放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法

上外《日语综合教程》第六册 第二課 自然との出会い

    きいてみたら、

    「()やブヨがいてこそ(とり)がやってきますよ。すずめの()ない(たけ)(やぶ)(さび)しいでしよう。」

    との(こた)えだった。成都(せいと)(たけ)()()っていい。百貨店(ひゃっかてん)[1] をのぞいても、いすから(つくえ)から、一切(いっさい)生活(せいかつ)用具(ようぐ)(たけ)(せい)(おお)く、しかもそれが(やす)かった。器用(きよう)[2] ()()まれた[3] (もん)(さま)()りのフタつき[4] (おお)かごが(せん)(えん)もしない。(あか)ちゃんが(たけ)(せい)乳母車(うばぐるま)[5] ()されてゆくのも()た。(たけ)在所(ざいしょ)が、(なが)年月(ねんげつ)[6] を、(たけ)とともに()らしている。()たり(まえ)のことに感動(かんどう)をおぼえた。

   京都(きょうと)西(にし)(きょう)など、(むかし)(たけ)(やぶ)(うみ)だった。そこを開発(かいはつ)して、(いま)巨大(きょだい)都市(とし)誕生(たんじょう)している。日本(にっぽん)場合(ばあい)は、()こそぎ[7] ()(かわ)めくる[8] みたいに、(たけ)()(ころ)して[9] 造成(ぞうせい)[10] ()りかかる。それゆえ、(まち)ができても、そこに、成都(せいと)のようないくつかの(たけ)生木(なまき)[11] かたまり[12] とした、歩道(ほどう)も、アプローチ[13] もない。殺風景(さっぷうけい)[14] だ。(たけ)号泣(ごうきゅう)[15] している()がする。

    「(まつ)のことは(まつ)(ならい)へ、(たけ)のことは(たけ)(ならい)へ。[16] 」と()ったのは(むかし)俳聖(はいせい)[17] である。(ぼく)門外漢(もんがいかん)[18] には、(たけ)(なげ)きを(ふか)()才覚(さいかく)[19] はないが、七日(なのか)()て、三日(みっか)水車(すいしゃ)(うす)でついて(たけ)(もち)(つく)っていると、青竹(あおだけ)[20] だった生命(せいめい)がもう(ひと)つの生命(せいめい)化身(けしん)[21] してゆくすばらしさが()えてくる,そうして、その(たけ)がどのような歴史(れきし)()きたかについても(かんが)えさせられる。在所(ざいしょ)(やぶ)のありかはだいたいわかっているので、そこの()(ぬし)長男(ちょうなん)[22] で、戦死(せんし)[23] した同級生(どうきゅうせい)のことや、もちろんこれも冥界(めいかい)[24] (ひと)だが(はなし)()きだった親爺(おやじ)さんの(くろ)(あぶら)ぎった[25] (かお)などまで(おも)()されてくる。(ぼく)は、このごろ自然(しぜん)というものは、やっぱり頑固(がんこ)(まも)らないと、歴史(れきし)(くず)れるような()がする。身近(みぢか)作業(さぎょう)日常(にちじょう)が、そんな(おも)いにさせるのである。


 [1]百貨店③◎【ひゃっかてん】

【名】

商店,百大楼,百公司。在敞的售大里,分门别类陈列和售多种商品的大模零售商店。(単一の企業が複数の分野の専門店を統一的に運営し、面積の広い大規模の店舗で多種類の商品を展示陳列して販売する小売店のことである。)

△東急百貨店。/急百

 [2]器用①【きよう】

【名形動】

1)巧,灵巧;精巧。(細かい仕事を巧みにやり遂げること。)

△器用な人/手巧的人。

△器用な細工/精巧的工品。

△器用にこなす/灵巧掌握。

△彼は器用な男でなんでもできる/他手巧,什么都会搞。

2)巧妙,精明。(何事をも巧みにやり遂げる。要領よく立ち回ること。)

△社内で器用に立ち回る/善于理公司内部关系。

△なかなか器用なことをやるね/你真精明啊!

 [3]編み込む【あみこむ】

[動マ五(四)]編み物で、模様を入れて編む。また、異なる素材を入れて編む。「金糸を編み込む」

 [4]ふた‐つき【蓋付】

器物に蓋がついていること?また?その器物?

 [5]乳母車③【うばぐるま】

【名】

儿手推。(乳幼児を乗せて押して歩く四輪の手押し車。)

△日本に初めて持ち込まれたとされる乳母車が、慶応義塾福沢研究センターに所蔵されている。/最早流到日本的收藏在庆应私塾大学福研究中心。

 [6]年月①【ねんげつ】

【名】

年月,月,光阴。(としつき。)

△年月が経つにつれてその価値も変わった。/随着时间经过它的价也有了化。

△長い年月を費やした。/了很的年月〔时间〕。

△相当の年月がかかる。/需要相当月。

△年月を重ねる。/年累月。

 [7]根こそぎ◎【ねこそぎ】

【副】

全部,一点不留地。(すべて,きれいさっぱり,ひとつのこらず。同すっかり。)

△根こそぎにする。/根除。

△根こそぎ持って行く。/全部拿走。

△身代を根こそぎなくした。/把财产全花光了。

△根こそぎ一掃された。/全部一而光,从根本上消除了。

△根こそぎに害虫を退治する。/底消害虫。

 [8]めくる②【めくる】

【他·一

翻。(巻くようにして下を表す。)

△ページをめくる。/翻书页

△辞書をめくる。/翻开辞典。

△トランプをめくる。/翻牌。

△うすかわをめくる。/揭下薄膜。

△床板をめくる。/揭开地板。

△屋根をめくる。/揭掉房

△カレンダーを1枚めくる。/揭下一

 [9]切り殺す◎④【きりころす】

【他·一

斩杀死。(刃物で切って殺す。)

△一刀のもとに切り殺す。/被刀砍死。

 [10]造成◎【ぞうせい】

【名·他サ】

造成,修成,做成。(土地などを使えるようにつくりあげること。)

△宅地を造成する。/平整盖房用地。

 [11]生木【なまき】

1)〔地に生えている〕地上.

1)〔地に生えている〕地上.

2)〔切ってまもない〕砍下未干的,未干的木柴.

 [12]塊◎【かたまり】

【名】

1儿;疙瘩。( 固まること。また、固まったもの。)

△氷の塊。/冰;冰疙瘩。

△石炭の塊。/煤

2)群,,堆。〔 一団となったもの。集団。〕

△羊の塊。/羊群。

△ひと塊の学生。/一群学生。

△あそこにひと塊ここにひと塊。/那一群这边一伙。

3)极端……的人de,迷不悟(的人)。〔こり固まった人。〕

△欲の塊。/极端婪的人。

△あいつはけちの塊だ。/他是一个吝.儿,疙瘩,群,集

 [13]アプローチ③【あぷろーち】

【名·サ変自】【英】(approach

1)接近,靠近。(接近する。)

2)探,研究。(学問·研究などの、対象に接近すること。また、接近のしかた。研究法。

3)滑行引道。(スキーのジャンプ競技や陸上競技の走り幅跳びで、スタートから踏み切るまでの間。)

4)向穴的附近靠球。(ゴルフで、グリーン上のホールをめがけて打つ寄せ打ち。アプローチショット。)

5)〔建物の寄りつき〕大前。(道路·門から建物·玄関口までの通路または導入室間。)

△玄関のアプローチ/前的通道。

6)目的山行程。(登山で、目的の山の山域に至るまでの行程。)

 [14]殺風景②【さっぷうけい】

【名】【形動】

1杀风景,缺乏趣,不雅,粗俗。( おもしろみも飾りけもなく、興ざめがすること。また、そのさま。無風流。)

2扫兴,生。(眺めに情趣が欠けていたり単調だったりして、見る者を楽しませないこと。また、そのさま。)

△殺風景な冬の浜辺。/扫兴的冬天的海

 [15]号泣◎【ごうきゅう】

【名】【自·三

号泣。号哭。号大哭。(大声をあげて泣くこと。)

△悲報に号泣する。/收到噩耗后号大哭。

 [16]松のことが知りたければ、松に聞けばいい。

竹のことが知りたければ、竹に聞けばいい。

人に聞くよりも、直接その物に向き合った方が、物の本質は見えてくるものである。

 [17]俳聖◎【はいせい】

【名】

俳圣,卓越的俳句人。(古今に並ぶ者のないすぐれた俳諧の作者。特に、松尾芭蕉をいう。)

△俳聖芭蕉。/卓越的俳句人松尾芭蕉。

 [18]門外漢③【もんがいかん】

【名】

1,外行。(その物事について専門家でない人。畑違いの人。)

△経理については門外漢だ。/对财会一不通。

2)局外人,无关者。(第三者。)

 [19]才覚◎【さいかく】

【名】【他サ】

1)才智,机智,机灵。(すばやく頭を働かせて物事に対応する能力。知恵の働き。)

△才覚のある人。/有机智的人;足智多的人。

2划,策,主意。(工夫すること。また、すばやく頭を働かせて物事を処理すること。)

△お金の才覚がつく。/筹款。

3)筹措。(金をあつめること。)

△金の才覚をつける。/法筹款。

△金の才覚がつかない。/筹措不到款;筹不到

 [20]青竹【あおだけ】

1)青竹,绿.

1)青竹,绿.

2)〔染料〕孔雀绿.【名】

 [21]化身◎【けしん】

【名】

1)化身。(神仏が教化のために人間その他の姿を取り、この世に現われたもの。また、その姿。)

△悪魔の化身。/魔鬼的化身。

2)神佛,鬼怪(的脸谱)。(歌舞伎で、化け物などのこと。また、それに扮するときの隈取り。)

△化身事。/鬼怪(出的)戏剧

 [22]長男①【ちょうなん】

【名】

子,大儿子;老大。(同胞の男子の中で、一番上のもの。)

△長男としての責任。/子的任。

 [23]戦死◎【せんし】

【名】【自·三

亡。(戦いに参加して死ぬこと。)

△戦死者。/亡者。

 [24]冥界【めいかい】

冥界,幽冥,.【名】

冥界;(同めいど)

 [25]脂ぎる④【あぶらぎる】

【自·一

1)油光亮,油脂、油。(あぶらで光る。)

△顔があぶらぎっている。/上油光亮。

2)肥胖。(太っている。)

△あぶらぎった男。/胖男子。

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 上外《日语综合教程》第六册 第二課 自然との出会い

评论 1

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址
  1. #1

    你好,请修复一下网页!很多综合日语教程网页打开时显示建立数据库连接时错误

    毛建浩哈哈2年前 (2019-05-03)回复

我的作品

HanLP自然语言处理包《自然语言处理入门》