放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    时间有限,只有GitHub上的issue能及时处理,大约每周末一次。另外,不要叫我楼主,谢谢。

《日语综合教程》第七册 第三課 ナイン

 「(おぼ)えていますよ、あの(とき)のことは。こちらの仕事場(しごとば)2()(かい)()りて二度目(にどめ)(なつ)のことですから」

 「すると、あなたも外堀公園野球場(そとぼりこうえんやきゅうじょう)()()けて[1] きなさっていた(くち)か。」

 「いや、夕方(ゆうがた)放送局(ほうそうきょく)から(もど)ってくると、ちょうどパレ(ぱれ)()[2] にぶっつかったんです。」

 上智大学(じょうちだいがく)学生(がくせい)がふえ、(ちか)くに大会社(だいがいしゃ)ビル(びる)がいくつも()ってせいで、道幅(みちはば)[3] 4()()トル(とる)(なが)100(100)()トル(とる)()らずのこの新道(しんみち)四谷(よつや)一番賑(いちばんにぎ)やかな場所(ばしょ)になった。もっとも(のき)[4] (なら)べる(てん)()()[5] ()物屋(ものや)喫茶店(きっさてん)のどれかに(かぎ)られてしまい、(きゃく)(むか)えるだけの、厚化粧(あつげしょう)[6] だが、なんだか()()[7] のない小路(こうじ)()けてしまったこともたしかだ。十七(じゅうしち)?八年前(はちねんまえ)(おな)店構(みせがま)えで頑張(がんば)っているのは、新道入(しんみちい)(ぐち)ワイシャツ(わいしゃつ)(てん)と、小路(こうじ)[8] (おく)のこの畳店(たたみや)ぐらいなものである。当時(とうじ)新道(しんみち)には生活(せいかつ)があった。豆腐屋(とうふや)があり、グラス(ぐらす)(てん)が、お(そう)(ざい)[9] ()が、ビリヤ(びりや)()[10] ()が、そして主人(しゅじん)会社勤(かいしゃづと)めの普通(ふつう)(いえ)があった。(よっ)谷駅(やえき)のほうから新道(しんみち)()けようとする(ひと)は、ゆるやかな勾配(こうばい)[11] (さか)(のぼ)ることになるが、その(さか)()(なか)のあたりには歌舞伎役者(かぶきやくしゃ)大和屋(やまとや)十世岩井半四郎(じゅっせいいわいはんしろう))の住居(じゅうきょ)もあって、(なつ)(よい)[12] などには、(しら)()[13] (づく)りの玄関(げんかん)(まえ)の、(せま)いが()()(みず)[14] した石畳(いしだたみ)[15] (うえ)で、大和屋(やまとや)中学生(ちゅうがくせい)のお(じょう)さん二人(ふたり)とよく線香花火(せんこうはなび)[16] をしていた。二人(ふたり)のお(じょう)さんはやがて()()られた女優(じょゆう)になるのだが、一言(ひとこと)()えば、そのころの新道(しんみち)自足(じそく)[17] していたのである。たいていの日用品(にちようひん)新道(しんみち)(なか)にある店屋(みせや)[18] 十分(じゅうぶん)()()っており、それらの店屋(みせや)はまた新道(しんみち)()(ひと)たちだけを相手(あいて)にして、とにかく()らしが()っていた。新道(しんみち)は、ささやかにではあるが、しっかりと自給自足(じきゅうじそく)[19] しており、そこで小路全体(こうじぜんたい)自信(じしん)のようなものがみなぎっていた。いまはたしかに(はな)やかな小路(こうじ)になっているけれど、(そと)からやってくる(きゃく)懐中(かいちゅう)[20] をあてにしないとやってゆけないという(ところ)()えて、なんだか(もろ)(とお)りになったような()がしてしかたがない。


 [1]詰め掛ける④【つめかける】

【自·一

到近旁,多人蜂而来,上前去上来,上来,蜂而来,蜂而至,到,到。 大勢の人が1か所にいっせいに集まる。迫り寄る。詰め寄る。)

△現場にカメラマンが詰め掛けた。到了现场

 [2]パレード①②【ぱれーど】

【名】【英】parade

1兵式。(閲兵式。)

2)盛装游行,游行,游行伍。(祝賀や祭りの華やかな行列·行進。)

△パレード参加者。/游行者。

△優勝者が市内をパレードする。优胜者在市内行喜游行。

 [3]道幅【みちはば】

道路

 [4]軒◎【のき】

【名】

1)軒の糸水。/檐溜。

2)軒の玉水。/从房檐落下的水滴状雨水。

3)軒を争う。/比。

4)軒を並べる。/比。

 [5]飲み屋【のみや】

1)〔料理屋〕酒.

1)〔料理屋〕酒.

2)〔居酒屋〕小饭馆,小酒.

 [6]厚化粧③【あつげしょう】

【名】【自·三

浓妆(おしろい·口紅などを、厚くけばけばしく塗った化粧。濃い化粧。)

△厚化粧をしている。/画着浓妆

 [7]素っ気◎【そっけ】

【名】

趣。趣味。和人喜。((多く「そっけがない」「そっけもない」の形で)おもしろみ。味わい。愛想。)

△味も素っ気もない。/枯燥无味。味同嚼蜡。

 [8]小路◎【こうじ】

【名】

小径,小胡同,小巷。(幅の狭い道。町なかの狭い通り。)

△袋小路。/死胡同。

△裏小路。/背静胡同。

 [9]惣菜◎【そうざい】

【名】

日常食用的菜肴。家常菜。日常使用的副食品。(日常の食事の副食物。普段のおかず。)

 [10]ビリヤード③【びりやーど】

【英】billiard

台球,撞球。(室内競技の一つ。ラシャ張りの長方形の台上に数個の玉を置き、棒(キュー)で突いて他の玉にあてて勝敗を争うもの。15世紀頃イギリス·フランス両国に始まり、日本には1850年(嘉永3)頃オランダ人が伝えた。玉突き。撞球。)

△ビリヤードをする。/打台球。

△ビリヤードの玉。/台球。

 [11]勾配◎【こうばい】

【名】

斜(面)(),斜坡,坡度,梯度。(斜面。傾斜面の傾きの度合。)

△上がり勾配。/上坡。

△急な勾配。/陡坡。

△緩い勾配。/慢坡。

△急勾配の屋根。/坡度大的屋

△この坂は勾配がかなり急だ。个坡相当陡。

△勾配度。/斜度,度。

△勾配標。/(路的)坡度

△勾配ゲージ。/度量

△勾配ベクトル。/斜率,梯度。

 [12]宵◎【よい】

【名】

初更。入夜不久的候,夜不太深的候。(夜になってまだ間もない頃。夜がそれほどふけていない頃。)

△宵の明星。/夜晚的金星。

 [13]白木◎【しらき】

【名】【日本地名】

本色木料。(皮をはぎ、削っただけで、何も塗ってない木。

 [14]打ち水②【うちみず】

【名】【自·三

洒水。(道や庭に水をまくこと。水撒()き。また、その水。特に、夏の夕方などに涼をとるためにまく。

△庭に打ち水をした。/在院子里洒水。

 [15]石畳③【いしだたみ】

【名】【日本地名】

1石的地。(庭や道路などで、平らな敷石を敷き詰めた所。また、その敷石。)

△石畳の道。/石板路。

2)石,石。(石段。)

3)棋格花。(市松模様。)

 [16]線香花火⑤【せんこうはなび】

【名】

滴花,捻花;三分钟热度,花一(こよりに火薬をひねり込んだ花火。俗に、最初は、はなばなしい活動をするが、さめやすい性質の意にも用いられる。

△人気が線香花火に終わる。/曾的大大紫如花一瞬即逝。

 [17]自足◎【じそく】

【名】【自·三

自足,自己足。(自分の置かれた状況に満足すること。必要なものを自分で間に合わせること。

△自給自足。/自自足。

 [18]店屋【みせや】

【名】

;商店

 [19]自給自足◎【じきゅうじそく】

【名】

自足『成』。(自分で自分に供給し、自らの必要を充足する意。

△今日から自給自足の生活を強いられる。/今天开始自自足的生活。

 [20]懐中◎【かいちゅう】

【名】【自サ】

1怀中;衣袋里;腰包里。(ふところやポケットの中に入れて持っていること。

△懐中に入れる。/装在怀里;装衣袋。

△懐中の財布をすられる。/衣袋里的包被走。

△懐中無一物である。/身上一文不名;囊空如洗。

△懐中時計。/怀表。

2包,袋,携。(さいふ。)

△懐中を無くした。/把了。

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 《日语综合教程》第七册 第三課 ナイン

分享到:更多 ()

评论 2

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址
  1. #2

    第三页 中村さんは ちょっと目を伏せた。不是身を伏せた。

    butcher3个月前 (07-09)回复
  2. #1

    第2页20条 懐中 在日文教材里 被翻成ふところ 第一页間取りを上に乗せること 的地方日本教材里是載せること 正好在复习的时候看到了 可以核对一下。

    butcher3个月前 (07-09)回复

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机