放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法

《日语综合教程》第七册 第四課 わたしの夏——1945年・広島

この絶望(ぜつぼう)(てき)状況(じょうきょう)にあって、だれひとり苦情(くじょう)をいわなっかた。あまりに負傷者(ふしょうしゃ)たちのおとなしかったことが、あの人々(ひとびと)への(いた)みを、(かぎ)りなく(ふか)くする。まれに、「わたしの(ばん)はまだでしょうか。」と、遠慮勝(えんりょが)[1] ()(ひと)があって、()()簿()()ってみれば、()(どく)なことに、順番(じゅんばん)はまだ何十人(なんじゅうにん)(さき)なのだった。

手術(しゅじゅつ)現場(げんば)は、一度(いちど)ものぞいていない。()()[2] (しつ)すり[3] ガラス(がらす)[4] ()こう(がわ)が、祖父(そふ)と、看護婦(かんごふ)さんたちの()()[5] 、こちら(がわ)が、大家族(だいかぞく)[6] のうち、乳飲(ちの)()[7] (かか)えていなかった(おんな)たちの、下働(したばたら)[8] ()だった。といっても、()しかける(じゅう)(しょう)[9] (しゃ)への対応(たいおう)だけで、きりきり[10] ()いし、具体的(ぐたいてき)には(なに)をしていたか、はっきりと(おも)()せない。

医療(いりょう)心得(こころえ)[11] のない(わたし)など、実際何(じっさいなん)(やく)にも()たなかった。「(みず)……(みず)……。」と(うった)える人々(ひとびと)(あいだ)を、薬缶(やかん)[12] 湯飲(ゆの)[13] ()って(はし)(まわ)っているだけで、(あさ)(よる)になり、(よる)(あさ)になった。その(みず)さえ、「(きず)(わる)いから……。」と自重(じちょう)[14] して、だれもが(くち)湿(しめ)[15] ほどしか()まなかった。そして病院(びょういん)事実上(じじつじょう)[16] (しゅう)(よう)[17] (じょ)()ねた[18] この3(みっ)日間(かかん)に、その重傷者(じゅうしょうしゃ)たちから、(わたし)もたっぷり()()(ほう)(しゃ)(のう)[19] ()びることになったのだが。

(わたし)がたまたま薬局(やっきょく)[20] にいたとき、(むぎ)(わら)[21] (ぼう)()少女(しょうじょ)(まど)にきて、すがる[22] ように()った。

(とう)さんが、治療(ちりょう)()けて(かえ)りましたが、高熱(こうねつ)[23] ()して(くる)しみよります。先生(せんせい)往診(おうしん)[24] してもらわれんでしょうか。」

それは(ゆめ)のような希望(きぼう)だった。まだ最初(さいしょ)治療(ちりょう)()けられない負傷者(ふしょうしゃ)が、ばたばた[25] ()んでゆくなかで、(かの)(じょ)自身(じしん)(ひゃく)承知(しょうち)のその事実(じじつ)(たて)に、(ことわ)るよりなかった。その段階(だんかい)高熱(こうねつ)(はっ)した(れい)は、おおかた希望(きぼう)がもてないのだった。少女(しょうじょ)(まど)鉄格子(てつごうし)[26] にしがみついた。

「では、せめて(くすり)をください。せめて、(ねつ)さまし[27] でも。」


 [1]えんりょ‐がち【遠慮勝ち】ヱン‥

言葉や態度が控え目であるさま??―に部屋の片隅に座る??―にものを言う?

 [2]外科◎【げか】

【名】

外科。或体内各种疾病通的一个医学分科。(外傷や体内の諸疾患を手術や処置によって治療する医学の一分科。)

△整形外科。/整形外科。

△外科医。/外科大夫;外科医生。

 [3]刷り②【すり】

【名】

1)印刷(的效果)(de)。(印刷すること。また,印刷の具合。)

△刷りの悪い本。/印刷很差的

2)向丝绸上印花。(草木の汁で布に文様を染めつけること。)

△刷りの時に布目が出てしまうことがある。/印花的候布可能会显现出来。

 [4]ガラス◎【がらす】

【名】【荷】glas

玻璃;光玻璃。(古代から知られてきたケイ酸塩を主成分とする硬く透明な物質。)

△網ガラス/铁纱玻璃。

△くもりガラス/毛玻璃。

△耐熱ガラス/耐玻璃。

△ガラス越しに見る/隔玻璃看。

△ガラスばりの政治/光明磊落的政治。

△ガラス障子/玻璃格窗。

△ガラス糸/玻璃

△ガラス切り/玻璃刀;金钢钻刀。

△ガラス戸/玻璃

△ガラス·コップ/玻璃杯。

△ガラスびん/玻璃瓶。

△ガラスまど/玻璃窗。

△ガラス管/玻璃管。

△ガラス繊維/玻璃纤维

△ガラス細工/玻璃工品。

 [5]持ち場③【もちば】

【名】

工作位,守;职权,管区域。(受け持ちの場所。担当の部署。)

△持ち場を守る。/位。

△持ち場が違う。/工作位不同。

△最後まで持ち場を離れるな。守工作位到最后。

 [6]大家族③【だいかぞく】

【名】

1)大家族。(直系家族のほかに傍系親族までも含む多人数の家族。

△大家族主義。/家族主

2)大家庭;人数多的家庭。(多人数の家族。)

 [7]乳飲み子【ちのみご】

乳儿,儿,吃奶孩子

 [8]下働き③【したばたらき】

【名】

1)在人手下〔底下〕工作,打下手,助手,配手。(人の下について働くこと。また、その人。下回り。

2)工友,炊事,勤q,跑腿儿,打儿。(炊事·掃除など、こまごました雑用をすること。また、その人。下回り。

△下働きをする。/当工友。

△下働きの女性。/女勤工。

 [9]重傷◎【じゅうしょう】

【名】

。(重い病気。重い症状。)

△重傷を負う。/

△ひん死の重傷を負う。/受致命

 [10]きりきり①【きりきり】

【副】

1吱吱声而旋,滴溜溜地旋(きしんで回るようす。)

△スケート選手が片足できりきりと回る。/溜冰手用一只脚(在冰上)滴溜溜地

2)使拉,紧紧卷。物体紧紧缠绕拉状。(ひもなどを強く巻きつけるさま。)

△きりきりと弓を引きしぼる。/使把弓拉

△細引をきりきりと巻きつける。/把细绳紧紧上。

3痛,痛。(ひどく痛むようす。)

△下腹がきりきり痛む。/下腹部疼。

△頭がきりきり痛む。头剧痛。

4)敏捷,麻利,利落,利索。(てきぱきしたようす。)

△きりきり立ち回る。/敏捷地周旋。

△きりきり立ち働く。/干活挺麻利。

5)嘎吱嘎吱。(もののきしる音。)

△奥歯をきりきりと食いしばる。/大牙咬得嘎吱嘎吱响。

 [11]心得③④【こころえ】

【名】

1经验,知,心得,体会。(技能などを身につけていること。)

△医師の心得がある。/有医

△茶道には心得がない。/于茶道是外行。

△ピアノにはいささか心得がある。琴稍微懂得一点。

△礼儀の心得がない。/不懂礼貌。

2规则。(承知しておくこと。

△生徒心得。/学生知。

△執務心得。/规则

△受験の心得。/应试须知。

△入園者の心得を守りましょう。/要遵守游园人知。

△夏休みの心得を話す。明暑假中的注意事

3)代理。代。(下級の物が仮に上級の物の職務を司るときの名称。

△校長心得。/代理校

△課長心得。/代理科

 [12]薬缶◎【やかん】

【名】

铁壶,水。(湯を沸かすための道具。「薬缶頭」の略。)

△薬缶の口。/水嘴。

△薬缶のつる。/水提梁。

△薬缶のふた。/水盖儿。

△薬缶で湯を沸かす。/用壶烧水。

△薬缶がちんちんいっている。/水响。

△薬缶を火にかける。/把水坐在火上。

 [13]湯飲み③【ゆのみ】

【名】

茶杯。茶碗。(お湯を飲む器。湯飲み茶わんの略語。)

△プレゼントとして、妻にきれいな湯飲みを送った。/作礼物,送妻子一个很漂亮的茶杯。

 [14]じちょう【自重】

(1)〔態度を〕自重zìzhòng,zìài,慎重shènzhòng.

前途有望のきみだ,~してください/你是个前途有yǒuwéi的人,(凡事)自己珍重.

われわれは今後いっそう~しなければならない/今后必更加慎重.

(2)〔身体を〕保重bǎozhòng,珍重zhēnzhòng.

くれぐれも~してください/格外保重.

ご~のほどお祈り申し上げます/多保重;祝您好自珍zhēnshè.

 [15]湿す②【しめす】

【他·一

1)弄湿。(水分を少し与える。しめらす。)

△ガーゼを湿して傷口をふく。/弄湿布盖在口上。

△のどを湿す。/

2)沾墨;写信。(筆に墨をつける。転じて、手紙を書く。)

3火;关灯。(水でぬらして火を消す。灯火などを消すことにもいう。)

 [16]事実上②【じじつじょう】

【副】

实际上,事上。(事実としてそうであること。実際。)

△事実上の標準。/事上的准。

 [17]収容◎【しゅうよう】

【名·他·三

收容,容。(人や物を一定の場所や施設に入れること

△強制収容所。/集中

△捕虜収容所。/俘收容所。

△このコンサート·ホールの収容人員はなん人ですか。个音乐厅能容多少人·

 [18]兼ねる②【かねる】

【他·二

1)兼。(ある事のみでなく他の事物をもあわせふくめる。)

△墓参りを兼ねて田舎へ帰った。/兼墓回下去了。

△大は小を兼ねる。/大能兼小。

2)兼任。(本務の外に他の職をもあわせてする。)

△首相が元首を兼ねる。/首相兼任元首。

△ふたつのクラスの担任を兼ねる。/兼任两班的班主任。

3以。(…することができない。)

△承諾し兼ねる。/碍难应允。

△納得し兼ねる。/以理解。

△ちょっと断り兼ねる。/有些不好意思拒;碍

△お引き受けいたしかねます。/碍承担;以承担。

4)(…かねない)很可能。(…やすい。)

△大事故になりかねない。/很可能招致大事故。

 [19]放射能③【ほうしゃのう】

【名】

放射能。(放射性物質が放射線を出す現象または性質。)

△放射能による汚染。/放射性染。

△放射能を浴びる。/受到放射线辐射。

△放射能灰。/放射性微粒。

△放射能塵。/放射性'

△自然放射能。/天然放射能。

△人工放射能。/人工放射能。

△放射能系列。/放射系。

 [20]薬局◎【やっきょく】

【名】

1)医院的房,取药处(医院·病院などで、薬剤を調合する所。

△薬局員。/药剂员调剂员

2药剂师开的药铺(薬剤師が調剤する場所、また店。

△薬局に寄る。/便去下店。

 [21]麦藁◎【むぎわら】

【名】

,麦秸.草帽.

 [22]すがる②【すがる】

【自·一

1)穿入。(すげられる。)

△げたの緒がすがる。/木屐穿上了。

2上。(はめこまれる。)

△人形の首がすがる。/洋娃娃的袋嵌上了。

 [23]高熱◎【こうねつ】

【名】

,高。(高い温度。高い体温。)

△高熱に冒される。/患高

△高熱を発する。/

△高熱でうわ言をいう。

△高熱反応。/高温反

 [24]往診◎【おうしん】

【名】【自·三

。(医師が患者の家に行って診察すること。)

△往診をたのむ。/医生往

△往診料。/出诊费

 [25]ばたばた①【ばたばた】

【副】【自·三

1)吧嗒吧嗒。(つづけざまに当たる音。)

△鳥が羽をばたばたさせる。拍翅膀。

2)吧嗒吧嗒。(足音。)

△ばたばたと走り回る。/吧嗒吧嗒地来回跑。

△廊下をばたばたと歩く。/在走廊里扑地走。

3)相倒下。(つづけざまに倒れるようす。)

△兵士たちは飢えと寒さのためばたばた倒れてゆく。寒交迫而一个接一个地倒下。

4利。(はかどるようす。)

△ばたばた売れる。/畅销

△仕事がばたばたかたづく。/麻利地做完工作。

△このところ友だちがばたばたと結婚する。/最近朋友一个接一个地婚(了)。

5)慌。(慌てるようす。)

△中国訪問を控え,ばたばた日を過ごす。/面临访中,每天慌慌张张的。

6)繁忙。

 [26]鉄格子【てつごうし】

 [27]熱冷まし③【ねつさまし】

【名】

退烧药;解热剂(熱を下げる薬。解熱剤。

△熱冷ましを飲む。/吃退烧药

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第七册 第四課 わたしの夏——1945年・広島

评论 欢迎留言

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址

我的作品

HanLP自然语言处理包《自然语言处理入门》