放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    This thing called love. Know I would've. Thrown it all away. Wouldn't hesitate.

《日语综合教程》第七册 第七課 城の崎にて

 

    はちの死骸(しがい)(なが)され、自分(じぶん)眼界(がんかい)[1] から()えて()もないときだった。ある午前(ごぜん)自分(じぶん)円山川(えんやまかわ)、それからそれの(なが)()日本海(にっぽんかい)などの()える東山公園(ひがしやまこうえん)()くつもりで宿(やど)()た。「(いち)()」の(まえ)から小川(おがわ)[2] 往来(おうらい)[3] ()(なか)(ゆる)やかに(なが)れ、円山川(えんやまかわ)(はい)る。ある(ところ)まで()ると(はし)だの(きし)[4] だのに(ひと)()って(なに)(かわ)(なか)(もの)()ながら(さわ)いでいた。それは(おお)きなねずみを(かわ)()()んだ[5] のを()ているのだ。ねずみは一生懸命(いっしょうけんめい)(およ)いで()げようとする。ねずみには(くび)のところに7()(すん)ばかりの(さかな)ぐし[6] ()(とお)して[7] あった。(あたま)(うえ)3()(すん)ほど、のどの(した)3()(すん)ほどそれが()ている。ねずみは石垣(いしがき)[8] はい()がろう[9] とする。子供(こども)2()3()(にん)40(40)ぐらいの車夫(しゃふ)[10] 1()(とり)、それへ(いし)()げる。なかなか()たらない。カチッ[11] カチッと石垣(いしがき)[12] ()たって()(かえ)った。見物人(けんぶつにん)[13] 大声(おおごえ)(わら)った。ねずみは石垣(いしがき)(あいだ)にようやく前足(まえあし)[14] をかけた。しかし(はい)ろうとすると(さかな)ぐしがすぐにつかえた。そしてまた(みず)()ちる。ねずみはどうかして(たす)かろうとしている。(かお)表情(ひょうじょう)人間(にんげん)にわからなかったが、動作(どうさ)表情(ひょうじょう)に、それが一生懸命(いっしょうけんめい)であることがよくわかった。ねずみはどこかへ()()むことができれば(たす)かると(おも)っているように、(なが)くし[15] ()されたまま、また(かわ)()(なか)のほうへ(およ)()た。子供(こども)車夫(しゃふ)はますますおもしろがって[16] (いし)()げた。わきの(あら)()(まえ)(えさ)をあさっていた2()3()()あひる[17] (いし)()んでくるのでびっくりし、(くび)()ばしてきょろきょろ[18] とした。スポッ、スポッと[19] (いし)(みず)()()まれた。あひるは頓狂(とんきょう)[20] (かお)をして(くび)()ばしたまま、()きながら、せわしく(あし)(うご)かして上流(じょうりゅう)[21] のほうへ(およ)いでいった。自分(じぶん)はねずみの最期(さいご)()()がしなかった。ねずみが(ころ)されまいと、()ぬに()まった運命(うんめい)(にな)いながら、全力(ぜんりょく)()くして()(まわ)っている様子(ようす)(みょう)(あたま)についた。自分(じぶん)(さび)しい(いや)気持(きも)ちになった。あれが本当(ほんとう)なのだと(おも)った。


 [1]眼界◎【がんかい】

【名】

1野。(目に見える範囲。視界。)

2)眼界。(考えの及ぶ範囲。)

△彼は眼界が広い。/他的眼界宽阔

 [2]小川◎【おがわ】

【名】

小河。(細い流れの川。小さい川。)

△小川がさらさらと流れる。/小河水哗哗地流着。

 [3]往来◎【おうらい】

【名】【自サ】

1)往来,通行。(ゆきき。)

△人の往来が絶えない。/行人来往不

△乗りものの往来がはげしい。/来往的车辆很多;马龙

△車がひっきりなしに往来する。/车辆不断地来往。

△夜10時以後は往来禁止だ。/晚上十点以后禁止通行。

2)道路;大街;路;公路。(道路。通り。)

△家は往来からはすこしひっこんでいる。/房子从稍微后一些。

3)交,来往;往返;回,徘徊。(互いにゆききすること。訪問。)

△子どものころの思い出が脳裏を往来する。/儿童代的回子里回。

 [4]岸②【きし】

【名】

1)岸,地与水相接之。(陸地が水と接するところ。)

△海の岸。/海岸。

△あらしで船が岸に吹きつけられた。/船被暴吹到岸

2)崖,崖,壁。土地的峭立。(土地の切り立った所。がけ。)

 [5]投げ込む④◎③【なげこむ】

【他五】

投入,投。(投げて入れる。また、無造作に投げ入れる。)

△ごみを川に投げ込むな。/不要把垃圾扔河里。

 [6]うお‐ぐし【魚串】ウヲ‥

魚を焼く時に刺して用いる串?竹?真鍮しんちゅう?鉄などで作る?

 [7]刺し通す③◎【さしとおす】

【他·一

刺穿。(先のとがったもので反対側まで穴をあける。また、その穴にひもなどを通す。)

△短刀を胸に刺し通す。/用匕首扎穿胸部。

△竹串を肉に刺し通す。/把竹子穿在肉上。

 [8]石垣◎【いしがき】

【名】

石垣,石,石围墙。(大きな石や岩を壁のように積み重ねたもの。)

△城の石垣。/石砌的城

 [9]這い上がる④【はいあがる】

【自五】

1)爬上,攀登。(はって上がる。はうようにして上にあがる。)

△がけを這い上がる。/攀登崖。

2)爬上来。(苦労して悪い状態を切り抜ける。ある地位に達する。)

△最下位から這い上がる。/从最后一名爬上来。

 [10]車夫①【しゃふ】

【名】

夫。(人力車を引く人。車引き。)

△お抱えの車夫。/自家雇佣的夫。

 [11]かちっ②【かちっ】

【副】

,喀。( 堅くて小さい物が打ち当たったときに出る音を表す語。また、ゆるみがなくしっかりとしているさま。)

△かちっスイッチを入れる。/喀一声打开开关。

 [12]石垣◎【いしがき】

【名】

石垣,石,石围墙。(大きな石や岩を壁のように積み重ねたもの。)

△城の石垣。/石砌的城

 [13]見物人◎【けんぶつにん】

【名】

游客。(見物する人。みて。観客。)

△被災地の見物人。/受灾地的游客。

 [14]前足◎①②【まえあし】

【名】

兽类的)前足;前肢。(獣類の前方の両足。または足を前後に開いたときの、前の方の足。)

△前足を上げる。/提前足。

△前足で地面をかく。/用前脚扒地。

 [15]串②【くし】

【名】

子。(先端のとがった、鉄·竹·木などの細い棒。)

△肉や野菜を串に刺して焼く。/把肉和青菜穿在子上烤。

△いっぺんに団子を3串も食べた。/一下子吃了三串年糕子。

 [16]面白がる⑤【おもしろがる】

【自他·一

有趣。(面白いと思う。おかしがる。)

△しゃれを聞いて面白がる。/听俏皮话觉得有趣。

△小説を面白がって読む。/津津有味地

 [17]あひる◎【アヒル】

【名】

子,家。雁科的水禽,绿头鸭经改良的家禽。肉、蛋供食用,羽毛用于被褥等。(ガンカモ科の水鳥。マガモを改良した飼い鳥。肉·卵は食用、羽毛は布団などに用いる。

△あひるの丸焼き。/烤

△みにくいあひるの子。/丑小

 [18]きょろきょろ①【きょろきょろ】

【副】

东张西望。(何かを探し求めたり,とまどったり,あわてたりして,あたりを落ち着きなく見回すさま。けろけろ。)

△きょろきょろと見回す。/毛毛腾腾地四下乱看。

△目をきょろきょろさせる。/眼睛溜儿

△なにをきょろきょろしているのか。/你直眉瞪眼地看什么?

△あたりをきょろきょろさがす。/四下里摸;东张西望寻视四周。

 [19]すぽっ‐と

〔副〕

物が穴から勢いよく抜けたり?はまり込んだりする音?また?そのさま??コルク栓を―抜く?

 [20]頓狂①【とんきょう】

【形動】

突然做出狂似的;突然狂叫

 [21]上流◎【じょうりゅう】

【名】

1)上流,上游。(川の流れの水源に近い部分。川上。みなかみ。)

△川の上流に滝がある。/河流上游有瀑布。

△上流へさかのぼる。/溯流而上。

2)上流(人士),上。〔社会の上位。〕

△上流に育った人。/在上流社会大的人。

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第七册 第七課 城の崎にて

评论 3

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址
  1. #2

    阿婆主是不是一个一个词条查找粘贴过来排版好的 真的辛苦了 不知道还有没有机会看到第八九课www

    森野信子2年前 (2020-11-20)回复
  2. #1

    足に毛の生えた大きな川がにが石のようにじっとしている 川字后面缺了一个字就是;蟹

    opop5年前 (2017-09-30)回复
    • 应该是没缺的,川がに→川蟹 这样

      lotus3年前 (2019-08-02)回复

我的作品

HanLP自然语言处理包《自然语言处理入门》