなさい。/字要再凑些写。

△奥へお詰め願います。往里

4)使得出结论(結論を出す。)

△話し合いを詰める。/商达成协议

△議論を詰める。/议论

△指を詰める。/割指盟誓。

△内容を詰める。讨论内容。

5小,短。(寸法を縮める。)

△行間を詰める。小行距。

6)(心地)继续做。做。(ある物事を集中して行う。)

△根を詰める。/追根究底。

7节俭省。(切りつめる。)

暮らしを詰める。/节俭度日。

8)深究。打破砂锅问到底。(細かい点まで話を決める。)

考えを詰める。/深入思考。

9)(将棋)将,将死。(将棋で、敵の王将の逃げ場がないようにする。)

王将を詰める。/将死王将。

通い詰める。/反复往返。

 [9]染みる◎【じみる】

【造

1)沾上,沾。(それがしみついて汚くなる意を表す。)

汗染みる。/沾上汗。

あかじみたシャツ。/沾上垢的衫。

2)好像,仿佛。(体言に付いて、そういうもの、様子、状態らしく感じられる意を表わす。)

年寄り染みる。/仿佛老了;老人一般。

じみた格好。/似的子;一般的子。

 [10]砂粒【すなつぶ】

沙粒.

 [11]怠る◎③【おこたる】

【他·一

1惰,怠慢,懈怠,放松(しなければならないことを,なまけ心や不注意によりしないままでいる。なまける。さぼる)。

△怠らずに勉強する/不懈地学

△職務を怠る/玩忽守;失

△そうしたあいだにも彼は学習を怠らなかった/就是在那个期,他也没松懈。

2)疏忽,大意(油断する。気がゆるむ)。

△注意を怠る/疏忽大意;放松警惕。

△仕事をするのに注意を怠ってはいけない/做工作不要大意。

△手入れを怠ると故障する/要是放松养,就会引起故障。

 [12]国鉄◎【こくてつ】

【名】

日本国营铁路。(「日本国有鉄道」の略。

△国鉄労働組合。/国营铁路工会。

 [13]呼称◎【こしょう】

【名】【他サ】

1)名称;叫做,称,名(名前;名づけること。)

△正式な呼称。/正式名称。

△公式に記念公園と呼称する。/公开称为纪念公园。

2)呼号。(号令。)

△体操の呼称はなんですか。/体操的呼号是什么?

 [14]冠する①【かんする】

【他·三

1)冠戴,戴帽子。(冠かんむりをかぶせる。冠をかぶる。転じて、元服する。)

△王冠を冠する。/戴王冠。

2)冠上,冠名。(修飾語·接頭語、また称号などを、上にかぶせる。

△企業名を冠した試合。/企冠名的比

 [15]鰐鮫②【わにざめ】

【名】

〉大鲨鱼。(性質の荒いサメの俗称。

 [16]蒲【かば】

〈植〉叶香蒲.

 [17]穂◎【ほ】

【名】

1)穗。(稲や麦、すすきなどの長い花軸の先に花や実が密集してついたもの。)

△麦の穂。/麦穗。

△すすきの穂。/芒穗。

△穂が出る。/出穗;抽穗。

△たわわに実った稲の穂。/沉得低下的稻穗。

△落ち穂拾い。/拾麦〔稻〕穗。

2)(物的)尖端。〔とがったものの先。〕

△やりの穂。/矛尖。

△筆の穂。/(毛)笔尖。

 [18]目に染みるめにしみる

①煙などが目に入って痛く感じる?

②目を強く刺激する?色彩の鮮やかなこと?印象の強いことにいう??新緑が―?

③見あきる?世間胸算用3?かたわきには?今に天人唐草目にしむ?

 [19]綽名【あだな】

号,外号

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第六册 第九课 香住から白兔海岸

分享到:更多 ()

评论 欢迎留言

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机