放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    时间有限,只有GitHub上的issue能及时处理,大约每周末一次。另外,不要叫我楼主,谢谢。

《日语综合教程》第六册 第十課 読み物 絶対値

    よくスポーツ選手(せんしゅ)()うコメントに、「自分(じぶん)レース[1] をすることが目標(もくひょう)だ。」とか「自分(じぶん)柔道(じゅうどう)[2] 出来(でき)なかったことがくやしい。」とかがある。これは一見(いっけん)すると、イチロー選手(せんしゅ)()う「絶対(ぜったい)()」と大差(たいさ)[3] がないように(おも)えるが、まるで(ちが)う。

    自分(じぶん)の」というのは、(いま)現在(げんざい)自分(じぶん)(ちから)である。それを(ひゃく)パーセント()せるかどうかという(はなし)である。イチロー選手(せんしゅ)(おも)いは、(いま)現在(げんざい)自分(じぶん)よりはるかにはるかに(たか)(ちから)をイメージし、それに(ちか)づきたいという(はなし)である。

    自分(じぶん)の」という現在(げんざい)のレベルの(はなし)ではないのである。

    (わたし)はその対談(たいだん)で、「そのイメージするプレーヤーについて具体(ぐたい)(てき)(はな)してほしい。」とは絶対(ぜったい)()くまいと(おも)った。これは対談(たいだん)ホステス[4] としては、本当(ほんとう)失格(しっかく)[5] である。ホステスとしては、そこは当然(とうぜん)つっこむ[6] べきなのだ。しかし、そこは()()って[7] はならぬところなのだと、(わたし)反射(はんしゃ)(てき)[8] (おも)っていた。

    (いま)シーズンに(はい)ってから、新聞(しんぶん)で「イチローは今年(ことし)目標(もくひょう)()かれると、不快(ふかい)()そっぽ[9] ()いた。(かれ)にはもっと大人(おとな)になってほしい。」という内容(ないよう)記事(きじ)()んだ。その(とき)(わたし)はため(いき)()たのである。野球(やきゅう)()っている記者(きしゃ)さんなら、(かれ)本当(ほんとう)目標(もくひょう)()づいてもいいはずだし、それこそが大人(おとな)というものであろう。

    (かんが)えてみれば、「絶対(ぜったい)()」を目標(もくひょう)にするということは、(なん)清廉(せいれん)[10] なことであろうか。

    どんな仕事(しごと)であれ、状況(じょうきょう)であれ、(だれ)しも「理想(りそう)とするイメージ』はあるはずなのだ。その(たか)みに()かって一歩(いっぽ)一歩(いっぽ)精進(しょうじん)[11] するということを、あらゆる仕事(しごと)やあらゆる状況(じょうきょう)人々(ひとびと)目標(もくひょう)にすべきだと心底(しんそこ)[12] (おも)う。相対(そうたい)(てき)目標(もくひょう)よりもはるかに(ふか)く、はるかに(きよ)らか[13] で、はるかにあるべき姿(すがた)だ。

    福岡空港(ふくおかくうこう)で、(おんな)たちに()われながら(ある)()ったイチロー選手(せんしゅ)()見送(みおく)りながら、(わたし)自分(じぶん)()った。

    (わたし)も、(たか)視聴(しちょう)(りつ)()ることが今年(ことし)目標(もくひょう)ですなどは()うまい。(わたし)もイメージする『絶対(ぜったい)()』の脚本(きゃくほん)[14] ()をめざし、視聴(しちょう)(りつ)なんかゼロでもいいんだわ!」

    それも(こま)るか……

    (高校(こうこう)(しん)国語(こくご)II(だい)(おさむ)(かん)より)  


 [1]レース    [U]

*            [1]〔英race〕〈名〉

速さや強さをきそう競技/速度和耐力的技??竞赛?跑?游泳比?

△自動車~/车赛?

△ウオーキング~/走?

△ボート~/艇?

 [2]柔道①【じゅうどう】

【名】

1882年嘉納治五郎が講道館を創立し、柔術を改良して創始した格闘技。投げ技·固め技·あてみ技の三技がある。)

△柔道の有段者。/柔道的有段者。

△柔道家。/柔道家。

 [3]大差①【たいさ】

【名】

著的不同,很大的差(大きな差。大きな違い。 

△予想に反して大差で優勝した。/出乎意料地取得倒的利。

△これならどれでも大差ない。这样,哪个也没有太大的不同。

 [4]ホステス①【ホステス】

【名】【英】hostess

1)女招待()。陪酒女。会的女招待。(バーやナイトクラブなどで、客の招待をする女性。)

△生活のために夜はバーでホステスをやっている。了生活在酒吧当女招待。

△パーティーのホステスをつとめる。/当酒宴的女主持人。

 [5]失格◎【しっかく】

【名·自·三

1)失掉格。(資格を失うこと。)

△人間失格。/失掉做人的格。

△反則を3回すると失格になる。/犯三次即失去(比格。

2)不及格。(不合格。

△マナーとしてはまったく失格だ。格〕完全不及格。

 [6]突っ込む③【つっこむ】

【自·一

1闯进,冲(突進する。)

△敵陣に突っ込む。/冲进敌阵

△トラックが家に突っ込んだ。/卡房子里。

△突っ込め!/冲!冲啊!

2)深入。(深くたち入る。)

△突っ込んだ話をする。/深入地

△突っ込んで研究する。/深入研究。

△真剣に突っ込んだ討論が行われている。行了真深入的讨论

3)插入(むぞうさに入れる,さしこむ);塞。(つめこむ。)

△手をポケットに突っ込む。/把手插入衣袋里。

△がらくたを旅行カバンの中に突っ込んでおく。/把一些破烂东西塞旅行包里。

4钻进,扎。(すっぽり入れる。)

△ぬかるみに足を突っ込む。/脚(陷)里。

5)深入追求,尖指摘。(追求する。)

△突っ込んだ質問をする。/提出尖质询

6)戳穿,扎透。(つきさす。)

△障子に指を突っ込む。/把手指戮进纸窗里。

7)投身,埋(没頭する);干,干与。(口出しする。)

8)吐槽。

 [7]立ち入る◎③【たちいる】

【自·一

1入。(ある場所の内部へはいる。)

△無断で構内に入ることは禁止だ。/禁止无事入校内。

△無用の者立ち入るべからず。人免

2)介入,干(本来は関係のない事柄にかかわる。)

△部外者が立ち入る問題ではない。不是局外人干涉的问题

△けんかに立ち入るな。插入人吵架。

3)追根底,深入。((核心などに)深くはいりこむ。)

△プライベートに立ち入る。/追私事。

△もう少し立ち入って話していただけませんか。/能不能再深入的呢。

 [8]反射的◎【はんしゃてき】

【形動】

反射()

 [9]外方①【そっぽ】

【名】

1)〔よそを見る〕扭向一.

△怒ってそっぽを向く/一生气就扭向一.

2)〔相手にしない〕不理睬.

△忠告にそっぽを向く/忠告置若罔.

△助力を乞うたのにそっぽを向かれる/他帮忙,可他不理我.

 [10]清廉◎【せいれん】

【名】【形

清廉。(心が清らかで私欲がないこと。また、そのさま。)

△清廉の士。/清廉之士。

 [11]精進①【しょうじん】

【名·サ変自】

1)〈仏〉精,修行。(ひたすら仏道修行に勤め励むこと。)

△仏道に精進する/精修佛道。

2戒,身慎心。吃素,不茹(肉食をやめ、菜食をすること。)

△精進潔斎して神に仕える/戒侍神。

△精進料理/素菜。

△精進揚げ/炸素食。

△精進落ち/开;开

 [12]心底◎①【しんそこ】

【名】【副】

内心,心底,心眼儿,衷心。(心の底。)

△心底を打ち明ける。/吐露心事,暴露思想。

△心底まで惚れた。/真的上了。

 [13]清らか②【きよらか】

【形動】

1)清,不混(澄み切っていて、すがすがしさを感じさせる様子。)

△清らかな水。/清水。

△清らかに流れる小川。/水流清澈的小溪。

2洁净纯洁;清白;清爽。(人間の持つ醜い欲望や世俗的な汚れなどとは全く無縁で、神神しささえ感じさせる様子。)

△清らかな愛。/纯洁

△清らかな朝。/清爽的早晨。

△清らかな歌声。/清脆的歌声。

 [14]脚本◎【きゃくほん】

【名】

脚本,本(演劇や映画などで、せりふやしぐさ·舞台装置などを書きこんだもの)。

△映画の脚本を書く。/写影脚本。

△脚本にする。/写成本。

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第六册 第十課 読み物 絶対値

分享到:更多 ()

评论 4

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址
  1. #1

    想不明白为什么作者用【绝对值】来作比喻作者的目标
    感觉这个“绝对值”与数学上的“绝对值”不太一样啊…..

    胡志明1年前 (2018-04-02)回复
    • 应该是选手的目标…

      胡志明1年前 (2018-04-02)回复
    • 不可按术语解释,而应该理解为“自己的极限”。

      hankcs1年前 (2018-04-03)回复
      • 明白了 十分感谢

        Huzhiming1年前 (2018-04-15)回复

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机