放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    时间有限,只有GitHub上的issue能及时处理,大约每周末一次。另外,不要叫我楼主,谢谢。

《日语综合教程》第七册 第一課 二つの川のほとりで

目录

上外 《日语综合教程》 翻译注解。点击生词后面的小数字可以跳转到解释,再次点击返回(Backspace键也可返回)。最后一页有翻译译文。

第一課 二つの川のほとりで

本文

馬場(ばば)あき()

 

(さか)(くだ)ると(ちい)さな(かわ)にぶつかる。この(かわ)はすぐその下手(しもた)[1] 麻生(あそう)(がわ)合流(ごうりゅう)する片平(かたひら)(がわ)である。合流(ごうりゅう)地点(ちてん)には小橋(こばし)がかかっている。この小橋(こばし)(うえ)()つと、(なつ)(ほたる)[2] (かお)にぶつかるほど()んでいたという名所(めいしょ)である。ほんの、三十(さんじゅう)(ねん)ほど(まえ)のことだ。(いま)フェンス[3] (たか)()っても、()(びん)とか、()(かん)とか、発泡(はっぽう)スチロール[4] (はこ)や、ビニール(ぶくろ)などが()えず()()まれ、ある猥雑(わいざつ)[5] (きたな)らしさ[6] ()せている。

 (かわ)歴史(れきし)(なが)いが、(ほろ)びは(はや)い。(わたし)がこの(かわ)出会(であ)ったのは18(ねん)ほど(まえ)のことだが、そのことは()みとおった[7] (みず)(うつく)しさが印象(いんしょう)(てき)だった。(すこ)川上(かわかみ)[8] 草木(くさき)(てら)という(てら)があった。戦後(せんご)信州(しんしゅう)[9] からここに(うつ)()んだ[10] 染色(せんしょく)[11] ()山崎(やまざき)(せい)(じゅ)さんが、草木(くさき)[12] ()[13] (うつく)しい(ぬの)()()したところだ。片平(かたひら)(がわ)ほとり[14] 関東(かんとう)有数(ゆうすう)[15] わき(みず)[16] 地帯(ちたい)[17] で、多摩丘陵(たまきゅうりょう)[18] 雑木(ざつぼく)[19] (やま)()みとおった地下(ちか)(すい)[20] (ゆた)かに(たも)っている。あふれ()(みず)(ちい)さな野川(のがわ)[21] なして[22] ()んぼ[23] (あいだ)子守(こもり)(うた)[24] のようなやさしい音色(ねいろ)[25] をたてて(なが)れていた。草木(くさき)()めはそんなきれいな(せい)(せん)[26] (すい)()め、さらされて[27] いたのだ。しかし(わたし)片平(かたひら)()(はじ)めたころ、山崎(やまざき)さんはもうこの()()てて群馬(ぐんま)(けん)[28] 烏川(からすがわ)[29] のほとりに(うつ)って()かれた。より(ゆた)かなより清冽(せいれつ)(みず)(へん)(もと)められたのだろう。


 [1]下手◎③【しもて】

【名】

1)下;下游。(下の方。下座の方。川の下流。)

△下手に座る。/坐在下方。

△この川の下手に大きな橋がある。/在河的下游有座大

2)(从众方面看)舞台的左(芝居の舞台の、見物席から見て左の方。)

△一人の男が下手から登場する。/一个男人从舞台左

 [2]蛍①【ほたる】

【名】

火虫。(ホタル科の甲虫の総称。体長5~20mmほど。体色は黒·赤·黄などが組み合わさる。日本には20数種が知られ、約10種は腹部が発光·明滅する。幼虫は清流にすみ、6月頃羽化する。くさのむし。なつむし。)

△小川のほとりに無数の蛍が光っていた。/小河上,数不清的火虫在光。

△蛍が消えた。/火虫不了。

△蛍の光。/光(曲)。

△蛍合戦。/火虫乱

 [3]フェンス①【フェンス】

【名】【英】fence

1栅栏围栏。(柵。

△建物のまわりにフェンスをたてる。/在建筑周修起围墙

2)(在棒球球等周的)网,挡墙围栏(野球のグラウンドなどを囲む塀。)

△打球がフェンスを越す。/球打出挡墙

 [4]発泡スチロール[U]

はっぽうスチロール

[7]〔発泡スチロール〕〈名〉

合成樹脂の一種で?中にあわ状の空間があり?白くて軽い?弾力があるため?こわれやすい品物の荷造りのつめものに使う/合成脂的一种,有小气孔,白而?因有力用于怕碰物品包装的填充物?泡沫塑料?

 [5]猥雑◎【わいざつ】

【名·形

乱,下流而乱。(ごたごたと入り乱れていること、みだらで下品なこと。また、そのさま。)

△猥雑な感じ。/乱的感

 [6]汚らしい⑤【きたならしい】

【形】

肮脏的;令人作呕的;卑鄙无耻的。(いかにも不潔な感じである。)

△汚らしい服をしている。/穿衣服。

△汚らしい部屋を掃除する仕事。/清扫脏房子的工作。

 [7]追う②◎【おう】

【他·一

1)追。赶。追赶。追逐。(先に進むものに及ぼうとして急いでいく。おいかける。)

△ねこがねずみを追っている。/猫在追老鼠。

△全速力で先発隊のあとを追う。/以最大速度追赶先遣部

△どろぼうは追われて路地に逃げこんだ。/小被追跑胡同里。

△牧草を追って移動する。/逐牧草而移。

2)追求。求。(場所や物などを目指して進む。追い求める。)

△理想を追う。/追求理想。

△流行を追う。/赶髦。

△個人の名利ばかりを追う。/一心追求个人名利。

3逐。赶开。赶走。走。走。(ある場所や地位から退ける。追放する。)

△はえを追う。/赶苍蝇

△彼は公職を追われた。/他被开除了公

4)赶。赶。迫使其前。(かりたてる。)

△かけ声とともに牛を追う。喝着赶牛。

5)循序。随着(时间)。按照(序)。逐……((事の順序、時の流れ、先人の後などに)従って行く。)

△回を追う。/逐次。

△順序を追って説明する。/按序解

6)(以「…におわれる」的形式)催逼。忙于。忙迫。(せきたてる。)

△毎日仕事に追われて休むひまがない。/每天叫工作赶得没有休息的空。

△このところずっと翻訳の仕事に追われている。/目前一直忙于翻工作。

 [8]川上◎【かわかみ】

【名】

上游,上流。(川の水の流れを遡った方。みなかみ。上流。)

△川上から材木を流す。/从上流往下流放木材。

△川上3キロの所に村がある。/上游三公里有个村庄。

 [9]信州【しんしゅう】

日本古代的国家之一,信国的称。在的

“信州麦”和“信州味噌”的源地,有“信州大学”等国立大学。

 [10]移り住む④【うつりすむ】

【自·一

移居。(他の土地に移住すること。特に、開拓·商売などの目的で、海外に居住地を変えること。

 [11]染色◎【せんしょく】

【名·他·三

1)染的色,上的色。〔染めた色。〕

△この布の染色は良くない。种布料的染色效果不好。

2)染色,上色。〔染めること。〕

△染色が悪いと色が落ちる。/染得不好会退色。

△白生地を染色する。/染白色。

△染色工場。/染厂,染色车间

 [12]草木②【くさき】

【名】

草和,植物,草木。(草と木。そうもく)

△草木にも心を置く。/草木皆兵;惊慌疑神疑鬼。

△草木もなびく。/人所敬服。

△草木も眠る丑三つ時。/(万俱寂的)深更半夜。

△草木も揺がず。/天下升平;天下太平。

 [13]染め◎【そめ】

【名】

染,染(的)色(de)。(染めること。また、染めたもの。染めた色。また、その具合。)

△和服を染めに出す。/把和服送去染。

△染めのいい布地。/染色很好的布料。

 [14]ほとり◎③【ほとり】

【名】

,畔,旁。(川や池などの水際。ある地点の周囲一帯。)

△湖のほとり。/湖畔。

△河のほとりを散歩する。/在河散步。

 [15]有数◎【ゆうすう】

【形

有数,屈指可数,数不多。(とりたてて数えるほど際立っていること。)

△ここは中国でも有数の観光地だ。里是在中国也屈指可数的光地。

△日本は世界有数の漁業国である。/日本是世界有数的渔业国家之一。

△世界有数の学者。/世界上屈指可数的学者。

△世界有数の大都会。/世界有数的大城市。

 [16]わき水【わき水】

涌泉;自流泉

 [17]地帯①【ちたい】

【名】

,地区。(ある状況の特定の地域。

△工場地帯。/工厂区。

△山岳地帯。/山岳地区,多山地区。

△砂漠地帯。/沙漠地

△非武装地帯。/非事区。

△安全地帯。/安全地,安全

△揚子江の水は広大な平原地帯をうるおす。江水灌着广大的平原地区。

 [18]たま‐きゅうりょう【多摩丘陵】‥キウ‥

多摩川中?下流の南側?東京都南部から神奈川県北部にかけて広がる標高100180メートルの丘陵?近年?住宅地として開発が進む?

 [19]雑木【ざつぼく】

,杂样,不成材的.【名】

 [20]地下水②【ちかすい】

【名】

地下水。(地中の土砂や岩石のすきま·割れ目などに存在する水。自由地下水と被圧地下水とがある。

 [21]の‐がわ【野川】‥ガハ

野辺の小川?

 [22]如す◎【なす】

【副】

似……的。(まるで。)

△山如す大波。/如山的巨浪。

△玉如す汗。/大汗淋漓。

 [23]田んぼ◎【たんぼ】

【名】

田,水田,稻田。(田、田地。

△昔この辺は田んぼだった。/以前,是水田。

 [24]子守歌③【こもりうた】

【名】

摇篮曲,催眠曲。(子供をあやし、または寝つかせるときに歌う唄。また、その情景を模した歌曲·器楽曲。日本には、雇われた子守女がそれに託して自己の感情を歌ったものが多い。ララバイ。揺籃歌。)

△子守歌を歌って子どもを寝かす。/唱摇篮曲哄孩子睡。

 [25]音色◎【ねいろ】

【名】

音色。(高さ·大きさとともに音の三要素の一。)

△音色がよい。/音色好。

△きれいな音色の出る笛。/音色美好的笛子。

 [26]井泉◎【せいせん】

【名】

井水。(井戸。また、井戸の水。

 [27]曝す◎【さらす】

【他五】

1)〔日光や風雨に〕[日光に]晒,曝晒;[風雨に]让风吹雨打.

△日に曝す/晒.

2)〔身をまかす〕暴露,抛露.

△危険に身を曝す/置身.

△醜態を曝す/出丑.

△白日のもとにさらされる/暴露在光天化日之下.

3)〔漂白する〕漂白.

△布を曝す/漂布.

4)〔首を〕示众;示众刑.

△首を曝す/首示众.

 [28]群馬県【ぐんまけん】

【日本地名】

 [29]烏川【からすかわ】

【日本地名】

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第七册 第一課 二つの川のほとりで

分享到:更多 ()

评论 10

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址
  1. #5

    日语综合教程第七册第一课 两河之畔 (2010-05-24 17:43:46)[编辑][删除]转载▼
    标签: 日语 综合教程 马场秋子 环保 分类: 日语综合教程第七册
    日语综合教程第七册第一课 两河之畔

    翻译:王志镐

    作者介绍:马场秋子(馬場あき子) ,1928年生于东京,本名岩田晓子。作为歌人活跃的同时,作为古典文学和能乐的评论家,还作为具有细致感觉的随笔家开展活动。主要作品有歌集《飞花抄》、《樱花传承》、《马场秋子歌集》、评论《式子内亲王》、《鬼的研究》等。1993年以《阿古父》获“读卖文学奖”。

    正文:
    一下坡,就遇到一条小河。就在这条小河的下面,是与麻生川合流的片平川。汇合的地点架着一座小桥,夏天在这座小桥上站着,可以看到萤火虫在飞,几乎多到扑面而来的程度,被誉为名胜之所在。不过那已经是几乎三十年前的事情了。现在那里围墙高高筑起,空瓶、空罐、塑料泡沫盒、塑料袋等被不断扔进河里,看上去杂乱无章,令人作呕。
    小河虽历史悠久,却早已惨遭毁灭。我与这条小河相会,已经是十八年前的事了,那时给我留下了河水清澈见底的美好印象。在河的稍稍上游,有一座名叫草木寺的庙宇。战后从信州移居来此的印染家山崎青树先生,在此处用草木染色的方法,染出了美丽无比的布匹。由于片平川一带是关东为数不多的泉水分布区,多摩丘陵的杂木林山蕴藏了丰富的清澈透明的地下水。溢出的清泉汇成了小股的天然小河,流淌于水田之间,发出清脆的水声,宛如悦耳的摇篮曲。所谓草木染色,就是用这样纯洁的井中泉水来印染、漂洗布匹。不过当我开始住在片平时,山崎先生已经舍弃了此地,搬到群马县的老鸦川河畔去了。也许是为了寻求更丰富、更清冽的水边作坊吧。
    我曾去老鸦川河畔拜访过这位山崎先生,从他那里得到多多指教。比如说种植紫草,从播种到育苗,在月夜欣赏白色的可爱的花朵,唯有这样做,才能培养出作为染料的紫草的根;若要染出一匹(10.6米长)桃红色的布,需要多少桃木?红花印染,需要几道顺序?苏木印染和青茅印染的情况又是如何?等等,在多次谈话期间,还让我亲眼目睹了各种各样的用草木印染制成的丝绸。哪一匹都色彩鲜艳,富有光泽,那鲜艳的色彩令人惊叹不已,若在平安朝代,更是匪夷所思,然其美之源头,盖出自于佳泉也。至今我对当时的事情尚历历在目,然而,近二十年间,我时时想起那不堪入目的片平川,那平坦河底堆积的污物,还有那没完没了往河里扔东西的人们。
    与这片平川合流之后,拥有更长流域的麻生川的情况又如何呢?这条河在几年前还没有防护措施,被围上防护墙,不过那时我还没有联想到这是行政决定滞后等问题。倒不如说在这河堤上,茂盛的甘葛藤旺盛的生命力让我退缩了,陶醉于好几种芒草的、闪耀着各种光芒的穗子,为密密生长着的、像是野草的宝库似的草丛而乐得不可开交。
    然而没过多久,这条河也被改造成人工河床,筑起了高高的围墙,空罐头、破雨伞和各种东西被隔墙扔进了河里。具有特色的是,被扔进河里的东西中有破自行车。为了顺着沿河的小道上班上学所需,密密麻麻地并排放着许多自行车,也许是这些自行车激怒了什么人吧,多的时候,有四五辆自行车被扔进了河里。因台风等原因,水位增高,自行车挂住了污秽的杂物,满目凋零,形成了河上一道既恶劣又令人不快的风景线。
    麻生川在河道大拐弯之处架了一座桥,贯通了两岸街道。站在桥上,看着被扔在河道里的破自行车、空罐,仿佛看见了现代社会的浮躁和颓废。然而,回首眺望桥的上游,出乎人们意料之外的是,这里还有两岸华丽秀美的樱花树。正是用了这种风流潇洒的方式,古人才守护住了两岸的河堤。一到樱花盛开季节,只须数日,河流的面貌便为之一新。晨樱的清秀,日樱的烂漫,夜樱的妖艳,她们是可以尽情观赏的街道树。其中以夜晚的樱花尤为美丽,那时既见不到河道的污秽,又不受赏花人的干扰,只有樱花静静地开放,她们似乎在街道的废气排放中,在微臭的空气孤寂地微笑着。她们也许在与河底被折断了踏脚板的横卧着的自行车无言地交谈着什么:这个世界,已经陷入及其恶劣的状况了吧。
    在这条丑陋、可怜、寒碜的麻生川,有一年突然飞来了两三只野鸭。开始时以为它们搞错了地方,因为它们不是每天都来,有的时候它们站在淤泥状的渣滓漂浮着的河中沙洲上,眺望着水面。聪明的野鸭,似乎是择日而来的呢,专挑星期六、星期日和雨天,也就是工业废水较少,水质清澈而饵食较多的日子来光顾。而更是使人惊讶的是,它们最终在这条河里孵育出了小鸭。甚至到了樱花盛开季节也不回北方,而是一个劲儿地教小鸭哪里可以找到饵食。勇敢而可爱的小鸭,以母鸭为中心,倒立着钻到水底去寻找藻类、在河中的沙洲以及小河沿岸经常可以看见它们栖息的身影。
    它们撅着可爱的小屁股,几乎连续倒立着寻找食物,可是因为食物极其匮乏,小鸭们忙乎一天也不能果腹。路过的人止步望着它们那可怜可爱的样子,更加觉得它们可怜可叹,一种惺惺相惜之感涌上心头。尽管有人偷偷扔下面包屑,可是向河里投掷食物是明令禁止的,有规定不准为鸭子提供饵食。那些小鸭是否能长大呢?时常成为人们的话题。
    母野鸭与小鸭一起在河上游水的风景,能不能制止向河里抛弃那些空罐和自行车呢?这是大家所期望的。而从那时起,经济不景气的浪潮开始悄然袭来,我以为河水的透明度在渐渐增加。如肥皂泡似的、令人不爽的泡沫也不再浮现。今年野鸭的种类也有增加,多了长尾鸭,绿头鸭也掺杂其中,最多的时候一天超过30只。到了傍晚,在头鸭的带领下,各自归巢。近几天,在晚霞的笼罩下,野鸭的叫唤声清晰可闻。也许是雏鸭诞生了呢!现代野鸭在如此残酷的环境下方能定居,人类也许也已厌倦了所谓繁荣的表象,到了开始反思的时候了吧?这正是我所期望的。

    jimaiwa7天前回复
  2. #4

    http://blog.sina.com.cn/s/blog_4ad837030102xa30.html
    这篇课文和其他许多课文中文译文可能转载自《外国文学翻译的博客》,请转载者注明原作者为好!

    王志镐

    2017.11.15.

    jimai1周前 (11-15)回复
  3. #3

    绝佳的学习材料,这么多年第一次看到这么详细的说明材料。

    rinen_ly2年前 (2016-01-08)回复
  4. #2

    下一页在哪。。。手机端怎么找不到

    刘洋男2年前 (2015-09-07)回复
    • 在文章底部,“分享到”的上面,你的手机型号和分辨率能够告诉我一下吗

      hankcs2年前 (2015-09-07)回复
    • 不好意思,页面做的不对,现在已经改过来了,清空缓存或者换个浏览器刷新下就能看到了

      hankcs2年前 (2015-09-07)回复
  5. #1

    hankcs大大 求继续更综日第七八册~~~ 期待❤

    11kid3年前 (2014-09-19)回复

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机