放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    Why join the Navy if you can be a pirate?

《日语综合教程》第六册 第十課 仮面の思想

目录

上外 《日语综合教程》 翻译注解。友情提示:点击生词后面的小数字可以跳转到解释,再次点击返回(Backspace键也可返回)。最后一页有翻译译文。

第十課 仮面の思想

本文

ニューギニア[1] 高地(こうち)[2] ()人々(ひとびと)は、ときに、()気味(ぎみ)としか()えない(よう)不思議(ふしぎ)扮装(ふんそう)[3] をする。まず石灰(せっかい)[4] などを材料(ざいりょう)にして、(からだ)()(しろ)()りたくる[5] 。もともとの皮膚(ひふ)(いろ)(くろ)いところに、()(しろ)(いろ)全身(ぜんしん)わたって[6] 涂るのだから、その姿(すがた)はまことに異様(いよう)[7] だ。民族(みんぞく)学者(がくしゃ)(はなし)によると、こうして(からだ)(しろ)くするのは死者(ししゃ)(れい)象徴(しょうちょう)するものだ、という。そんな(はなし)くと、いよいよ[8] 気味(きみ)(わる)くなる。

 (とき)には、その(うえ)(さら)仮面(かめん)[9] (かぶ)[10] メラネシア[11] 造形(ぞうけい)[12] 美術(びじゅつ)()いて()がつくのは、(しろ)(くろ)赤土(あかつち)[13] (しょく)(さん)(しょく)基調(きちょう)[14] にした大胆(だいたん)[15] 色彩(しきさい)[16] 配合(はいごう)[17] なのだが、その(さん)(しょく)()られた仮面(かめん)(かぶ)るので。部族(ぶぞく)[18] によっては(さら)(みの)[19] のようなものを身体(しんたい)(まと)写真(しゃしん)(つう)じてみているだけだからよく(わか)らないけど、その格好(かっこう)は、(すく)なくとも我々(われわれ)基準(きじゅん)からいうと、()[20] 妖怪(ようかい)[21] (たぐい)としか()いようが()い。

 だが、たまたま、(わたし)ニューギニア[22] 部族(ぶぞく)社会(しゃかい)のこうした民族(みんぞく)()[23] 勉強(べんきょう)していて、こういう姿(すがた)出会(であ)い、異様(いよう)[24] 感動(かんどう)()たれただけのことであって、よく(かんが)えてみれば、世界(せかい)もろもろ[25] 文化(ぶんか)には、ほとんど(ひと)つの例外(れいがい)もなく、仮面(かめん)というものが存在(そんざい)しているようなのである。インカ[26] アステカ[27] 遺跡(いせき)(なか)にも異様(いよう)仮面(かめん)があったし、また、キャプテン[28] ?クック(はじ)めて発見(はっけん)したときのハワイ[29] 王族(おうぞく)[30] は、(おお)きなひょうたん[31] のごとき(うり)[32] 中空(ちゅうくう)[33] にし、そこに目玉(めだま)[34] ()[35] (あたま)から(かぶ)っていた。銅版画(どうはんが)[36] (のこ)っているこの奇怪(きかい)[37] 仮面(かめん)は、これまたしげしげ[38] (なが)めてみると、あまり愉快(ゆかい)なものとは()えない。

 もっとも、(うつく)しいか奇怪(きかい)であるか、(あるい)愉快(ゆかい)であるか不愉快(ふゆかい)であるかといったようなことは、もっぱらそれぞれの文化(ぶんか)価値(かち)基準(きじゅん)(もと)づく[39] ものであって、一概(いちがい)[40] 動向(どうこう)[41] 判断(はんだん)できるものではない。我々(われわれ)日本(にっぽん)文化(ぶんか)(なか)にも、おかめ[42] ひょっとこ[43] 天狗(てんぐ)[44] といった一連(いちれん)[45] 仮面(かめん)があり、それらは(がい)して[46] ()うなら、滑稽(こっけい)さを(かん)じさせるものだけれども、()文化(ぶんか)(なか)(そだ)った(ひと)()れば、これらの仮面(かめん)グロテスク[47] ()気味(ぎみ)()えるかも()れぬ。こうしたことは、ことごとく[48] 相対(そうたい)(てき)问题なのである。


 [1]ニューギニア【ニューギニア】

新几内

 [2]高地①【こうち】

【名】

高地,高原。(高度の高い土地。)

△高地トレーニング。/高原训练

 [3]扮装◎【ふんそう】

【名】【自·三

装扮,打扮,扮演。(俳優が、その役柄らしく、身なりや顔かたちなどをつくり装うこと。また、その装い。一般に、ある人物などに似たかっこうをすることにもいう。

△王子に扮装をする。/扮演王子。

 [4]石灰◎②【いしばい】

【名】

石灰。氧化(生石灰)的俗称,有也指氧化(消石灰)。(酸化カルシウム(生石灰)の俗称。水酸化カルシウム(消石灰)を合わせていうこともある。せっかい。)

△石灰窯。/石灰窑。

 [5]塗りたくる④【ぬりたくる】

【他·一

胡抹乱涂。(むやみやたらに塗る。ごてごてと塗る。)

 [6]亙る②【わたる】

【自·二

1经过继续。(ひきつづく。)

△会議は一週間にわたって行われた。/会议举行了一个星期。

2)涉及,关系到。(およぶ。)

△話が私事にわたる。到个人私事。

 [7]異様◎【いよう】

【名·形

奇怪,奇异。(普通とは変わった様子であること。)

△異様な服装。/奇装异服。

△一種異様な音。/一种奇怪的声音。

△異様なやつ。/怪家伙。

△異様に思う。/着奇怪。

△妻の目が異様に光った。/妻子的眼睛异常地炯炯光。

 [8]いよいよ②【いよいよ】

【副】

1)愈益,,更加〔ますます〕

△台風がいよいよ激しくなる。/台大了。

△いよいよきれいになった。/得更美了。

△歩くほどにいよいよ近くなる。/越走越近了。

8月になっていよいよ暑くなりそうだ。/到了八月份,子更要了啊!

△勉強しなければならないという気持ちがいよいよ強くなる。/今后必努力学的决心越来越烈。

△これにより双方の友好関係はいよいよ強くなった。/由此一步加了双方的友好关系。

2)真的,果真,〔たしかに〕

△これでいよいよ間違いなしだ。这样就更不会有了。

△いよいよそれに相違なければ捨てておけない。/果真是那就不能置之不理。

△犯人はいよいよあいつに違いない。/犯人一定是那家伙。

3)到底,于〔ついに、いざ〕

△いよいよぼくの番だ。/到我了。

△いよいよ本降りだ。/(雨)于下大了。

△いよいよ明日出発します。/于明天要出了。

△いよいよここまで来てしまった。/到底是来到了此地。

4)最后,要关,键时刻〔いまや〕

△いよいよとなれば何でも売り飛ばすよ。/到了最后关我可要什么都掉。

△いよいよとなったら決意するさ。/到了要关会下决心的。

 [9]仮面◎【かめん】

【名】

;假面具。制成人或物等的形,戴在上的西;了掩真相的外表。(人間·動物などの顔の形に作り、顔につけるもの。種々の儀礼や演劇に用いる。面。マスク。真実を隠すためのみせかけ。)

△仮面を脱ぐ。/脱下假面具;露出真面目。

△仮面をはぐ。/剥去〔揭穿〕假面具。

 [10]被る②【かぶる】

【自他·一

1)戴。(着用する。)

△帽子を被る。/戴帽子。

2)蒙,盖。(おおう。)

△ふとんを頭から被る。/把被子一直蒙到上。

△がけがくずれて線路が泥をかぶった。崖塌方路被泥土盖上了。

3)套,穿。(首をとおして。)

△シャツを頭から被る。/把衣从上套上(穿上)。

4,灌,冲。(あびる。)

△甲板が波を被る。/浪冲上了甲板。

△頭から水を被る。/从水。

△家が火の粉を被る。/火星盖了房

5)蒙受,遭受;承担。(こうむる。)

△罰を被る。/遭受惩罚

△人の罪を被る。/替人承担罪

△負債を被る。/背上

6)〈写〉模糊,曝光。(露出過度。)

△暗室で光が漏れてフィルムが被る。/暗室漏光胶片曝光了。

 [11]メラネシア【メラネシア】

〈地〉美拉尼西M.

 [12]造形◎【ぞうけい】

【名·自サ】

造型。(形のあるものを作り上げること。)

△都市空間の造形。/城市空的造型。

 [13]赤土【あかつち】

(含有铁质的)粘土,褐土,赭土.【名】

黏土;褐土;赭土【日本地名】

 [14]基調◎【きちょう】

【名】

1)主音,主,基(楽曲の中心となる主要な調。)

△基調音を把握した上で演奏できる。/掌握好主后才能很好的演奏。

2)主音,基。(作品·行動·思想などの根底を一貫して流れる基本的な考え方。絵画·装飾などで、基本として使われている色。)

△ロマン主義を基調とした文学。/以浪漫主义为的文学。

△赤を基調とした絵。/以画。

3)基准,基本方。(大勢としての相場や経済情勢の基本的動向。

△対外政策の基調。/外政策的基本方

 [15]大胆◎【だいたん】

【名·形

大胆,胆子大,勇敢,无畏。(度胸がすわっていること。思い切りよくやってのけること。)

△大胆な発言。/大胆言。

△大胆な行動。/大胆的行

△なんて大胆な人だ。/多么大胆。

 [16]色彩◎【しきさい】

【名】

1色,色彩,彩色。(いろ。また、色のとりあわせ。)

△色彩を帯びる。/带颜色;色彩。

△色彩をつける。/上色;着色。

△色彩に富んでいる。/色彩丰富;艳丽

△壁には美しい色彩の絵が掛けてある。上挂着鲜艳的画。

2向,色彩,特色。事物的性向。〔物事の性質·傾向。

△保守的色彩。/保守向。

△官僚的色彩。/官僚色彩。

△地方的色彩。/地方色彩。

△偏った色彩のない人。/不偏的人。

△宗教的色彩が濃厚だ。/宗教色彩厚。

△政治的色彩を帯びる。/有政治色彩。

△まっ白な。/白苍苍

△まっ暗な。/黑乎乎,黑洞洞,黑茫茫,,黑漆漆。

△まっ黒な。/黑油油。

 [17]配合◎【はいごう】

【名·他·三

配合;配;混合。(2種以上の物を取り合わせること。)

△色の配合がよい。/色配得好。

△薬を配合する。/配

△配合飼料。/混合料。

 [18]部族【ぶぞく】

【名】

部族;宗族

 [19]蓑【みの】

【名】

蓑衣

 [20]お化け②【おばけ】

【名】

1)妖怪,妖精。〔ばけもの。〕

△お化け屋敷。/鬼的房子,凶宅。

2)丑陋看,奇形怪状。(形や大きさが異様なもの。)

△まるでお化けのような顔つきだ。/一副丑八怪相。

△お化けやかん。/奇形怪状的水

 [21]妖怪◎【ようかい】

【名】

妖怪,妖精。(日常の経験や理解を超えた不思議な存在や現象。)

△妖怪変化。/牛鬼蛇神;妖魔鬼怪。

△妖怪人間べム。/《妖怪人间贝姆》。(日本的漫,也被改连续剧影。)

 [22]ニューギニア【ニューギニア】

新几内

 [23]みんぞく‐し【民族誌】

(ethnography)特定の民族や集団の文化?社会に関する?フィールド‐ワークに基づいた具体的な記述?

 [24]

 [25]諸諸①【もろもろ】

【名】

多,种种,许许多多,一切。(多くのもの。さまざまのもの。また、多くの人。)

△諸諸の事情。/多事情。

 [26]インカ①【いんか】

【名】【西】Inca

印加人,印加王族。(南アメリカのペルー高原を中心に君臨した王、およびその部族。太陽を信仰し、高度の文明をもち、15世紀までに北はエクアドルから南はチリに及ぶ大帝国を建設した。

 [27]アステカぶんめい【アステカ文明】

〈歴史〉 __特克文明

 [28]キャプテン①【きゃぷてん】

【名】【英】captain

1)首,指者。(小さな組織の長。キャップ。)

△キャプテンからの指示に従って行動する。/听从首的指示行

2)船舰长。机。(船長。艦長。機長。)

△軍艦には、キャプテンは一番上の人だ。军舰舰长是最大的。

3队长。(競技などで、チームの主将。

チーム4のキャプテンをめていた。/担任Team4队长

 [29]ハワイ①【はわい】

【名】【英】Hawaii

夏威夷。(アメリカ合衆国、太平洋のほぼ中央部にあるハワイ諸島から成す州。)

△嵐はハワイでデビュー記者会見。在夏威夷行出道面会。

 [30]王族【おうぞく】

王族.·こうぞく(皇族)【名】

王族

 [31]氷炭◎①【ひょうたん】

【名】

冰与炭。(氷と炭。相違のはなはだしいものをたとえていう。)

△氷炭相いれず。/冰炭不相容;水火不相容。

△罪悪と幸福とは氷炭相いれない。/罪与幸福如同水火不相容。

△ふたりは氷炭相いれない仲だ。/两个人彼此水火不相容。

 [32]瓜①【うり】

【名】

1)瓜,瓜。(ウリ類、特にマクワウリの果実。また、ウリ科の蔓性一年草で有用なキュウリ·シロウリ·マクワウリ·スイカ·カボチャ·ヘチマ·トウガ·ユウガオなどの総称。)

△瓜に爪あり爪に爪なし。/瓜字有爪,爪字无爪。

△瓜のつるになすびはならぬ。龙凤。瓜蔓上不出茄子来。

△瓜二つ。/得一模一

2)家徽名。(紋所の名。瓜の実や花葉をかたどったもの。

 [33]中空◎【ちゅうくう】

【名】

1)空中;半空中,半空。(何もさえぎる物の無い、空の中ほど。)

△中空にそびえ立つ。/立在空中。

△中空にまいあがる。/(被)吹到半空中。

2)空心,内部空虚,中空。(空洞。)

△この置き物は中空になっている。个装品是个空壳。

 [34]目玉◎【めだま】

【名】

1)眼珠;眼球。(まなこ。)

△目玉をぎょろつかせる。/眼珠乱

△目玉が飛び出るほど高い。/价钱贵得惊人。

2)挨申斥。(にらみつけること。叱ること。)

△お目玉をくう。/挨一申斥。

3)吸引人的中心事物。(人の目を引く事柄。

△目玉番組。/目。

 [35]空ける◎【あける】

【自他·二

1)挖。〔突き抜く。〕

△鼠が壁に穴をあけた。/老鼠在上挖了个洞。

2)空开。〔間隔をひらく。〕

△机のあいだをもっと空けると通りやすくなる。/把桌子和桌子之多留点空儿就好通了。

1行あけて書く。/空开一行写。

△道を空ける。/路。

3)空出,倒出,出。〔からにする。〕

△あとから来る人のために席をあけておく。后来的人空出座位来。

△部屋を空ける。/出房;不在屋里。

△一ます空ける。/空出一个格。

△花瓶の水を空ける。/把花瓶里的水倒出去。

4)留出工夫;出身子。

△日曜日の午後はあけておきましょう。/星期日的午后我抽个空儿。

 [36]どうばん‐が【銅版画】‥グワ

銅板を原版とする版画の総称?凸版は例外で凹版が普通?中世ヨーロッパで発明?エッチング?アクアティント?メゾティントなど?

 [37]奇怪◎②【きかい】

【名·形

1)奇怪,古怪,离奇。(不思議なこと。怪しいさま。おかしいさま。)

△奇怪なうわさ。/奇怪的谣传

△これは奇怪きわまるデマである。/是离奇的言。

△奇怪な行動。/不可理解的行

2)不理,有此理。(けしからぬ事。きっかい。)

△奇怪千万だ。/有此理;咄咄怪事。

△奇怪千万な論法。/蛮不理的法。

 [38]繁繁①③【しげしげ】

【副】

1)屡次,繁,三番五次,常。(物事が、たび重なるさま。たびたび。何度も。)

△繁繁と通う。/繁地去。

2)凝,端(物をよくよく見るさま。じっと。つくづく。)

△相手の顔を繁繁と見つめる。/视对方的

 [39]基づく③【もとづく】

【自·一

1)根据,基于,按照;本着。(基礎にする。よりどころにする。)

△友好の精神に基づく。/本着友好的精神。

△憲法に基づいて。/根据法。

△法律に基づいて罰する。/依法惩处

△経験のみに基づいて判断を下してはならない。/不要只根据经验下判断。

2)由于;起因于;由……而来。(基として起こる。起因する。

△それは偏見に基づいた噂だ。/那是出于偏言。

 [40]一概【いちがい】

,一

 [41]動向◎【どうこう】

【名】

向。(個人·社会などが、現在および将来において、動いていく方向や傾向。)

△政局の動向を見る。察政局向。

△通信社は世界の動向を毎日さぐる。/通社每天探索世界的向。

 [42]おかめ【おかめ】

1)〔お面〕丑女假面具.

1)〔お面〕丑女假面具.

△おかめの面をかぶる/戴丑女假面具.

2)〔おたふく〕脸盘儿胖墩墩的女人,部扁平的)丑女人.

△おかめのくせに気どっている/一幅丑八怪相,装模作.丑女假面具,脸盘儿胖墩墩的女人,丑女人

 [43]ひょっとこ◎【ひょっとこ】

【名】

1)(一只眼小而嘴尖的)怪模怪的假面具。(火吹き竹で火を吹くときのように口をとがらせ、一方の目が小さい、こっけいな顔をした男の仮面。また、その仮面をつけた里神楽の道化役。)

2)丑八怪。(男性をののしっていう語。

 [44]天狗◎【てんぐ】

【名】

1)天狗。〔想像上の怪物。日本固有の山の神の一。また、鳶(とび)や烏(からす)と関係の深い妖怪の一。修験道の影響を受け山伏姿で鼻が高く赤ら顔、手足の爪が長くて翼があり、金剛杖·太刀·羽団扇(はうちわ)をもつ。神通力があり、飛翔自在という。仏道を妨げる魔性と解されることもある。〕

△天狗は妖怪だ。/天狗是妖怪。

2)自夸,自傲,尾巴(的人)。〔自慢する人。〕

△彼は釣り天狗だ。/他是个吹自己很会钓鱼的人。

△天狗になる。/自起来。

△天狗の鼻比べをやる。/各自相大吹大擂。

 [45]一連◎【いちれん】

【名】

1)一串,一系列。(ひとつながりになっていること。)

△一連の事件を調査する。/调查串的事件。

△一連の措置をとる。/采取一系列措施。

2)一串。(縄でつらねたもの。ひとつながりになっているもの。)

△一連の玉。/一串珍珠。

3)一令。(連で数えるものの一つ。連は洋紙の取引上の単位。平判では1000枚、巻取紙では規定寸法の1000枚分、板紙では100枚を1連とする。

 [46]概して①【がいして】

【副】

的来看,大体。体上看。(大体において。一般に。)

△ここの生徒は概しておとなしい。这边的学生体来说还是挺听的。

 [47]グロテスク③【グロテスク】

【形】【法】grotesque

奇怪,奇异,奇形怪状,的。(異様で気味の悪いさま·)

△グロテスクなかっこう。/奇形怪状的子。

△グロテスクな怪獣の絵。/奇异的怪兽图

 [48]ことごとく③【ことごとく】

【名·副】

所有,一切,全部,全都。(すべて。残らず。

△一同ことごとく疲労していた。/全都疲了。

△そのことはことごとく承っています。/那个道理我全了解。

转载须注明:码农场 » 《日语综合教程》第六册 第十課 仮面の思想

分享到:更多 ()

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机