放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法

上外《日语综合教程》第六册 第二課 自然との出会い

       これまで日本(にっぽん)では、植物(しょくぶつ)名前(なまえ)(ひと)つにしても、もしろヨーロッパの文学(ぶんがく)作品(さくひん)から(おお)くを(まな)んだような()がしてならない。実際(じっさい)にみたこともない植物(しょくぶつ)なのに、スグリ[1] アラセイトウ[2] という名前(なまえ)はよく()にしたものである。しかもそれらの植物(しょくぶつ)は、物語(ものがたり)背景(はいけい)としてかなり大切(たいせつ)役割(やくわり)()たしていた。それに(くら)べれば、()(うた)はともかくとして、日本(にっぽん)物語(ものがたり)登場(とうじょう)する(もり)植物(しょくぶつ)は、その種類(しゅるい)(かず)しれた[3] ものである。ブナなども、(いま)でこそ、名前(なまえ)()らない(ひと)たちは(すく)ないが、ほとんど日本(にっぽん)物語(ものがたり)(なか)(あらわ)れていない。こういう、ちょっとした(れい)からみても、日本人(にっぽんじん)がどちらかといえば、 (じょう)(かん)という側面(そくめん)[4] ばかりで自然(しぜん)()()ってきたことを、(あらた)めて(おも)わずにはいられないにである。これから必要(ひつよう)なのは、実際(じっさい)大自然(だいしぜん)(なか)()()き、そこに(あら)たな(たの)しみを見出(みいだ)していくことであろう。

      (なに)はおいても、まず(やま)散策(さんさく)[5] し、自然(しぜん)(かい)[6] (せい)鼓動(こどう)[7] (みみ)(かたむ)けよう[8] 。こうした自然(しぜん)との()()いの(なか)で、自分(じぶん)自身(じしん)(こころ)(ふたた)(いき)づいて[9] くるに(ちが)いない。

 


 [1]すぐり【すぐり】

〈植〉醋栗

 [2]あらせいとう【あらせいとう】

〈植〉洋紫罗兰

 [3]知れた◎【しれた】

连语

1)不言而的、不自明的、不自知的、理所当然的。(わかりきった。言うまでもない。)

△そんなことは知れたことだ。/那种事不用也知道。

2)不多的、有限的、没什么了不起的。(たいしたことではない。たかが知れた。)

 [4]側面◎【そくめん】

【名】

1面,翼,旁。(正面に対して左右の面。)

△角柱の側面。/角柱的面。

△敵の側面を突く。/攻击敌军翼。

△彼女を側面から援助する。/从旁援助她。

△側面図。/

△側面観。/,从旁的察。

2)一面,片面。(さまざまな性質や特質のうちのある面。)

△彼にはそんな側面もあった。/他也有那的一面。

△側面的な見方にすぎない。/是一种片面的看法。

 [5]散策◎【さんさく】

【名·自·三

散步,随便走走。(ぶらぶらと歩くこと。散歩。)

△食後のひとときを散策に費やす。/后的短时间用于散步。

△街を散策する。/在街上随便走走。

△今は郊外散策の好時期だ。/在是郊游的好季

 [6]自然界【しぜんかい】

自然界

 [7]鼓動◎【こどう】

【名】

1颤动。(震え動くこと。)

2)心。(心臓の律動的な運動。比喩的に、内にある強い動きがそとに伝わること。)

△驚きのために心臓が激しく鼓動する。/吓得心里嘣嘣直跳。

△彼の心臓の鼓動が止まった。/他的心停止跳了。

 [8]傾ける④【かたむける】

【他動】

1)使……斜,使……歪(偏)。(斜めにする。かたむくようにする。)

△体を前に傾ける/身体前

△杯を傾ける/喝酒。

2注。(考えや心をある方面に向ける。心を注ぐ。)

△力を傾ける/竭力;尽力。

△注意を傾ける/注全神;全神注。

△愛情を傾ける/情。

△耳を傾ける/听。

△心を傾けて勉強すれば,もっと成績がよくなるでしょう/如果心一意地学,成必将更好。

3,(家),使(国家)亡。(滅ぼす。衰えさせる。)

△身代を傾ける/荡产『成』。

 [9]息づく③【いきづく】

【自·一

1)生存,生活。(息をする。生きている。)

△身を寄せ合ってひっそりと息づく。/相依命勉强过活。

2)『古』气。(ため息をつく。嘆く。)

3)『古』喘息。(苦しそうに息をする。あえぐ。)

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 上外《日语综合教程》第六册 第二課 自然との出会い

评论 1

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址
  1. #1

    你好,请修复一下网页!很多综合日语教程网页打开时显示建立数据库连接时错误

    毛建浩哈哈2年前 (2019-05-03)回复

我的作品

HanLP自然语言处理包《自然语言处理入门》