放牧代码和思想
专注自然语言处理、机器学习算法
    愛しさ 優しさ 全て投げ出している

第十一課 悲しみの復権 上外《日语综合教程》第四册

目录

△慈悲を垂れる。/垂怜。

△人さまのお慈悲で生活する。/靠旁人施舍生。

△あなたのお慈悲をあおがなければなりません。/一定得仰仗您的慈悲(心)。

△慈悲心。/慈悲心;恻隐···心。

説く

説く①【とく】【他·一

1明。(説明する)

△理由を説く。/明理由。

2劝说服。(さとす。

(3);宣··,提倡,教。(解説する。)

△道を説く。/道。

△貯金··必要を説く。/宣传储蓄的必要。

△説く者は多く、行う者は少ない。/宣的人多,行的人少。

会話文

学生(がくせい)A 『ドラえもん』って()んだことある?

学生(がくせい)B: もちろんあるよ。大好(だいす)きなんだ。

学生(がくせい)A一番(いちばん)()きなところはどこ?

学生(がくせい)B: えーと、いろいろあるよ。たとえば、(こま)ったときは、いつも(たす)けてくれるところかな。

学生(がくせい)A そうだね。(ぼく)先週(せんしゅう)日本語(にほんご)(ばん)()んだよ。たとえば、「記憶(きおく)[1] パン」というのがあるだろう。ドラえもんがエプロン[2] ポケット[3] から()したパンを一夜漬(いちやづ)[4] のテスト(まえ)準備(じゅんび)役立(やくだ)てようとするのびた(きみ)失敗談(しっぱいだん)なんだよね。

学生(がくせい)B ああ、そうだ。テストの前夜(ぜんや)[5] 、まだ国語(こくご)()[6] 内容(ないよう)全然(ぜんぜん)暗証(あんしょう)できてないのに()づき、(あわ)ててるのびた(きみ)(たす)(ぶね)()したのがこの記憶(きおく)パンなんだよね。

学生(がくせい)A でもあまりにも内容(ないよう)(おお)すぎて、()()ぎて、結局(けっきょく)()(もど)してしまうんだ。

学生(がくせい)B: もう一度(いちど)()(なお)さないといけないんだから、()べる苦労(くろう)相当(そうとう)[7] なもの、直接(ちょくせつ)勉強(べんきょう)する苦労(くろう)()けをとらないほどだ。

学生(がくせい)A: ここが『ドラえもん』のものすごいところなんだ。

学生(がくせい)B: というと?


[1]記憶◎【きおく】【名】【自动·三类】

记忆,记忆力,··性(経験した物事を心の中にとどめ,忘れずに覚えていること。また,覚えている事柄)。

△記憶している/记得。

△記憶がよい/记性好。

△しっかり記憶する/牢实记住。

△はっきり記憶している/记得清清楚楚。

△人びとの記憶にまだ新しい/人们记忆犹新。

△わたしの記憶に誤りがなければ/如果我没记错的话。

△記憶を呼びおこす/唤起记忆。

△記憶をたどる/追寻记忆。

△記憶にとどめる/留在记忆里;记下来。

△人びとの記憶にあざやかなように/人们清楚地记得。

△彼の顔つきはわたしの記憶から決して消えない/我决不会忘记他的面庞。

△記憶···失症/记忆缺失;健忘症。

[2]エプロン①◎【エプロン】【名】【英】apron

(1)围裙。(衣類···汚れを防ぐためなどに、服の上に重ねる洋風の前掛け。)

(2)停机坪···(航空機が停留する飛行場内の区域。)

[3]ポケット①【ポケット】【名】【英】(pocket)

(1)口袋,衣袋,衣兜,兜儿,兜子。(衣服に縫い付けてある物入れの袋。)

△はりつけポケット/缝上的衣袋;贴袋。

△垂れぶちポケット/有盖的衣袋。

△内ポケット/贴身衣袋。

△ポケットに手をつっこむ/把手揣在口袋里。

△ポケットにつめこむ/塞进衣袋里。

(2)〔くぼみ〕洼坑,洼兜。((ポケットのように)くぼんだ所。)

(3)袖珍,小型。(ポケットに入れるくらい小さい。)

△ポケット·ラジオ/小型收音机。

△ポケット·カメラ/袖珍照相机。

[4]一夜漬け◎【いちやづけ】【名·他动·三类】

原指一夜腌好···咸菜,曝腌咸菜,现在长比喻为临阵磨枪,临时抱佛脚。(一夜だけで仕上げた勉強や仕事。)

△一夜漬けの試験勉強。/考试···临阵磨枪。

[5]前夜①◎【ぜんや】【名】

前夜;前夕;昨夜

[6]国語科◎【こくごか】【名】

国语课

[7]相当◎【そうとう】【自动·三类·名·形動】

(1)相当于;相等于。(あてはまる。)

△専門家の水準に相当する。/相当于专家的水平。

△それに相当する英語はない。/没有和它相当的英语。

(2)适合,适称;适当。(つりあう。)

△子どもに相当した仕事。/适合孩子的工作。

(3)值得;应···,应该。(値する。)

(4)过得去;象样;相当好,不错,够味儿,象样儿。(はずかしくない程度。見ばえがする。かなり良いこと。)

△相当な暮らしをする。/日子过得不错。

△相当の身なりをしている。/穿得象个样。

(5)相当,颇,很;够瞧的,够劲儿。(普通を超えているさま。かなりな···度であるさま。)

△相当な金···。/相当多的一笔款。

△相当な成功。/颇为成功。

△あの男も··当な者だ。/那家伙也颇有一套(藐视不得)。

△この問題を取りあげるには相当な勇気がいる。/要着手解决这个问题颇需要点勇气。

△相当寒い。/冷得够瞧的。

知识共享许可协议 知识共享署名-非商业性使用-相同方式共享码农场 » 第十一課 悲しみの復権 上外《日语综合教程》第四册

评论 欢迎留言

  • 昵称 (必填)
  • 邮箱 (必填)
  • 网址

我的作品

HanLP自然语言处理包《自然语言处理入门》