放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法

第十一課 かげろう 上外 《新编日语阅读文选》第一册

上外 日语 泛读笔记。友情提示:点击生词后面的小数字可以跳转到解释,再次点击返回。

第二页有解说和日本语豆知识,不要错过哟^_^)y ——《新编日语阅读文选》第一册

《新编日语阅读文选》第一册

季林根 陆静华编

上海外语教育出版社

田园的风景与小孩子纯正的感情

第十一課  かげろう

かげろう.jpg

フミの(にい)ちゃんに、お(よめ)さんが()ました。昨日(きのう)新婚(しんこん)旅行(りょこう)から(かえ)って

   富美的哥哥娶了个新娘。                  昨天刚结束新婚旅行回来。富美想

きたばかりです。フミは「お(ねえ)さん」と()びたいのに、まだ(いち)()()んでいませ

叫她一声“嫂嫂”,                                   但还尚未叫出口。      

ん。一度(いちど)()べれば、あとはなんでもないのでしようが、その、最初(さいしょ)きっかけ[1]

   其实只要叫出一次以后就容易叫了,                但富美始终没有为自己找

(つく)れないでいます。

到这个开个头的机会。                                                    

(ねえ)さん、お掃除(そうじ)手伝(てつだ)うね。」今朝(けさ)も、そう(くち)まで()かかったのに、言葉(ことば)

   “嫂嫂,我帮你打扫。         今天早上也是话已到嘴边,            却又

にできなくて、(だま)って手伝(てつだ)いました。

叫不出口。就这样沉默着帮她一起打扫了。                                    

(おく)座敷(ざしき)が、(ねえ)さんたちの部屋(へや)になりました。(あたら)しいたんす[2] 鏡台(きょうだい)[3]

    铺着席子的里屋现在是嫂嫂他们的房间。          里面放着新衣柜,新梳妆台,

()いた部屋(へや)(なか)は、(あか)るくなって、(ちが)(いえ)のようです。フミは(はい)ってみた

                     亮堂堂的,    像是另一个家似的。   富美真想进去瞧上

くてたまりません[4]

一瞧。                                                                    

さっき、(にい)ちゃんは、どこかへ()かけていました。()(くち)のふすまが()けて

   刚才哥哥有事出去了,                           房门处的隔扇开着,    

あったから、フミは、そうっとのぞいてみました。

           富美就向内探视了一下。                                        

かすり[5] のらぎ[6] 着替(きが)えた(ねえ)さんが、(かがみ)(まえ)(すわ)っていました。(かがみ)

   嫂嫂刚换了一件碎白点花的田间工作服, 正坐在梳妆台的镜子前戴手巾。    

()ながら、()ぬぐい[7] をかぶっていました。前髪(まえがみ)[8] をほんの(すこ)しのぞかせて、(うし)

                                      前额的刘海稍稍露出一点,        

ろできりっと[9] ゆわき[10] ました。

面整齐地扎了起来。                                                      

(かがみ)(なか)(ねえ)さんに()とれて[11] いたら、()()ってしまいまし[12] た。フミは、

     富美被镜子中的嫂嫂所吸引,看得入了迷。终于还是和嫂嫂的视线打了个照面。

てれかくし[13] (くび)すくめて[14] (わら)いました。

为了掩饰难堪,富美缩了缩脖子笑了一声。                                    

こちらを()()いた[15] (ねえ)さんが

   嫂嫂把头转向她这边说:                                              

「フミちゃん、いっしょに、麦踏(むぎふ)[16] ()かない。(はたけ)()らないから、()

   “一起去踏麦苗怎么样?                        带我去吧,我不知道那麦地

てってよ。」と、そう()いました。

在哪里。”                                                                

「もう(はたけ)()くんかい。」フミはびっくりして()きました。

    富美听了一愣,不觉问道:“你已经要下地啦?                          

()ってみたいのよ。()こう。」

    “我想去看看呀。一起去吧!                                          

(ねえ)さんは、いたずら[17] ()のように()いました。

   嫂嫂像是淘气孩子似地说道:                                            

「いいよ。二人(ふたり)だけで()こうね。」

    “好啊!那就我们两个人一起去吧!                                    

フミは(うれ)しくなりました。(ふる)もんぺ[18] をはいて、(ねえ)さんと(おな)じように()

   富美高兴地说着,         一边穿上那老式的劳动裤,和嫂嫂一样戴上了手巾。

ぐいをかぶりました。

                                                                       

(ねえ)さんが、むしろ[19] ()ちました。一服(いっぷく)[20] する(とき)()[21] むしろです。その(とき)

    她们像是去郊游似的,嫂嫂带了条席子,那是休息时铺的席子,       休息时

()(みず)は、フミが()ちました。ハイキングにでも()くように、はずんで[22] ()かけ

喝的水就由富美来携带了。                                    富美蹦着跳着出

ました。

了门。                                                                  

雑木林(ぞうきばやし)[23] (なか)坂道(さかみち)[24] (ふた)()えると、麦畑(むぎばたけ)[25] ()ます。

   她们穿过杂木林中的两个斜坡来到麦地。                                  

いぬのふぐり[26] がさいてるよ。」

  “婆婆纳开花了呀。”                                                  

(ねえ)さんは、道端(みちばた)[27] (ちい)さな(はな)のそばへしゃがみ[28] こんで、()いました。「こ

    嫂嫂在路边的小花旁边蹲下说。                                     “这

れ、いぬのふぐりっていう名前(なまえ)かい。」

花的名字叫婆婆纳吗?                                                    

()らなかった?それじゃあ、今日(きょう)から(おぼ)えてやってね。名前(なまえ)がわかると、

    嫂嫂说:“你不知道吗?那么,从今天开始就记住它吧。    因为知道它的名字

(はな)がかわいくなるからね。」

之后,花儿就会变得更可爱的。”                                            

(ねえ)さんはそう()いました。フミだって、「(ねえ)さん。」って()べたら、もっと
                           
其实富美也明白,只要能叫一声“嫂嫂”,两人之间

仲良(なかよ)[29] になれると(おも)うのに、()ぼうとすると、よけい[30] ()べなくなってしまいま

的关系就会变得更亲昵。      但越是想叫,    反而更加叫不出口来。          

す。

                                                                       

「フミちゃんに、()せたいものがあるんだ。いいもの。」

   “小富美,我有件东西想给你看,可是好东西哦。                        

(さか)(のぼ)りきった(ところ)で、(ねえ)さんが()いました。

    嫂嫂走到坡顶上时对富美说。                                          

「なんたろうな。(あか)(いし)(はい)った指輪(ゆびわ)[31] かな。()(しゅう)[32] のしてあるハンカチ

    “是什么呢?  是镶着红宝石的戒指呢,        还是带着刺绣的手帕呢?  

かな。いいものってなんだい。」フミは、()だけで()いたのです。

     这好东西会是什么呢? 富美用眼睛问着。                            

「いいもんは、ひと仕事(しごと)してからね。」

    嫂嫂又说:“先工作一会儿,等到休息的时候再给你看好东西。”            

そんなことを()(ねえ)さんは、(すこ)意地悪(いじわる)[33] です。でも、「やだよ、(いま)()

   说这话的嫂嫂有些捉弄人。                          “不好嘛!我现在马上

いよう。」なんて、フミには、まだ()えません。

就想看嘛。”      但不知怎么的,这话富美还说不出口。                      

(はたけ)()くと、運動(うんどう)ぐつのまま、フミは麦踏(むぎふ)みを(はじ)めました。ところが(ねえ)さんは、わざわざ地下(ちか)たび[34] ()いで、裸足(はだし)[35] になって()みました。くつをはいては(わる)いような()がして、フミも裸足(はだし)になりました。

(つめ)たい?」(ねえ)さんが()きました。

「うふふ、くすぐったい[36] 。」

やわらかい(むぎ)[37] ()か、、(そく)(うら)くすぐる[38] のです「このくすぐったさが、(はる)なのよ。」

(ねえ)さんは、そんなふう[39] ()いました。(ねえ)さんの(あし)は、(こま)かく、(はや)(うご)きます。フミも、()けずに()いかけました。

一服(いっぷく)[40] しようか。」(おお)きなくわ[41] ()(した)まで()ると、むしろを()いて、二人(ふたり)は、(なら)んで、(すわ)りました。

「いいものは、(ふところ)[42] (なか)にあるのかな」とフミは()になって[43] なりません。

「いいものはね、(とお)くの(ほう)にあるんだよ。」

(とお)くの(ほう)?」

「そう、こうやってみると、()えるのよ。」

(ねえ)さんは、上体(じょうたい)[44] (たお)して、()つけ(かた)(おし)えてくれました。「なんにも()えないよ。()が、ちらちら[45] するだけ。」

フミは、じれったく[46] なって()いました。

「うん、その、ちらちらするものよ。」麦畑(むぎばたけ)(うえ)おどって[47] いる、ちらちらするものが、フミにもやっと()つかりました。

「これが、『かげろう[48] 』よ。かげろうが()えるっていうのよ。」

(ねえ)さんは、かげろうということばも、いっしょに(おし)えてくれたのです。

「かげろうってどうして()えるんだい。」フミはそう()いてみました。

「ううむ、それはね。」と、(ねえ)さんは(すこ)(あいだ)()いてから、(いたる)

「それはねえ、(ゆき)()えて(はる)になると、だれでも、(なに)かやりたいなあって、(むね)がどきどきしてくるじゃない。(はたけ)(つち)[49] だって(おな)じこと、今年(ことし)こそ、いい(むぎ)(つく)ってやるんぞって(おも)うのよ。(つち)(こころ)()えているのがかげろうなのよ。」

(ねえ)さんはそう()いました。

(なが)(ふゆ)(あいだ)(ゆき)をかぶって、じっと[50] がまんしていた(つち)だもの、(はる)()たら、わたしたちと(おな)じように(うれ)しいだろうさ。いい(むぎ)にしてみせるぞ、と(おも)うだろうさ。」

フミは、(ねえ)さんの()うことがよくわかりました。だから感心(かんしん)して(なに)べん[51] うなずいて[52] みせたのです。

すると(ねえ)さんは、

「ずいぶん、いいこと()うでしょう。でもね、これは、わたしが()つけた言葉(ことば)じゃあないのよ。わたしがフミちゃんぐらいの(とき)、うちの(にい)ちゃんの(ところ)へもお(よめ)さんが()たの。(あたら)しい(ねえ)さんといっしよに、麦踏(むぎふ)みに()ってね、その(とき)、かげろうのこと(おし)えてもらったのよ。みんな()()[53] なの。」

と、おかしそうに(わら)いました。

(ねえ)さん、そんな(とき)(うれ)しかっただろうね。」

フミは、自然(しぜん)に、そう()べました。()んでから、「あ、()べた、()べた。」と(おも)いました。

「わたしも、(おお)きくなったら、(ねえ)さんのようなお(よめ)さんになって、(ちい)さい(いもうと)に、かげろうの()つけ(かた)(おし)えてあげたいな!フミは、そう(おも)いました。

(むぎ)()出版(しゅっぱん)(かい)「たのしい国語(こくご)5」による


[1]きっかけ◎【きっかけ】【名】

起首,契机,时机,诱因,导。办事情的开端或机会,事情发生的原因、动机。(物事を始めるための手がかりや機会。また、物事が始まる原因や動機。)

△話のきっかけをさがす。/寻找说话的时机。

△二人が知り合ったきっかけ。/两人结交的机缘。

△きっかけをつかむ/抓住机会。

[2]たんす◎【たんす】【名】【英】

柜;箱;胸膛衣柜、衣橱衣類·小道具などを整理·保管するための箱形の木製家具。引き出しや開き戸を設ける)。

[3]鏡台◎【きょうだい】【名】

梳妆台

[4]堪らない④【たまらない】【形·连语】

(1)难以形容,…不得了。〔なんとも言えないほどよい。〕

△熱かんで一杯が堪らないね。/热呼呼地喝一盅比什么都快乐呀。

(2)难堪,忍受不了,不得了。〔たえられない。〕

△心配で堪らない。/惦念得不得了。

△痛くて堪らない。/疼得不得了。

△うれしくて堪らない。/高兴得不得了。

△腹がへって堪らない。/饿得要命,锇得慌。

△会いたくて堪ない。/真想见一面。

△母の気が気になって堪らない。/非常惦念母亲的病情。

(3)受不了。やりきれない。〕

△そんなにがかかっちゃ堪らない。/那样费钱可受不了。

[5]飛白③【かすり】【名】

碎白点花纹布

[6]野良着③【のらぎ】【名】

(农民的)田间工作服

[7]手拭い◎【てぬぐい】【名】

布手巾

[8]前髪◎【まえがみ】【名】

前发,额发;刘海儿。(額にらした頭髪。)

△前髪を切りげにした少女/剪着刘海儿发的少女。

[9]きりっと②

整洁,整整齐齐?

?~した口もと/曲线分明的嘴形?

?~引き締まった顔だち/面貌端正;端端正正的脸?

?服装が~している/穿得整整齐齐;衣冠整洁?

[10]ゆわく②【結わく】系,绑,扎,结?

?縄をくいに~/把绳子系在桩子上?

[11]見とれる [U]

みとれる

みと?れる

*  [0]〔見とれる〕〈自下一〉

うっとりとして見る/看得出神?看得发呆?

△景色に~?れる/景色使人看得出神?

【類】見ほれる?

[12]増し◎【まし】【名·形动】

(1)增,增加,增多。〔増すこと。〕

△支出が月に2割増になる。/一个月支出增加二成。

△日増しに暖かくなる。/一天比一天暖和起来。

△増し払い金。/附加付款;追加付款。

△増し賃。/另收费用,追加费。

(2)(比)好〔强〕些(与其……)不如(宁可)……;胜过,胜于。(他と比べて勝っていること。)

△ないよりは増しだ。/有胜于无。

△こんなものなら,ないほうが増しだ。/这样的东西,不如没有〔没有反倒好〕。

△どっちもどっちだが,まだこのほうが増しだ。/两个都不怎么样,但还是这个好些。

△出かけるよりも家でテレビ見ているほうが増しだ。/与其到外边去,不如在家看电视。

△もっと増しな服はないのか。/有没有更好一点的衣服?

△もう少し増しなことを言え。/你再说点象样的话!

[13]照れ隠し③【てれかくし】【名】

遮羞;掩饰难为情

[14]すくめる [U]

すく?める

[0][3]〔×竦める〕〈他下一〉

からだをちぢめて?小さくする/使身体收缩变小??

△首を~?める/缩着脖子?

△肩を~?める/缩着肩膀?

[15]振り向く [U]

ふりむく

ふりむ?

*  [3]〔振り向く〕〈自五〉

顔や上体をうしろの方にむける/把脸或上身转向后方?回头?回身?转脸?

△彼は~?きもせずたちさってしまった/他头也不回地就走了?

△物音に~?く/朝着响动回过头来?

【類】振り返る?

[16]麦踏み②③【むぎふみ】【名】

(农业)(为防止麦子的徒长,巩固扎根,早春时用脚)踏麦苗;踩麦苗

[17]悪戯◎【いたずら】【名】【形動】【自サ】

(1)淘气,恶作剧。(ふざけて、人の迷惑になるようなことをする。)

△悪戯ばかりすると物置きに入れるぞ/光淘气的话,就把你关到(堆杂物的)小仓库里。

(2)玩笑,闹着玩儿;消遣。(時間や精力を持て余して何かをすると·様子。)

△小説を書いたですか–いや、ほんの悪戯です/写小说了吗·──不,只是闹着玩儿。

(3)弄,玩弄。(本来おもちゃでないもので遊ぶこと。)

(4)(男女)胡搞,乱搞猥亵行为。(異性に対し、みだらな行為をはたらくこと。)

△幼女に悪戯をして捕まった/对幼女进行猥亵行为而被抓。

[18]もんぺ [U]

[0]〈名〉

女性が?農作業や防寒用のために?着物の上から穿くズボンの一種?足首のところが細くなっている/女性为做农活或防寒时在衣服上面穿的一种套裤?脚腕处细?日本扎腿套裤?

[19]むしろ [U]

[3]〔×蓆?×筵〕〈名〉

わら?いぐさ?たけなどを編んで作ったしきもの/用麦秆?灯心草?竹子等编成的铺垫?席子?

△~を敷く/铺席子?

【類】ござ?

[20]一服◎④【いっぷく】【名·自他サ】

(1)喝一杯茶,抽一烟。一杯茶,一支烟。喝一次茶或抽一次烟,亦指其量。(茶やタバコを一回のむこと。また、その一回分の茶やタバコ。)

△一服すすめる。/敬一枝烟;敬一杯茶。

△粗茶ですが,一服どうぞ。/请喝一杯粗茶。

(2一包散药。一服,一副,一杯一支。粉药、茶、烟等一次的量。(粉薬や茶·タバコなど、一回飲むだけの量。)

△1日2回一服ずつ服用する。/一天两次,每次服一包。

(3)歇一歇。稍事休息,歇一会儿。((タバコなどをのんで)ひと休みすること。)

△ここで一服しよう。/在这里歇一会儿吧。

(4)一包毒药。(毒薬ひと包み。〔副詞的用法の場合、アクセントは 0〕)

△一服盛る。/(为杀人)调合毒药;下一剂毒药。

[21]敷く◎【しく】【他动 一类】

(1)铺上一层;铺满;落(いっぱいに広がる)

△雪がり敷く。/下一层雪。

(2)弘布,传播很广。(広く伝わる)

(3)铺,垫上。(平らに置く)

△ふとんを敷く。/铺被褥(褥子)。

△床にじゅうたんを敷く。/地板上铺上地毯。

(4)铺上一层,撒上一层。(一面におし広げる)

(5)压制,欺压。(権力でおさえつける)

(6)压,按在下面。(おさえつける)

(7)布;发布;施行。〔広く及ぼす)

(8)铺设。地面などにとりつける)

△鉄を敷く。/铺设铁路。

[22]弾む②【はずむ】【自動】

(1)跳,蹦,反跳。(弾力のある物体がものにぶつかって跳ね返る。)

(2)高涨;起劲。(喜びや運動のため、呼吸や鼓動が激しくなる。また、嬉しくて気持ちがウキウキする。)

△気分が弾む/情绪高涨。

△話が弾む/谈得起劲。

△心が弾む/心里兴奋。

△息が弾む/呼吸变粗了。

△祝儀を弾む。/康籁解囊。

△チップを弾む/给很多小费〔酒钱〕。

△金時計を弾む/一狠心买一只金表。

[23]雑木林④【ぞうきばやし】【名】

杂树丛;杂树林

[24]坂道②【さかみち】【名】

坡道,土坡子,斜坡。(坂にっている道。)

△坂道をかけりる。/跑下坡道。

△つづらりの坂道。/曲曲折折的坡道。

[25]麦畑③【むぎばたけ】【名】

麦田;麦地

[26]〈植〉婆婆纳?

[27]道端◎【みちばた】【名】

道旁,路边。道路的旁边。(のほとり。路傍。)

△道端でぶ。/在路边玩。

[28]しゃがむ◎【しゃがむ】【自动·一类】

蹲,蹲下(ひざを折曲げて腰を落とす。かがむ)。

△落としたものをしゃがんで取る/蹲下捡起掉的东西。

△物陰にしゃがむ/蹲在背阴处。

[29]仲良し②【なかよし】【名】

相好,友好;相好的人,好朋。(親しい友達関係にあること(人)。)

△彼はだれとでも仲良しだ。/他和谁都友好。

△子どものころ、彼とは大の仲良しだった。/小时候同他是非常好的朋友。

[30]余計◎【よけい】【名】【形动】【副】

(1)多余,剩下(物が余っていること。必要な数より多くあること)。

(2)多余,无用(必要な度を超えてむだなこと)。

△余計な心配をする/操多余的心;杞人忧天。

△余計なおせわだ/少管闲事;不用你管!

△余計なことをするな/少管闲事!

△余計なことを言うな/不要〔别〕多嘴!

△余計な物が多くて困る/没用的东西太多,真麻烦。

△椅子がひとつ余計にある/富余一把椅子。

△ふたつ余計に買う/多买两个。

[31]指輪◎【ゆびわ】【名】

戒指,指环(飾りとして指にはる輪。貴金属で輪をつくり,宝石をはめこんだものもある。リング)。

△結婚指輪/结婚戒指。

△婚約指輪/订婚戒指。

△金の指輪をはめる/戴金戒指。

△指輪を抜く/摘下戒指。

[32]刺繍 [U]

ししゅう

[0]〔刺×繍〕〈名?自他サ〉

布の面に?色系で?絵やもようをぬいつけること?また?ぬいつけたもの/指在布面上用各色丝线绣画或绣各种花纹?也指绣的画或花纹?刺绣?

【類】ぬいとり?

[33]意地悪③②【いじわる】【名】【形動】

使坏『口』,刁难,弄,作难,心眼儿坏(的人)。(わざと人を困らせたりつらく当たったりすること。また、そうするさま、人)

△意地悪をる/使人为难;刁难人;捉弄人家。

△意地悪そうな笑い/恶作剧的笑。

△意地悪な店のおやじ/爱刁难人的店老板。

△意地悪はよしなさい/别使坏了。

△まあ、意地悪ね/(你)真坏。

△あの子がぼくに意地悪するんだ/他欺负〔逗〕我。

△あんな意地悪はほかにはいない/找不到比他再坏的了。

[34]地下足袋◎【じかたび】【名】

胶皮底布鞋子

[35]裸足◎【はだし】【名】

(1)赤脚,赤足,光着脚。(足に靴下やたびをはいていないこと。素足。また、素足のまま地面の上にいること。)

△裸足で歩く。/光着脚走。

(2)(由赤脚逃跑之意转指)根本敌不过,甘拜下风。(「はだしでにげる」意から、とてもかなわないこと。顔負け。)

△玄人裸。/行家也敌不过。

[36]擽ったい⑤◎【くすぐったい】【形】

(1)发痒,酥痒。(くすぐられるなど、刺激を受けてむずむずすす。こそばゆい。)

(2)磨不开,害羞。不好意思,难为情。(きまりが悪い。てれくさい。)

[37]麦①【むぎ】【名】

麦,麦子,小麦。(イネ科に属すオオムギ·コムギ·ハダカムギ·ライムギ·エンバクなどの総称、また、その穀実。古来、食用·飼料として重要。茎も麦藁として、工芸材料·肥料などに用いる。)

△麦をまく。/播种小麦。

△麦畑。/麦田;麦地。

△麦を刈り取る。/割麦子;收麦子。

△麦つき。/捣麦;舂麦。

[38]くすぐる [U]

くすぐ?

*  [0]〔×擽る〕〈他五〉

(1)他人のひふをかるくこすって?その人に?むずむずするような?笑いたいような感じをおこさせる/轻轻挠别人的皮肤使人发痒要笑?胳肢?

△わきの下を~?る/胳肢腋下?

(2)わざと人を笑わせるような?または?いい気持ちにさせるようなことを言う/故意说令人发笑或令人愉快的话?逗乐儿?撩拨?

△人の心を~?る/撩拨人心?

[39]風①【ふう】【名】

(1)样子,态度;风度(様子。状態。ふり)。

△知らない風を装う/装不知道的样子。

△君子の風がある/有君子风度。

(2)风习,习惯;风格(ある範囲の土地や社会にみられる生活様式。ならわし)。

△当世風のやり方/现代式的作法。

△都会風の建物/城市风格的建筑。

△田舎風の食事/乡村风味的伙食。

△わたしはむかし風の人間だ/我是旧派的人。

(3)那样;这样(方式。やり方)。

△手紙の上書きはこういう風に書くものだ/信的上款该这样写。

(4)打扮,外表(趣のあるさま。しゃれているさま)

△みっともない風をする/打得不好看〔不象样子〕。

△男女の風をする/男人打扮得象个女的。

[40]一服◎④【いっぷく】【名·自他サ】

(1)喝一杯茶,抽一烟。一杯茶,一支烟。喝一次茶或抽一次烟,亦指其量。(茶やタバコを一回のむこと。また、その一回分の茶やタバコ。)

△一服すすめる。/敬一枝烟;敬一杯茶。

△粗茶ですが,一服どうぞ。/请喝一杯粗茶。

(2一包散药。一服,一副,一杯一支。粉药、茶、烟等一次的量。(粉薬や茶·タバコなど、一回飲むだけの量。)

△1日2回一服ずつ服用する。/一天两次,每次服一包。

(3)歇一歇。稍事休息,歇一会儿。((タバコなどをのんで)ひと休みすること。)

△ここで一服しよう。/在这里歇一会儿吧。

(4)一包毒药。(毒薬ひと包み。〔副詞的用法の場合、アクセントは 0〕)

△一服盛る。/(为杀人)调合毒药;下一剂毒药。

[41]桑①【くわ】【名】

桑;桑树

[42]懐◎【ふところ】【名】

(1)怀,胸,怀抱。(衣服、特に和服におおわれた胸のあたり)

△財布を懐にしまう/把钱包揣在怀里。

△母親の懐に抱かれている幼児/抱在母亲怀里的幼儿。

△懐に忍ばせる/藏在怀里。

(2)被环抱的地方。(山などに周りを囲まれた所)

(3)手头,腰包,〔腰中〕带的钱。(所持金)

△懐と相談する/和钱包商量;计算身上带的钱是否够用。

△人の懐を当てにする/指望别人掏钱。

△もうけはみんな彼の懐に入ってしまった/赚的钞都进了他的腰包。

(4)内部,内幕,心事。(外部から隔てられている所)

△懐を見透かす/看透别人的心事。

△敵の懐にとびこむ/打入敌人内部。

(5)懐を痛(いた)める/破费,自己出钱。(自分の金を出す)

[43]気になる③【きになる】【短语】

在意,介意;担心,惦记,念。(どうなるかという先行きの不安が、その人の脳裏を支配する。)

[44]上体◎【じょうたい】【名】

上半身

[45]ちらちら①【ちらちら】【名】

(1)纷纷,霏霏。叶、花瓣如雪片等飘落状。(小さな軽いものがひるがえりながら落ちるさま。)

△桜の花がちらちら散っている。/樱花纷纷飘落。

(2)一晃一晃,时隐时现,三言两语。(物が見えたり隠れたりするさま。時々見えたりこえたりするさま。)

△子どの顔が目の前にちらちらする。/孩子的脸在眼前晃来晃去。

△あやしげな男がちらちらとこっちをみている。/有一个可疑的男人不时地看着这边。

△最近,のうわさをちらちら耳にする。/最近三言两语地听到一些关于您的闲话。

(3)闪耀,一闪一闪。(光が小きざみに明滅するさま。また、物がそのように見るさま。)

△いさり火がちららする。/渔火闪耀。

△ちららする灯火。/隐隐约约的灯光。

(4)眼睛多次迅速向某个方向看。(視線が素早く何回か走らせるさま。)

△こっちをちらちらと見て通り過ぎた。/好几次朝这边瞟。

△目がちらちらする。/眼睛发花。

[46]じれったい④【じれったい】【形】

着急的。心焦的。令人焦急。惹人着急。(思うようにならないで腹立たしい。)

△約束した友だちがこなくてじれったい。/约定好的朋友到时间不来令人着急。

△じれったいな,はやしろ。/快点儿,真叫人起急!

△子どものすることをみているとじれったい。/看孩子作事,真叫人不耐烦。

[47]躍る◎【おどる】【自动·一类】

(1)跳跃。蹦。又跳又。(手·足をあげなどしてはねる。飛び上がる。はねあがる。)

△魚が水に躍る。/鱼跃出水面。

(2)胸口怦怦跳。跳动。奋。激动。(喜び·驚き·発憤などで動悸が激しくなる。わくわくする。)

△うれしさで胸が躍る。/高兴得心直跳;心潮澎湃。

(3)写的字不整齐。(活字や書いた文字などが)乱れる。

△字が躍っている。/字乱了。字不整齐。

[48]陽炎②◎【かげろう】【名】

阳炎。空气层湍流,地气,游。春天,晴天在沙滩或田野看到的无颜色的空气晃动。因大气或地面受热而使空气密度不均,阳光通过密度不均的空气便会产生不规则的折射而见到的现象。(春、晴れた日に砂浜や野原に見える色のないゆらめき。大気や地面や熱せられて、空気密度が不均一になり、それを通過する光が不規則に屈折せるために見られる現象。)

△春の野に陽炎が立ちのぼる。/春天的旷野升起烟霭'。

[49]土◎【つち】【名】

(1)土壤,泥土。(土壌のこと。)

△黒い土。/黑土。

△よく肥えた土。/肥沃的土壤。

△やせた土。/瘦地。

△土を盛って田畑を造る。/垫土造田。

△土をかける。/盖土;培土;覆土。

△土をかく。/扒开土。

△土にしたしむ。/与土打交道。

△土のにおいにあふれる。/乡土气息十足。

△土の中に埋める。/埋在土里。

(2)地面,地上。(地面。)

△土を掘る。/掘地。

△土を起こす。/翻地。

△つるくさが土をはう。/蔓草爬地。

(3)陆地,大地。大地。)

△祖国の土を踏む。踏上祖国的土地。

(4)土に灸。/给土针灸,对牛弹琴。

(5)土になる。/死。

(6)土降る。/飞沙走石。

[50]じっと◎【じっと】【副】【自动·三类】

(1)保持稳定,安详详,一动不动(動かずにいるさま)。

△そのままじっとしていなさい/就这样,不要动。

△じっと座っている/一动不动地坐着。

△すぐ帰ってくるからじっとしていなさい/就回来,安安详详地呆着。

△この子はしもじっとしていない/这孩子一刻也呆不住。

△心配でじっとしていられない/担心得坐不安站不稳。

(2)凝神,聚精会神,集精神(凝視するさま。つくづく)。

△じっと考える/沉思。

△じっと見つめる/盯着看;目不转睛地看。

(3)一声不响地(我慢するさま耐えるさま)。

△歯の痛さをっとこらえる/一声不响地忍住牙痛。

△さんざん悪口を言われたが、じっと我慢した/被人痛骂了一顿,但是一声不吭地忍耐着。

[51]弁①【べん】【名】

(1)花瓣,(果实的)裂片。(花びら)

(2)机器的活门,阀(门);乐器的栓塞,笛子的簧。(流体が流れる管などの途中につ、流体の流量·方向·圧力を調節する装置)

△弁をひねる/扭开〔拧〕阀门。

△安全弁/安全阀。

△排気弁/排气阀。

△弁用/阀作用;阀动作。

(3)瓣膜。(弁膜)

(4)别,区别。(見わける)

(5)能说,善辩,口才。(話すこと。説明こと。また、話しぶり)

△あの人は弁が達者だ/他能说善辩。

△彼女は弁がたつ/她能说会道。

△弁を弄する/卖弄口才;唇枪舌剑。

(6)口音,腔调,方言。(地方名のあとに付けて、その地方独特の言葉遣いであることを表す)

△大阪弁/大阪口音。

[52]うなずく③◎【うなずく】(1)点头,首肯(書)?

?軽く~/微微点一点头?

?彼女はしきりにうなずいた/她连连点头?

(2)〔「うなずける」の形で〕能够同意,可以理解?

?彼の説明にはうなずけないところがある/他的解释中有碍难同意的地方?

?彼が怒るのも一応~/他发怒也是可以理解的;也难怪他生气?

[53]受け売り◎【うけうり】【名】【他サ】

转卖;贩卖;承销;现买现卖


知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 第十一課 かげろう 上外 《新编日语阅读文选》第一册

分享到:更多 ()

评论 欢迎留言

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址

我的开源项目

HanLP自然语言处理包基于DoubleArrayTrie的Aho Corasick自动机