放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    恕不接待索要源码语料者、索求技术方案者、以及不Google的懒人。

《日语综合教程》第六册 第三課 水の東西

目录

上外 《日语综合教程》 翻译注解。友情提示:点击生词后面的小数字可以跳转到解释,再次点击返回(Backspace键也可返回)。最后一页有翻译译文。

第三課   水の東西

本文

水の東西

 

鹿(しし)おどし[1] 」が(うご)いているのを()ると、

    その愛嬌(あいきょう)(なか)に、なんとなく人生(じんせい)けだるさ[2] のようなものを(かん)じることがある。

    かわいらしい(たけ)シーソー[3] 一端(いったん)(みず)()[4] がついていて、それに(かけひ)[5] (みず)(すこ)しずつたまる。(しず)かに緊張(きんちょう)(たか)まりながら、

    やがて(みず)()けがいっぱいになると、シーソーはぐらり[6] (かたむ)いて(みず)をこぼす。緊張(きんちょう)(いっ)()[7] ()けて(みず)()けが()()がる[8] とき、(たけ)(いし)をたたいて、こおんと、くぐもった[9] (やさ)しい(おと)をたてるのである。

   ()ていると、単純(たんじゅん)な、ゆるやか[10] なリズムが、無限(むげん)[11] にいつまでも()(かえ)される。緊張(きんちょう)(たか)まり、それが一気(いっき)ほどけ[12] 、しかし何事(なにごと)()こらない徒労(とろう)[13] がまた(いち)から(はじ)められる。ただ、(くも)った[14] 音響(おんきょう)[15] (とき)(きざ)んで[16] (にわ)静寂(せいじゃく)[17] 時間(じかん)(なが)さをいやがうえにも[18] ()()てる[19] だけである。(みず)(なが)[20] なのか、(とき)(なが)れなのか、「鹿(しし)おどし」は我々(われわれ)(なが)れるものを(かん)じさせる。それをせき()[21] (きざ)むことによって、この仕掛(しか)[22] はかえって(なが)れてやまないものの存在(そんざい)強調(きょうちょう)しているといえる。

   (わたし)はこの「鹿(しし)おどし」を、ニューヨーク[23] (おお)きな銀行(ぎんこう)待合室(まちあいしつ)[24] ()たことがある。日本(にっぽん)(ふる)文化(ぶんか)がいろいろと紹介(しょうかい)される(なか)で、あの素朴(そぼく)[25] (たけ)(ひび)きが西洋(せいよう)(じん)(こころ)ひきつけた[26] のかもしれない。だが、ニューヨークの銀行(ぎんこう)では人々(ひとびと)はあまりに(いそが)しすぎて、(ひと)つの(おと)(つぎ)(おと)との(なが)間隔(かんかく)()ゆとり[27] はなさそうであった。それよりも(まど)(そと)()()げる[28] (はな)やかな噴水(ふんすい)[29] のばうが、ここでは(みず)芸術(げいじゅつ)として(あき)らかに人々(ひとびと)気持(きも)ちをくつろがせて[30] いた。


 [1]鹿おどし【ししおどし】

竹筒敲石,添石

 [2]気だるさ【けだるさ】

気だるい的名形式

指身体慵散、洋洋、倦怠的状

 [3]シーソー①【しーそー】

【名】【英】seesaw

板,跷跷板,颉颃戏。(長い板を中央で支え、両端に人が乗って交互に上下させる遊戯。また、その遊具。ぎっこんばったん。)

△シーソーで遊ぶ。/玩跷跷板。

 [4]水受け【みずうけ】

【名】

(水的)戽斗。(ペルトン水車に多数取り付けられ、流れてくる水を受ける椀形の器具。バケット。)

△水受け板。/水的蹼板。

 [5] 懸樋【かけひ】

(架在地面上的)引水筒,水管.

筧·懸樋で水を引く/用水管引水.

 [6]グラリ【ぐらり】

【副】

物体突然晃、斜。摇摇。(物が急に大きく揺れたり傾いたりするさま。ぐらっと。)

△船体がぐらりと傾いた。/船身突然斜得很害。

 [7]一気①【いっき】

【副】

一口气。(一息の漢語的表現。)

△本を一気に読んでしまう。/把一口气完。

△一気に飲み干す。/一口气喝干。

△東京まで一気に飛ぶ。/一下子京。

 [8]跳ね上がる④【はねあがる】

【自·一

1跳。跳起。(おどり上がる。)

△跳ね上がって喜ぶ。/高得跳起来。

2飞溅。(とび上がる。)

△ズボンのすそに泥が跳ね上がる。/上泥水。

3)(价格)猛飞涨。(値段が急激に上がる。)

△物価が跳ね上がる。/物价暴

4轻举,行动过激。(状況を顧みず勝手に物事をする。)

△あまり跳ね上がった行動はとるな。/不要采取激行

 [9]くぐもる③【くぐもる】

【自·二

(声音)含混不清,(在嘴里)不清楚。(声などが、中にこもる。はっきりしない。口ごもる。)

△声がくぐもっている。/声含混不清。

 [10]緩やか②【ゆるやか】

【形動】

1慢,和。(傾斜が急でないさま。なだらか。)

△緩やかな流れ。/慢的河流。

△緩やかにカーブする道。/慢弯的道路。

△傾斜の緩やかな坂。/慢坡;陡度小的坡。

2松,大。(きびしくないさま。寛大なさま。)

△審査基準を緩やかにする。/宽审查标准。

3)舒。(のびやか。)

△緩やかな気分。/的心情。

 [11]無限◎【むげん】

【名·形動】

无限;无止境。(数量や程度に限度がないこと。)

無限の空間。/无限空

無限の欲望。/无止境的欲望。

無限の宝庫。/无无尽的宝

無限の可能性を秘めている。/藏着无限的可能性。

需要は無限に増加するだろう。/需求将无限地增加。

 [12]解ける②【とける】

【自·二

1)松开,解开。(結ばれていたものがばらばらになる。)

△靴のひもがとけた。/鞋开了。

△もつれた糸がやっととけた。/在一起的线终于解开了。

△小包のひもがとけそうでとけない。/包裹上的然看着很松但解不开。

2)化解,打消。(心が緩む。)

△彼の怒りは解けた。/他的气消了。

△両家の確執は長い間解けなかった。/两家的争执长期没有解消。

3)融洽,随便。(しこりになっていた気持ちがさっぱりする。)

△心も解けて語り合う。/融洽地交

4)解明,解开。(答えが出る。)

△むずかしい問題が解けた。/难题解开了。

△なぞが解けた。/解开了。

5)解脱,解除。(固められていた態勢がゆるむ。)

△禁が解ける。/禁令解除。

 [13]徒労◎【とろう】

【名】

,白费劲。(むだな骨折り。)

△徒労に終わる。/最后只是徒

 [14]曇る②【くもる】

【自·一

1)阴天。(雲が出て、空を覆う。)

△明日は曇るかもしれない。/明天也会阴天。

△だいぶ曇ってきた。/天阴得沉了。

2模糊不清,朦。(鏡、ガラスなどが光をよく通したり反射したりしなくなる。また、涙などで、かすんでみえる。)

△鏡が曇る。/子模糊了。

△涙で曇った眼鏡をふく。/擦拭被眼泪弄得模糊不清的眼

3)暗淡,郁不。(不安、心配、悲しみなどで心がふさぐ。)

△心が曇る。/心情暗淡;郁郁不

△顔が曇る。/神情郁不安。

 [15]音響◎【おんきょう】

【名】

音响,声响,声音。(音とその響き。)

△音響を通さない壁。/隔音的

△音響止め天井。/防止回音的天花板屋

 [16]刻む◎【きざむ】

【他·一

1)切碎。(細かく切る。)

△にんじんを細かく刻む。/把胡卜切得碎碎的。

△肉を刻む。/把肉碎。

2)刻,雕刻。(彫る。)

△石碑に文字が刻んである。/石碑上刻着文字。

△像を刻む。/雕像。

3刻于心,牢。(銘記する。)

△胸に刻む。/刻于心。

△母の言葉を心に刻む。/把母在心。

4)刻画时间。(時を刻む。)

△時計がかちかちと時を刻む。/滴答滴答地刻画时间时间一刻一刻地逝去。

 [17]静寂◎【せいじゃく】

【名·形

寂静,沉寂。没有声音。(静かなこと。ひっそりとしていること。)

△夜の静寂を破る。/打破夜的沉寂。

△あたりは静寂に包まれている。/四周一片寂静。

 [18]いやがうえにも【いやがうえにも】

连语

愈,益,越。(なおその上に。ますます。)

 [19]引き立てる④【ひきたてる】

【他·二

1走。押解。(行)拉走。(無理に連れて行く。)

△罪人を白州へ引き立てる。/把犯人押赴法庭。

△犯人を引き立てる。/把犯人走。

2)振作。鼓励。(はげます。鼓舞する。)

△気を引き立てる。/鼓励;……打气。

△しょげているのを引き立てる。/鼓励他不要灰心气。

3)提拔。照。关照。关垂。(目をかけて挙げ用いる。力を添えて助ける。)

△引き立ててもらった恩人。/承蒙关照的恩人。

△後進を引き立てる。/提拔后

4托。使……眼。使……得好看。(特に見ばえのよくなるようにする。きわだつようにする。)

△赤い服が彼女を引き立てた。/衣服使她更引人注目。

5)关(拉)。(戸などを引いて閉じる。)

 [20]流れ③【ながれ】

1)流。流。流体。潮流。趋势。推移。(流れること。)

1)流。流。流体。潮流。趋势。推移。(流れること。)

△水の流れ。/水流。

△どこまでも人の流れが続く。/人流源源不

△車の流れ。/一串汽流。

△流れが激しい。/水流湍急。

△下水の流れが悪い。/下水道不通

△時の流れ。/时势时间的推移。

△意識の流れ。/意(之)流。

△歴史の流れは阻むことができない。/史的潮流是不可阻的。

△時代の流れには逆らえない。/代的洪流不容抗拒。

2)河流。流水。水流。(流れるもの)

△小さな流れ。/小溪。

△きれいな流れ。/清澈的河流。

△流れがゆるやかになった。/水流慢了。

3)后者。系。派。流派。血系。(血統。系統。技芸·思想などを受け伝えること。流派。)

△源氏の流れをくむ。/属于源氏的后裔。承源氏血

4)小。三五成群的人。散会后的小体活。(会合の終わったあとにその勢いで続く動き)

△祝勝会の流れ。/功会后走出来的三五成群的人。

5)次序。流程。

△作業の流れ。/作流程。

6)漂泊(者)。流浪(的人)。(さすらい。)

7长辈或上级给斟的酒。(目上の人の使いさしなどをもらうこと。)

△お流れちょうだい。/请给斟点酒。

8)中止。停止。((「お流れ」の形で)会合·計画などを取りやめること。)

△お流れになる。/中止。

9)屋斜坡。屋上有屋脊到屋檐的斜部分。(傾斜。また、その度合。)

△片流れの家。/一面坡屋房子。

10)(典当物品)当死。死当。(質流れ)

△旗ひと流れ。/一杆旗

 [21]せき止める③【せき止める】

(他一)

堵住,塞住,截。

 [22]仕掛け◎【しかけ】

【名】

1)开始做,着手;做到中途,制作中。(やりかけであること。)

△仕掛けの仕事/手上的工作;未做完的工作。

2)装置,构。(物事をある目的にあわせて、作りこしらえること。装置。からくり)

△時計の仕掛け/表的构。

△電気仕掛けのおもちゃ/电动玩具。

3模。〔規模〕

△仕掛けが大きい/模巨大。

4)烟火。(仕掛け花火)

5)手法,招数,诀窍。(計略。たくらみ。)

△どんな仕掛けがあるかわからない/不知道用的什么手法。

△別に種も仕掛けもない/既没有弄虚,也没作假;并没有什么秘密,也没什么消息。

 [23]ニューヨーク③【にゅーよーく】

【名】【英】New York

美国纽约。(アメリカ合衆国の東部、大西洋に面する州。)

△ニューヨークで留学したことがある。/我曾纽约留学。

 [24]待合室③【まちあいしつ】

【名】

等候室。(駅や病院などで、列車や順番を待つための部屋。)

△病院の待合室。/候室。

△駅の待合室。/候室。

△港の待合室。/候船室。

△空港の待合室。/候机室。

 [25]素朴◎【そぼく】

【名·形

1)朴素。(人為がなく、自然のままであること。)

△素朴な人柄。/人淳朴。

△素朴な建て方。/朴的建筑。

2单纯。(考え方などが単純なこと。)

△素朴な考え方。/单纯的想法。

△素朴な理論。/素朴的理

△素朴な議論。/单纯议论

 [26]引き付ける①【ひきつける】

【自·二

1)吸引,引惑。(感動させたり興味·関心をかきたてたりする要素があって、絶えず接していたいという気持ちにさせる。)

△美声で引き付ける。/用美的声音引人。

△心が引きつけられる。/被迷惑住。

△女性を引き付ける青いひとみ。/使女性着迷的眼睛。

△彼の演説は人を引き付ける力がある。/他的演有渲染力。

△大衆を引き付ける人柄。/吸引大众的人品。

2)拉到近旁。(近くへ引き寄せる。)

△磁石がくぎを引き付ける。/磁吸引子。

△身近に引き付ける。/拉到身旁。

 [27]ゆとり◎【ゆとり】

【名】

,余裕,余地。(物事に余裕があってゆったりとしていること。)

△ゆとりのある生活。/裕的生活。

△予算にゆとりをとっておく。/算留有余地。

△部屋にはまだゆとりがある。/房很空

△いまの彼には心のゆとりがない。/在他没有心。

△破損を見通して1割のゆとりをみておく。/预计,打出一成富余。

 [28]噴き上げる【ふきあげる】

 [29]噴水◎【ふんすい】

【名】

泉,水池。(水が噴き出るようにした装置。また、噴き出る水。ふきあげ。)

△噴水を設ける。/安装水池。

 [30]寛ぐ③【くつろぐ】

【自·一

1)舒松愉快,意;松快地休息。( ゆったりとした気分になる。心身が休まる。)

△どうぞごゆっくりくつろいでください。/舒舒坦坦地休息吧,舒展地休息吧。

△夕食後家じゅうで寛ぐ。/晚后全家在一起享团圆

2)〔気楽にする。〕不拘礼,随便。

△くつろいで話をする。/随便畅谈

△どうぞ足をお楽に(あぐらにして)おくつろぎください。/随便腿坐吧。

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第六册 第三課 水の東西

分享到:更多 ()

评论 2

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址
  1. #2

    日语综合教程第六册第三課 水的东西观 (2009-08-01 14:28:53)[编辑][删除]转载▼
    标签: 喷泉 日语综合教程 山崎正和 水 分类: 综合日语第六册
    日语综合教程第六册第三課 水的东西观
    翻译:王志镐
    ——山崎正和
    看到“竹筒敲石”的运动,常常不由得感到:在她那可爱之中,还有如人生的倦怠懒散之类的东西。小巧玲珑的压板一端装着接水斗,空中的引水筒一点点地在接水斗里积多,在安静中紧张度逐渐地高涨,不久水斗里水满了,压板呼啦一下倾倒过来倒出水,紧张一下子被释放掉,接水斗又被弹起,竹子敲到石头上发出“梆——”的一声,浑厚而优美。
    看上去单纯而缓慢的旋律,无限制重复下去。紧张度高涨,可是一下子被释放,然后无所事事的徒劳感又从头开始。只有那低沉的声音在报知时光的流逝,使人越发觉得庭院的寂静和时间的漫长。是水的流动,还是时间的流动,“竹筒敲石”使我们感觉到流动的东西。可以说,通过对这种流动的阻断和分割,该装置反而在强调着流动不止的某种存在。
    我在纽约的大银行休息室里见过这种“竹筒敲石”。在被介绍的各种各样的日本古老文化中,这个简朴的竹子的响声,或许是吸引西洋人的心灵的东西。不过,在纽约的银行里人们过于匆忙,似乎不太有听完两次敲石声之间漫长间隔的惬意。比起这个来,窗外喷涌的华丽的喷泉,在这里更能作为水的艺术,令人的心情明显地得到放松。
    流动的水,喷涌的水。
    说起来,欧洲也好,美洲也好,城市的广场上到处可见美妙无比的喷泉。只要去颇有名气的庭院,就会看到独具匠心的喷泉,成为其风景的中心。有名的罗马郊外埃斯特家的别墅等建筑,被数百个喷泉群落填满了。花草树木在这里只不过是点缀而已,而壮观而轰鸣的喷水造型到处林立着,使我惊叹不已。它们看上去就像巴洛克的雕塑一样,与其说是喷涌,不如说是更像是静止在发出声响的空间。
    时间的水,空间的水。
    就像是很偶然才会考虑到这种事一样,在日本的传统中,像喷泉这样的东西也不多。热衷于制造潺潺水声,人造瀑布,修造水池来观赏水的日本人,直到近代为止都把喷泉之美弃之脑后。传统是很可怕的,即使在现在的都市里,日本的喷泉也还是不及夕阳的美。或许是由于这个原因,如论是东京也好,还是大阪也会,城市中的广场总让人感到呆板沉闷,缺乏表情。
    也许是因为西洋的空气干燥,人们希望见到喷泉之水吧。也可以认为自罗马以来的自来水技术,对促进喷泉的进步非常有利。可是,制造了人工瀑布的日本人却不造喷泉的缘由,被认为不仅仅是这些外部因素。对日本人来说,水自然流淌的样子是美的,而不是经过压缩和扭曲,像粘土那样成为造型对象的东西。
    水作为自己来说,并没有固定的形态,对于无形态的东西,日本人也许具有与西洋人不同的独特的喜好。佛教上有句话说“行云流水”,这种思想甚至可以说是被始于思想之前的感性所印证。比起对待外界的被动的态度来,它也许是积极的、不畏惧无形物体的心理体现吧!
    看不见的水,看得见的水。
    如果仅仅把感觉流动视为重要的事情的话,那么可以说,我们要实际感受水,就连看水的必要也没有了。只需听听断断续续的响声,把那间隙中流动的东西用心去间接地品味就可以了。这么想的话,也许可以说那个“竹筒敲石”是体现日本人欣赏水的行为的最高境界的装置了吧。

    水の東西
    山崎正和
    『ししおどし』が動いているのを見ると、その愛嬌の中に、なんとなく人生のけだるさようなものを感じることがある。可愛らしい竹のシーソーの一端に水受けがついていて、それに筧の水が少しずつたまる。静かに緊張が高まるながら、やがて水受けがいっぱいになると、シーソーはぐらりと傾いて水をこぼす。緊張が一気に解けて水受けが跳ね上がるとき、竹が石をたたいて、こおんと、くぐもった優しい音をたてるのである。
    見ていると、単純な、ゆるやかなリズムが、無限にいつまでも繰り返される。緊張が高まり、それが一気にほどけ、しかし何事も起こらない徒労がまた一から始められる。ただ、曇った音響が時を刻んで、庭の静寂と時間の長さをいやがうえにも引き立てるだけである。水の流れなのか、時の流れなのか、『ししおどし』は我々に流れるものを感じさせる。それをせき止め、刻むことによって、この仕掛けはかえって流れてやまないものの存在を強調しているといえる。
    私はこの『ししおどし』を、ニューヨークの大きな銀行の待合室で見たことがある。日本の古い文化がいろいろと紹介される中で、あの素朴な竹の響きが西洋人の心をひきつけたのかもしれない。だが、ニューヨークの銀行では人々はあまりに忙しい過ぎて、一つの音と次の音との長い間隔を聞くゆとりはなさそうであった。それよりも窓の外に噴き上げる華やかな噴水のほうが、ここでは水の芸術として明らかに人々の気持ちをくつろがせていた。
    流れる水と、噴き上げる水。
    そういえばヨーロツバでもアメリカでも、町の広場にはいたるところに見事な噴水があった。ちょっと名のある庭園に行けば、噴水は様様な趣向を凝らして風景の中心になっている。有名なローマ郊外のエステ家の別荘など、何百という噴水の群れが庭をぎっしりと埋め尽くしていた。樹木も草花もここでは添え物にすぎす、壮大な水の造型がとごろきながら林立しているのにわたしは息を呑んだ。それは揺れ動くバロック彫刻さながらであり、ほとばしるというよりは、音をたてて空間に静止しているように見えた。
    時間的な水、空間的な水。
    そういうことをふと考えさせるほど、日本の伝統の中に噴水というものは少ない。せせらぎを作り、滝をかけ、池を掘って水を見ることはあれほど好んだ日本人、噴水の美だけは近代に至るまで忘れていた。伝統は恐ろしいもので現代の都会でも、日本の噴水はやはり西洋のものはど美しくない。そのせいか東京でも大阪でも、町の広場はどことなく間が抜けて、表情に乏しいのである。
    西洋の空気は乾いていて、人々が噴き上げる水を求めたといういこともあるだろう。ローマ以来の水道の技術が、噴水を発達させるのに有利であったということも考えられる。だが、人工的な滝を作った日本人が、噴水を造らなかった理由は、そういう外面的な事情ばかりではなかったように思われる。日本人にとって水は自然に流れる姿が美しいのであり、圧縮したり捻じ曲げたり、粘土のように造型する対像ではなかったのであろう。
    いうまでもなく、水にはそれ自体として定まった形はない。そうして、形がないということについて、おそらく日本人は西洋人と違った独特の好みを持っていたのである。『行雲流水』という佛教的な言葉があるが、そういう思想はむしろ思想以前の感性によって裏づけられていた。それは外界に対する受動的な態度というよりは、積極的に、形なきものを恐れない心の現われではなかっただろうか。
    見えない水と、目に見える水。
    もし、流れを感じることだけが大切なのだとしたら、我々は水を実感するのに、その間隙に流れるものを間接に心で味わえばよい。そう考えればあの『ししおどし』は、日本人が水を鑑賞する行為の極致を表す仕掛けだといえるかもしれない。

    jimaiwa4周前 (11-18)回复
  2. #1

    首页博文目录图片关于我博文发博文页面设置个人中心
    个人资料[管理]
    点击上传头像
    外国文学翻译
    微博
    博客十周年地图
    博客等级:
    博客积分:1297积分
    博客访问:231,299
    关注人气:307
    获赠金笔:12
    赠出金笔:2
    荣誉徽章:点亮荣誉勋章兑换图片博主服务兑换私密博文兑换金笔
    相关博文
    挑战箭扣长城惊险路段
    山人
    在墓地里过墨西哥亡灵节
    胡若冰Robin
    胡德夫:台湾民谣高峰已经过去了,我对大陆更有信心
    用户368323063
    街拍:美发及腰、悬垂如瀑、如丝如缎的长发美女
    曹作兰艺术行走
    于老师太极奇门风水高级班开课了!
    于长久–常胜道人
    【摄影】千古巨刹——红螺寺
    独木垂钓
    12星座10/29-11/4周运
    摘星工厂-星吧
    学习活动学会一样练习一样
    桂林吴海霞
    东方居士谈风论水·《每个人都能够成为自己的神》
    东方居士郑德福
    怎么又有老人要求让座遭拒坐女孩腿上?
    航亿苇
    人生.奋斗.成熟.成功
    粒言X
    惊!工业楼宇将成商业写字楼天敌
    用户366897821
    更多>>
    推荐博文
    谁创造了瓶装水神话
    第1510篇·布店——往事之三
    为睡觉放弃年薪40万:生与谋生
    反挂国旗被拘15天:是一起依法
    凭什么维秘的性感就是高级?
    最值得中国父母看的纪录片,《0
    大跌眼镜!2017年双11透露
    以江歌案贬低法律和善良,是江歌
    曝光是“抹黑”:学校声誉比学生
    这样治网瘾,到底谁有病?
    这里宛如一个世外桃源
    这里宛如一个世外桃源
    拼了!美女大模这样甩秀发
    拼了!美女大模这样甩秀发
    大自然的杰作“十二门徒石”
    大自然的杰作“十二门徒.
    北京市最美的元宝枫
    北京市最美的元宝枫
    古法蟹黄汤包年卖200多万只
    古法蟹黄汤包年卖200多万.
    为拍出美照!妹子也是拼了
    为拍出美照!妹子也是拼了
    查看更多>>
    谁看过这篇博文
    DECADE13DECADE1311月16日
    姣姣姣姣4月29日
    NATSUKINATSUKI4月26日
    施罗德愈施罗德愈4月26日
    __淡定__1__淡定__14月23日
    riyuzlriyuzl4月21日
    用户2922023571用户29220…4月6日
    5925516855925516854月4日
    xkclub123xkclub1233月25日
    用户3001528177用户30015…2月3日
    用户2938374393用户29383…12月4日
    用户2732830821用户27328…11月2日
    正文字体大小:大 中 小
    日语综合教程第六册第三課 水的东西观 (2009-08-01 14:28:53)[编辑][删除]转载▼
    标签: 喷泉 日语综合教程 山崎正和 水 分类: 综合日语第六册
    日语综合教程第六册第三課 水的东西观
    翻译:王志镐
    ——山崎正和
    看到“竹筒敲石”的运动,常常不由得感到:在她那可爱之中,还有如人生的倦怠懒散之类的东西。小巧玲珑的压板一端装着接水斗,空中的引水筒一点点地在接水斗里积多,在安静中紧张度逐渐地高涨,不久水斗里水满了,压板呼啦一下倾倒过来倒出水,紧张一下子被释放掉,接水斗又被弹起,竹子敲到石头上发出“梆——”的一声,浑厚而优美。
    看上去单纯而缓慢的旋律,无限制重复下去。紧张度高涨,可是一下子被释放,然后无所事事的徒劳感又从头开始。只有那低沉的声音在报知时光的流逝,使人越发觉得庭院的寂静和时间的漫长。是水的流动,还是时间的流动,“竹筒敲石”使我们感觉到流动的东西。可以说,通过对这种流动的阻断和分割,该装置反而在强调着流动不止的某种存在。
    我在纽约的大银行休息室里见过这种“竹筒敲石”。在被介绍的各种各样的日本古老文化中,这个简朴的竹子的响声,或许是吸引西洋人的心灵的东西。不过,在纽约的银行里人们过于匆忙,似乎不太有听完两次敲石声之间漫长间隔的惬意。比起这个来,窗外喷涌的华丽的喷泉,在这里更能作为水的艺术,令人的心情明显地得到放松。
    流动的水,喷涌的水。
    说起来,欧洲也好,美洲也好,城市的广场上到处可见美妙无比的喷泉。只要去颇有名气的庭院,就会看到独具匠心的喷泉,成为其风景的中心。有名的罗马郊外埃斯特家的别墅等建筑,被数百个喷泉群落填满了。花草树木在这里只不过是点缀而已,而壮观而轰鸣的喷水造型到处林立着,使我惊叹不已。它们看上去就像巴洛克的雕塑一样,与其说是喷涌,不如说是更像是静止在发出声响的空间。
    时间的水,空间的水。
    就像是很偶然才会考虑到这种事一样,在日本的传统中,像喷泉这样的东西也不多。热衷于制造潺潺水声,人造瀑布,修造水池来观赏水的日本人,直到近代为止都把喷泉之美弃之脑后。传统是很可怕的,即使在现在的都市里,日本的喷泉也还是不及夕阳的美。或许是由于这个原因,如论是东京也好,还是大阪也会,城市中的广场总让人感到呆板沉闷,缺乏表情。
    也许是因为西洋的空气干燥,人们希望见到喷泉之水吧。也可以认为自罗马以来的自来水技术,对促进喷泉的进步非常有利。可是,制造了人工瀑布的日本人却不造喷泉的缘由,被认为不仅仅是这些外部因素。对日本人来说,水自然流淌的样子是美的,而不是经过压缩和扭曲,像粘土那样成为造型对象的东西。
    水作为自己来说,并没有固定的形态,对于无形态的东西,日本人也许具有与西洋人不同的独特的喜好。佛教上有句话说“行云流水”,这种思想甚至可以说是被始于思想之前的感性所印证。比起对待外界的被动的态度来,它也许是积极的、不畏惧无形物体的心理体现吧!
    看不见的水,看得见的水。
    如果仅仅把感觉流动视为重要的事情的话,那么可以说,我们要实际感受水,就连看水的必要也没有了。只需听听断断续续的响声,把那间隙中流动的东西用心去间接地品味就可以了。这么想的话,也许可以说那个“竹筒敲石”是体现日本人欣赏水的行为的最高境界的装置了吧。

    水の東西
    山崎正和
    『ししおどし』が動いているのを見ると、その愛嬌の中に、なんとなく人生のけだるさようなものを感じることがある。可愛らしい竹のシーソーの一端に水受けがついていて、それに筧の水が少しずつたまる。静かに緊張が高まるながら、やがて水受けがいっぱいになると、シーソーはぐらりと傾いて水をこぼす。緊張が一気に解けて水受けが跳ね上がるとき、竹が石をたたいて、こおんと、くぐもった優しい音をたてるのである。
    見ていると、単純な、ゆるやかなリズムが、無限にいつまでも繰り返される。緊張が高まり、それが一気にほどけ、しかし何事も起こらない徒労がまた一から始められる。ただ、曇った音響が時を刻んで、庭の静寂と時間の長さをいやがうえにも引き立てるだけである。水の流れなのか、時の流れなのか、『ししおどし』は我々に流れるものを感じさせる。それをせき止め、刻むことによって、この仕掛けはかえって流れてやまないものの存在を強調しているといえる。
    私はこの『ししおどし』を、ニューヨークの大きな銀行の待合室で見たことがある。日本の古い文化がいろいろと紹介される中で、あの素朴な竹の響きが西洋人の心をひきつけたのかもしれない。だが、ニューヨークの銀行では人々はあまりに忙しい過ぎて、一つの音と次の音との長い間隔を聞くゆとりはなさそうであった。それよりも窓の外に噴き上げる華やかな噴水のほうが、ここでは水の芸術として明らかに人々の気持ちをくつろがせていた。
    流れる水と、噴き上げる水。
    そういえばヨーロツバでもアメリカでも、町の広場にはいたるところに見事な噴水があった。ちょっと名のある庭園に行けば、噴水は様様な趣向を凝らして風景の中心になっている。有名なローマ郊外のエステ家の別荘など、何百という噴水の群れが庭をぎっしりと埋め尽くしていた。樹木も草花もここでは添え物にすぎす、壮大な水の造型がとごろきながら林立しているのにわたしは息を呑んだ。それは揺れ動くバロック彫刻さながらであり、ほとばしるというよりは、音をたてて空間に静止しているように見えた。
    時間的な水、空間的な水。
    そういうことをふと考えさせるほど、日本の伝統の中に噴水というものは少ない。せせらぎを作り、滝をかけ、池を掘って水を見ることはあれほど好んだ日本人、噴水の美だけは近代に至るまで忘れていた。伝統は恐ろしいもので現代の都会でも、日本の噴水はやはり西洋のものはど美しくない。そのせいか東京でも大阪でも、町の広場はどことなく間が抜けて、表情に乏しいのである。
    西洋の空気は乾いていて、人々が噴き上げる水を求めたといういこともあるだろう。ローマ以来の水道の技術が、噴水を発達させるのに有利であったということも考えられる。だが、人工的な滝を作った日本人が、噴水を造らなかった理由は、そういう外面的な事情ばかりではなかったように思われる。日本人にとって水は自然に流れる姿が美しいのであり、圧縮したり捻じ曲げたり、粘土のように造型する対像ではなかったのであろう。
    いうまでもなく、水にはそれ自体として定まった形はない。そうして、形がないということについて、おそらく日本人は西洋人と違った独特の好みを持っていたのである。『行雲流水』という佛教的な言葉があるが、そういう思想はむしろ思想以前の感性によって裏づけられていた。それは外界に対する受動的な態度というよりは、積極的に、形なきものを恐れない心の現われではなかっただろうか。
    見えない水と、目に見える水。
    もし、流れを感じることだけが大切なのだとしたら、我々は水を実感するのに、その間隙に流れるものを間接に心で味わえばよい。そう考えればあの『ししおどし』は、日本人が水を鑑賞する行為の極致を表す仕掛けだといえるかもしれない。

    jimaiwa4周前 (11-18)回复

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机